ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 田村和也雑想 > 2018年2月アーカイブ

田村和也雑想

2018年2月アーカイブ

2018/02/27

町田事務所よりほど近く、町田市三輪町の家が現場進行中です。

南に大きな庭の広がる敷地に木造二階建ての住宅を計画しています。
都内の密集地に限られた敷地での設計が多いこともあり、ここまで広々とした、条件の良い敷地に設計を依頼されることは、なかなかありません。
しかし逆にこういった敷地の方が、考え方によっては、設計が難しいのです。

というのも、南側に窓を取れば光は入ってきますし、隣地とある程度距離を取れば、風も十分に抜けてくれます。
そう、誰が設計しても、それなりに良い家になりますし、オーソドックスな家で十分となるからです。

それなのに・・・
出来上がったプランは南側の一番良い場所に、ドーンと階段の居座る変わった間取りになってしまいました。

IMG_3041.jpg

もちろん、初めからそんな間取りを提案したわけではありません。
当初はセオリー通り、南にリビングダイニングを提案し、そこに面した掃き出し窓からウッドデッキに出られるような、
階段はひっそりと北側に設置し、二階らの個室もすべてが南面を向いた、
そんなオーソドックスな家を提案したんです。

方向性が変わったのは、奥さんの
「二階とつながるような、開放的な吹き抜けが欲しいな」
という一言から。

それならばと、吹き抜けを作った間取りを考えていくと、どんどん面積の大きな家になっていきます。
このまま進めていくと、きっと大幅な予算オーバーになるなと。
そこで思いついたのが、南側の吹き抜け部分に階段を設置することでした。
家のどこに設置しても階段の上部は必然的に吹き抜けになります。
その吹き抜けと、南側にあるリビング・ダイニングの吹き抜けを一緒にすると、面積的に効率よく吹き抜けを作れるのではないかと。

IMG_3035.jpg

そして階段は景色や採光の邪魔にならないようなすっきりとしたものでありながら、玄関からリビングに入った時のアクセントになるようなデザインを目指しました。
また、ダイニングスペースとリビングスペースを平面的に雁行させ、ウッドデッキを通って階段の周りを回遊できるようなのびやかな間取りになったのではないかと思います。

IMG_3038.jpg

ウッドデッキの塗装はご家族総出で、セルフ塗装を行いました。
敷地が広いと作業効率も上がります。

IMG_3036.jpg

お子さんたちの小学校入学に向け、内装の漆喰セルフビルドも急ピッチに進んでいます。
仕上がりまでもう少し、きっと楽しく素敵な家が出来上がることでしょう。

page top