M-gallery(エムギャラリー)レンタルアートギャラリー。アート作品の展示

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想柳澤和孝雑想
お問い合わせ/contact

top > 設計室雑感 > 前橋の家

設計室雑感

2020/10/01

こんにちは!
ますいいリビングカンパニー高崎分室は群馬県の高崎市と前橋市の境目にできた
設計施工の工務店です。

さて!前橋市の現場では和風住宅の工事が進んでいます。
和風住宅ならではの工事個所は、凄く手がかかりますが、その分見ごたえが有ります。


その様子をみて、昔、何かの本で読んだ、
屋根(庇?)で鳥と大工は鳴く。
の1節がふと思い出されました。

読んだ当初はユーモアな表現だなと思う程度で、あんまりシックリくる言葉ではなかったのですが、この現場の屋根廻りの工事を通し、あの言葉の意味を実感
するのでした。
(これは、ある種のブラックユーモワだと、、、)



野地板羽目板.jpg〈仕上げになる羽目板を施工する様子。4辺とも庇がはね出すので、全長50m分くらいの長さの庇を施工してもらいました。〉

入母屋下地.jpg
〈入母屋の部分の庇。コダワリの箇所で一風変わった造り。丸ノコで加工しきれない部分は鉋で絶妙に削り付けてもらいました。〉 

束石と丸太.jpg

〈下屋の庇を支える束石と丸太。普段登場することの少ない和風ならではの素材感で胸が高鳴ります。これから部調整してもらいます。〉


これから現場が進んでいく過程が楽しみな物件です!

202010

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
page top