ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 田村和也雑想 > 2018.11.29

田村和也雑想

2018/11/29

世田谷区喜多見の家に続き、三間茶屋の家も上棟しました。

sanngenntyaya_tatekata.JPG

週末、お施主さんも現場に来られ、簡単な上棟式を行いました。
上棟は、これから始まる長い大工工事のはじまりでもあります。
今回は木造3階建ての住宅ですが、大工さんはこれから3か月かけ、ほぼ一人で躯体の骨組みを作っていくことから、テーブルやキッチンをつくる家具工事まで行います。
上棟式は、上棟をお祝いすること、工事の安全、皆のご健勝などをお祈りします。

sanngenntyaya_zyoutousiki2.JPG

しかし、私が一番大切に思うことは、お施主さんと大工さんが顔合わせをして、お話をする機会ができることです。
お施主さんにとって自分たちの大切な家を、どんな大工さんが作ってくれるかは重要なことですし、
大工さんにとっても、これから3か月腕を振るう家のお施主さんがどんな方かわかることは励みになります。
もちろん、職人さんはプロです。
ほっておいても、クオリティーの高い仕事はします。
しかし、やはり人だと思うのです。
仲の良い家族の様子や、かわいい子供たちの笑顔を見れば
「この家族のために、仕事をするんだな。イッチョ、やってやるか!」
と気持ちも上がると思います。

sanngenntyaya_zyoutousiki1.JPG

お施主さんが帰った後、やんちゃ盛りで現場のはしごに登り、土台の上を楽しそうに歩いている子供たちを見ていた
大工さんが
「ああいった、些細なことが家族の思い出になるんだ。
 自分が家を建てたときも、上棟後子供がちょろちょろ後をついてきて、ちょっとした穴から落ちそうになったと。
 今でも家族で話す、笑い話だよ。」
と。

現場のお近くに住まわれており、今回もお施主さんが工事に参加する、多くのセルフビルド工事もあります。
現場に顔を出してもらう機会が多いのもますいいの家づくりの特徴です。
そんな思い出作りも含めて、楽しい家づくりになればいいなと思います。


page top