ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想柳澤和孝雑想
お問い合わせ/contact

top > 田村和也雑想 > 2020年6月アーカイブ

田村和也雑想

2020年6月アーカイブ

2020/06/27

川崎市多摩区登戸で新築工事が進行中です。

IMG_8453.JPG

この家は、私の建築学生時代の友人の友人の家です。
というわけで、お施主さんの旦那さんも設計事務所に勤める設計者さんです。

そうなると、もちろん自分の家は自分で設計しますよね。

IMG_8451.JPG

私達は、設計・施工の工務店なので、あまり人の設計で家をつくるという経験はありません。
これまでに何度か、知り合いの設計士さんや、お施主さん自身が設計士という方の家をやりましたが、その度に新鮮な発見があります。

登戸の家は、家のいろんな所に小さな居場所がたくさんあるお宅です。

もともとあった柿木を眺められる出窓横の3畳程度のピアノコーナー
小上がりになったこれまた3畳の和室
作り付けソファーのある居間部分も畳数にすると5畳程度
階段と一緒になった座卓勉強スペース
吹抜のあるダイニングも4.5畳
寝室や子供部屋となる小さなロフトが二か所
塔屋や屋上

等々、そうした小さな居場所が仕切られるわけでもなく、かと言って一室の大空間の中にあるわけでもなく、
雁行させたり、ちょっとした段差を介してそれぞれがつながり合うように配置されています。

IMG_8452.JPG

階段途中のちょっとした段差スペースも含めると
何と全部で、11もの床レベルがあります。

この家の設計を見ていると、なかなか私には提案することのできない家だなーといつも思います。
5畳の居間に4.5畳のダイニングスペース・・・
ドーンと広いLDKが取れないわけではないんです。

田村さん・・・
もっと広いLDKが欲しいです。
きっと言われてしまいます。

でもあえて取らない。
建物周囲の状況や配置、部屋と部屋の関係性を考え、こうした小さな居場所を建物の中に点在させていく。
ひとつひとつの部屋の面積は小さいですが、段差や吹抜を通してつながっているので、狭さを感じることもありません。

これまでに体験したことのない空間になりそうで、完成が楽しみです。

2020/06/10

先日、井垣農園さんの収穫・出荷のお伝いに行ってきました。
井垣農園さんは東京都西多摩郡瑞穂町で新規就農した、ご夫婦ふたりで営む小さな農園です。
近くの農地に農作業場所付きの住宅を計画していて、作業場所や生活スタイルの参考になればと思い、お手伝いに伺いました。
お手伝いと言っても、収穫や出荷に手を出せるわけもなく、いろいろなお話を聞きながら雑用を手伝い?というよりお邪魔をしてました。

IMG_0828.JPG

その日は午前10時に伺い、夕方までいたのですが、
井垣さんは朝4時から作業されていたようです。
「今は葉物が中心だから日に当たってしおれる前に収穫する」
そう。
僕たちが邪魔をしてしまうことも考慮に入れていただき、いつもよりは早めに作業を始めていただいていたようですが・・

無農薬、無肥料というスタイルをとる井垣さんから作業中におもしろい話も聞けました。

IMG_0840.JPG

収穫したキャベツのサイズが、普段スーパーでみるものから子供のこぶしくらいの大きさのものまで、本当にバラバラ。
「そんな小さなものも出荷するんですか?」
という僕のぶしつけな質問に対し、
「本来野菜の出来は、バラバラなものなんです。
 それを品種改良を進め、同じ大きさのできるキャベツを作っているんです。
 私たちは野菜本来の種から始め、毎年その種を採取し、育て、収穫する、農業を始めてから10年と少し、 そのサイクルをずっと続けています。
 自分たちの子供達にも安心して、おいしく食べられる、そんな野菜をもっと多くの人に食べてもらいたいと思っています。」

IMG_0842.JPG

収穫した野菜は、より分けられ段ボールに詰められ契約している各家庭に直接送られます。
その日は13箱の出荷でした。
入っている野菜の量から考えると、無農薬・有機野菜で多くの愛情と手間をかけているのに
スーパーに並んでいる通常の野菜よりも安いくらいの値段設定です。
世田谷あたりのスーパーでは、有機野菜コーナーにはびっくりするような金額で並んでいるのに・・・

「始めたころからの設定で、なかなか価格は上げれないんですよね・・」
と笑って説明してくれる井垣さん。

今の時代、ネットを使ってもっと・・・
なんて思ってしまいますが、ガラケーを使い、出荷に使う段ボールもスーパーからもらってきたバラバラのもの。
そんな世間の商売とは少し距離のある素朴さに、そのスタイルの持つ奥行きと勝手に親近感を感じます。

現在のお住まいから畑まで少し距離があることもあり、畑にはあまり顔出さなかった上のお姉ちゃん(小学5年生)が、
最近、畑のお手伝いをしてくれるようになったそうです。

そんなお姉ちゃんが、おばあちゃんの家にお泊りに行った際に、ログハウスのチラシを見て、
「これは大工さんが作ったものだけど、うちの家はお父さんとお母さんが積むんだよ。」
と少し誇らしげにこっそりおばあちゃんと話をしていたと、奥さんが少しうれしそうに話をしてくれました。

IMG_0831.JPG

そう、この家は夫婦二人で杉の無垢材を積み上げて作る家なんです。
長くなってしまったので、その辺のお話はまた今度。

IMG_0836.JPG

井垣農園さん、興味ある方はぜひ。

https://www.tokyoneofarmers.com/001-igakitakahiromiho/

page top