ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想柳澤和孝雑想
お問い合わせ/contact

top > 田村和也雑想 > 2020年7月アーカイブ

田村和也雑想

2020年7月アーカイブ

2020/07/07

少し前の話。

IMG_0855.JPG

きれいな青梅が売っていたので、梅酒をつけてみました。
ネットで調べながら、スタッフの水原さんとあーだコーダやっていると、
春からますいいに仲間入りした大西君が
「いつ飲めるんですか?」
と。
「10年後くらいじゃない??」
と適当に答えると
「えー、、」
とびっくりしたような反応が。

実際には1年くらいでも飲めるようですが、調べていると10年イヤ30年くらいのものもあるようで。
10年後、はたまた30年後なんて一体何をしているのだろうと、想像しているとなんだか不思議な気分になります。

最近は時短だとか、すぐ結果につながるものやことが良いとされている風潮があるように思います。
でも、私たちの普段作っている家もそうですが、
今、一生懸命描いている図面や、日々の大工さんやいろいろな職人さんとのやり取りは、
決して完成時の見栄えだけのものではないと思っています。

10年後、30年後にやっぱり良かったなと住み手はもちろん、自分たちも納得いくような長いスパンで物事を考えていかないといけないとじみじみ思います。
そもそも僕たちは、過去も含めてもっと大きな時間の流れの中の一部ですから。

これからは、毎年、毎年、少しずつ梅酒をつけていって、
3年物、5年物、10年物と時間の流れを飲み比べしていくのもいいな。

これをつけたころは、新型コロナが大流行で・・・
ほんと世の中どうなるかと思ったよ・・・
なんて話ができる日を願って。

page top