ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 田村和也雑想 > 2018年1月アーカイブ

田村和也雑想

2018年1月アーカイブ

2018/01/25

受け継がれる家 -5-

その日は、朝から落ち着かない自分がいた。
男性が娘さんご夫婦と一緒に事務所を訪れる日だ。

先日、はじめてその家を見てから、私はリフォームの想像を勝手に膨らませていた。
あの縁側は良かったなー。
そこを間仕切る雪見障子など、古くて良いもの、どこか懐かしい雰囲気を生かしながら、水回りは一新し、使いやすい動線を作らないといけないなあ。
現在の北側にある暗くじめっとした部屋も何とかしないとな。

などなど。
私はその家や敷地の持っている雰囲気にすっかり魅せられていた。
しかしこちらの思いばかり先走ってしまうと、たいてい良いことない。
娘さん夫婦はどんな方達なのだろう。
そうわかりながらも、はやる気持ちを抑えられないでいた。

娘さんご夫婦は男性とその奥さんも一緒に来られた。
簡単な挨拶を早々に、どんな家を希望か、どんな生活をおくりたいか、
今、漠然と抱いている考えをざっくばらんに聞いた。
私は、初めて会うクライアント候補と話をするときは、まず相手の話を聞くようにしている。
なぜ、家を建てようと、リフォームしようと思っているのか。
趣味は?仕事は?出身は?どんな家で育ったのだろう?
なぜ、ますいいに相談に来ていただいたか。
家づくりに直接関係ありそうなことから、一見、そうでないことまで。
雑談程度にいろんなお話を聞きながら、僕たちに何を求められているか。
またクライアントの雰囲気を観察する。
そのうえで、私たちの家づくりや、これまで建ててきた住宅を紹介し、エピソードを交え、私達の人となりをわかっていただけるように努める。

娘さんご夫婦は、好きな家や家具、仕上げ等の写真をいっぱい持ってきて、どのようなテイストが好きかいろいろと話してくれた。
事前に親父さんにそういうものがあったら持ってきてもらいたいと伝えていたこともあってだろう。

「キッチンはこんな感じが好きで、玄関土間は広く自転車なんか置けるといいな」
「あらっ、そういうキッチンは見た目は素敵だけど使い勝手が悪いわよ。」
娘さんの意見に横からお母さんがコメントを加えた。
「いーの!お母さんの家じゃないんだから。」

「床は、・・・タイルは・・・」
「筋トレできるところがあるといいな」
などなど、いろいろな話が出てくるたびに、お母さんのコメントが入る。

「もー、お前は黙ってろよ。」
親父さんが口を開いた。
「そーだよ、しゃべらないって言うから連れてきてあげたんじゃん。」
娘さんからのきついツッコミに、みんながどっと笑った。

お母さんは明るく、話し出すと止まらないこの家族のムードメーカーだ。
旦那さんや子供から都度突っ込まれるその様子は、まるで友達のよう。
まだ、若いご夫婦だけれども、娘さんの旦那さんも遠慮のない様子だ。

あー、いい家庭だな。
これまでぶっきらぼうで、つかみどころがなく思えていた親父さんが急に身近な存在に思えた。
この明るく楽しい家族を見ていると、きっと親父さんは優しく、素敵なお父さんなのだろうと思えてくる。

家づくりをしていると、このクライアントの家は私たちがやるべき、私達しかできないと思える時がある。
おそらく、私の思い込みだろう。
しかし、そんな思いに至らない家は、なるべくならばやりたくない。
建築、特に住宅産業は、クレーム産業だという言葉をよく耳にする。
私たちの手掛けているような家づくりは、大体の部分が、いまだに現場で人の手によって作られている。
その点に関して大げさに言うと、法隆寺を作っていた頃からあまり変わってないのではないかと思えるほどだ。
工場でしかも機械が車を作っているのとはわけが違う。
つまり、クレームをつけようと思えば、いくらでもつけられるのだ。
しかし、それはできたものの出来栄えとは関係のないことが多いように思う。
つまりコミュニケーション不足による行き違いが大きな原因だ。
もちろんそれは家づくりに限らないが、いくら完璧なものができても、クライアントの意図しているものでなければ、それは必要のないものであるし、
多少の不便さや不都合があっても、その過程と必然性を理解いただけていれば、それはかけがえのないものにもなりうる。

クライアントと私たちはお互いを理解し、一緒な目標に向かって歩いて行く。
家ができるまでの道のりは長い。
そして、その後のお付き合いはもっともっと長くなるのだ。

つづく

2018/01/19

「この家の玄関はどこなんですか?」

先日お引き渡しをした横浜市金沢文庫の家の工事中、職人さんや運送業者さんによく質問されました。
それも、立派な玄関ドアから室内に入っているにも関わらず。
職人さんに関してはさらに図面も持っているにも関わらず。

この家の一階は、一部、畳の小上がり(4畳半)をのぞいてすべてコンクリートの土間仕上げとなっています。
玄関ドアから室内に入ると、何の間仕切りもなく大きな階段やキッチンが目に飛び込んできます。

kk (4).jpg

確かに一般的に玄関と呼ばれるような、リビングや居室に入る前の靴脱ぎスペース、いわゆる外部と室内の干渉スペースはありません。

お施主さんは、設計当初からこれから自分たちの暮らす家について、明確なイメージをもっていました。
金沢文庫駅から続く長いのぼり坂の中腹に位置するこの土地は、南東の二面が崖上となっていて、美しい景色が広がります。

kk (5).jpg

その景色を最大限に取り込み、一階のLDKは室内にいながらキャンプを楽しんでいるような、半外部のような場所にしてほしい。
出会って最初の打ち合わせで、そんなイメージを伝えられました。

そして何度も打ち合わせを重ね、ようやくお施主さんも私たちも納得のいくプランができたとき、
「ところで、一階は土間ですが、靴脱ぎスペースはマットかなにか置く形で大丈夫ですか?」
と質問したところ
「えっっ!靴は脱ぎませんよ。強いて言えば、小上がりの畳スペースの前で脱いで、さっと靴を隠すことのできる場所があるといいかな。」
と言われました。

kk (1).jpg

このようなコンクリートの土間床の広がる家を設計したことは、今までに何度もありましたが、みなさん玄関スペースで靴を脱いで生活されています。
町田分室の事務所も土間床ですが、それでさえ私たちは靴を脱いで使っています。

その時、このお施主さんは本当にキャンプを楽むような生活を望んでいるんだと身に染みて気づかされました。
玄関で靴は脱ぐもの、という既成概念を持っていいたのは私の方で、通常は当たり前に行う行為の範囲を、場所を少し変えるだけで、確かにその場所はいつもと違ったものになるかもしれない。
そんなことを考えるきっかけともなりました。

階段は、幅が広く人が座っていても通行に邪魔にならないくらいにしたいな。
近くに本棚があるといいな。
二階の一番景色の良い南東はセカンドリビングとして使えたらなー。
寝室以外はすべて間仕切りなくつながった一室空間として、小さくても良いから寝室のみ個室とし、動線の一番奥、東側に立っている桜の木が視界いっぱい楽しめる大きな窓が欲しいなー。

などなど、お施主さんのイメージはつきることがありません。

kk (3).jpg

それなら、景色をきれいにとらえられるように、アルミサッシのフレームはなるべく消すようなデザインにしましょうか。
二階は屋根の形をそのまま表現し、寝室以外は開放的な空間にしましょう。
その分、温熱環境的には不利になるので、外断熱で断熱性能はあげましょう。
大きく庇をはねだすことで室内と外部空間を柔らかくつなぎ、夏の直射日光はカットしましょう。

などなど、意匠と性能のバランスを考えながら、お互いに話し合いながら設計と現場は進んでいきました。

kk (2).jpg


ますいいさんの家は、ほんと変わった家が多いよね。
職人さんや知人などに、よく言われます。

当たり前ですが、僕は奇抜な家を設計したいわけではありません。
なんなら、僕の設計は、モジュールにあったシンプルな計画が多いように思います。
無駄なことをするのは好きではありません。

しかし、お施主さんと話し、何を求められているのか真剣に考えていくと、出来上がるものは、確かに少し変わっている。
まあ、人の顔がそれぞれ違うように、家だっていろんな形があっていいんじゃないか、
その方が、楽しいし、きっと大切にしてもらえるものになるんじゃないかと。
ただそんな風に考えているだけなんですけどねー。

2018/01/17

受け継がれる家 -4-

その家は、町田分室の事務所から徒歩で10分もかからないところにあった。
現場に出ていない時、ほぼ毎日と言ってよいほどお昼の弁当を買いに出かけるスーパーから道を挟んだ向かい側の路地を入っていったところに、どっしりとした瓦屋根をのせた民家が建っていた。
しっかりと手の入れられた建物南側の庭、東側には一体何年たっているのだろうと思わせるほどの大きな欅の木が茂っていた。

町田分室のある鶴川という土地は、白須次郎・正子夫婦が戦時中に避難し、自給自足の農民生活をしていた武相荘と呼ばれる農家があることからも察するに、ずっと里山のような場所だったのだろう。
今では、駅前の街道にはチェーン店の飲食店が並び、宅地開発が所々で行われ、建売住宅が軒を並べている。
私が町田に来てからも、事務所の前の道を挟んで向かい側にあった畑は小さく分割された宅地に造成され、まるでマッチ箱のような建売住宅が建ってしまった。
それでも、車で近所を走っていると、ふっと時間をさかのぼったような場所が現れることがある。
そして、事務所近くの路地を一歩入ったこんなところにも。

待ち合わせ時間よりも早く来ていた男性は、窓を開け家に風を通していた。
どうやら今はだれも住んでいないらしい。
「はじめまして。」
面と向かって話すのは初めてである。
「まあ、適当に見てよ。どこに入ってもかまわないから。」
「わかりました。まずはざっと建物を見させていただきます。」

今日は本格的な調査で来たわけではない。
大体、どのような建物か確認し、どんな計画なのかを伺いにきた。
しかし、本格的な調査でないといっても、確認しておかなければならないことはある。
床下をのぞき、床下は乾燥しているかどうか、周辺の木材は傷んでいないかどうか、基礎の立ち上がりに蟻道と呼ばれるシロアリが家に入った跡はないか、雨漏りはないか。
あとは、室内の床が大きく傾いていないか、内部の造作の作り具合などをチェックする。
内部の造作が丁寧に作られているかで、その家にかけた大工さんの思いが伝わってくる。
良い仕事をしている人は、見えるところだけではなく、目に見えない重要な内部も手を抜くことなく丁寧に作っているものである。

「どう?」
「良い建物ですね。経年変化以上に傷んでいる感じも受けないですし、とても丁寧に作られている雰囲気が伝わってきます。まだ一見しただけですが、十分残す価値のある建物だと思います。」
「いくらくらいでリフォーム出来そう?
ますいいさんはローコストが得意だって、先日、女性の方が言ってたよ。
前に堤さんにも話したけど、Z工務店に予算を伝えて、それでできるくらいのリフォームプランを出してって言ったのに、出てきた見積もりは1.5倍くらいの金額だったんだよ。
俺は予算をきちんと伝えたのに・・・」
とても信じられないといった男性の口調であった。

その予算は、私たちが普段建てている30坪程度の新築住宅の半分くらいの金額であった。
もちろんリフォームとしては決して安い金額ではない。
しかし、リフォームの予算組ほど難しいものはない。
耐震改修をして、断熱補強をして、水回りを新しくして、使いやすいようにプランニングを変更して、などとやっていくとあっという間に新築住宅を建てられるのではないかというような金額になってしまう。
この家に関して言えば、リフォームをしなくても住むことはできる。
要するに、手を付ける度合いによって0円~新築を建てることのできるくらいの費用まで、その予算は設定次第である。
要はどこまで手を付けるかの線引きを、明確な基準をもって決めていかなければいけない。
もちろんそれは設計者だけで決められるものではない。
住み手の予算や、今後の生活、ライフスタイルを含め、お互いに納得の上で一つ一つの仕様やリフォーム箇所を決めてゆく作業になる。
Z工務店の出した見積もりは、Z工務店なりの性能や機能を踏まえたうえで、ここまでやれば納得していただけるリフォームになりますよという一つの目安だったはずである。
それが、予算をオーバーしてしまっただけで、おそらく、提案する側からすると、そこに打算や悪気はなかったと思う。
もしかすると同じ条件でやれば、私も同じような見積もりを作った可能性だって十分にあると思う。

「ところで、リフォームしてNさんが住むんですか?」
「いや、俺は家を持っている。」
「えっ、じゃ、誰が住むんですか?」
「この家は俺の実家なの。
 今は空き家になっているから、リフォームして娘夫婦に住んでもらおうかと。」

どんな人が住むか、何を望まれているのかわからないのに建物の提案は、私にはできない。
そもそも娘さんご夫婦は、このリフォームを望んでいるのだろうか。
私たちが提案しているような家づくりに一緒に参加していただけるような人たちなのだろうか。
不安が一気に募ってきた。

「それでは、ご提案の前に娘さんご夫婦に一度合わせてください。
 お話をして、ご要望を伺ったうえで、ご予算も含めて提案させていただきます。」
しばらく間があって
「それはそうだな。今度、娘夫婦を事務所に連れて行くよ。」
Nさんは言った。
「それと、うちのローコストは理由もなく安価なわけではありませんよ。
 現場で一緒にセルフビルドで体を動かしてもらわないと。」
笑いながら、冗談交じりに牽制を入れた。

僕はまだこの男性がどんな人なのかつかめないでいた。
初めて事務所を訪れた時の印象が強く残っているのかもしれない。

「それもいいんじゃないの。コストを抑えてやりたいんだから仕方ないよね。」
男性も笑いながら答えた。

つづく。

2018/01/15

2018年、新年あけましておめでとうございます。
という間もなく、早くも一月が半分終わってしまいました。
新年早々お引き渡しの現場が2件、三月竣工にむけて昨年末から始まっている現場が2件とバタバタと年越しと新年を迎えた感じです。

いろいろと紹介したい物件があるのですが、まずは昨年末に上棟した神奈川県横浜市片倉の家をご紹介します。
計画は旦那さんのご実家の横に建っていたおばあさんの家を解体し、新築を建てます。
横浜市ではありますが、道路を挟んだ敷地の斜め向こうには、キャベツ畑の広がるどこかのんびりした雰囲気の残る場所です。

o1.jpg

設計当時は、まだ存在していたおばあさんの家で打ち合わせを行いました。
そしてそのお宅の配置、見える景色などを参考に、どの位置に窓を取ればキャベツ畑の景色を気持ちよく取り込めるか、隣地の隙間をぬって光や風を取り込むことができるか、隣地であるご実家との関係などの検討を行いました。
おかげで、建物の位置関係、窓の配置などは建ってみても想像通り、とてもうまくいきました。

o3.JPG

また外壁は、現在お住まいの都内住宅地を
「このお宅の外壁はなんという素材ですか?」
「このお宅の雰囲気好きですねー」
などとお施主さんと話しながら、ぶらぶらと何度か散歩し決めました。

o4.jpg

ガルバリウム鋼板の小波板です。
一見、昔の倉庫や物置に使われていたトタンのようですが、建物の角がすっきり収まるようにコーナー材を入れずに折り曲げて納めていることや、
7Mもある長い一枚ものの材料を取り、一階と二階の間に継ぎ手を作らないように工夫することで、シャープな外観を作っています。
また、バルコニーの手摺を木製とすることでアクセントとし、シャープな中にも柔らかさのある外観を計画しています。

o2.jpg

内装はまだまだこれからですが、すべての壁・天井が漆喰のセルフビルドです。
吹き抜けの勾配天井などもあり、本当にすべてできるのか不安もありますが、セルフの際は多くのお仲間が集まり、楽しそうな現場になりそうです。

page top