ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/galleryコンセプト/concept現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 田村和也雑想 > 2012年10月アーカイブ

田村和也雑想

2012年10月アーカイブ

2012/10/28

想田和弘監督の映画「演劇」2部作を観ました。
平田オリザと平田オリザ率いる劇団「青年団」を約8ヶ月間追いかけた、ドキュメンタリー映画です。
enngeki.jpg
「演劇1」と「演劇2」を合わせて5時間42分あります。
さすがに最後のほうは、座りっぱなしで腰が痛くなってきましたが、とても見ごたえのある映画です。

大雑把に要約すると「演劇1」では、平田オリザと青年団の活動がまとめられ、「演劇2」では演劇(芸術)と社会を結びつけるための平田オリザの活動がまとめられています。
青年団レベルの劇団でも、助成金をもらわないとやってゆけない。
その事実も衝撃的でしたが、映画を観ていると劇団を運営するために、平田オリザは学校で講師をしたり、政治家と付き合ったりと様々な社会的活動を行っているように僕には見えました。
それだけ平田オリザという人は、演劇が好きで、演劇が社会に、人間の営みに必要なものだと本気で思っている。
それは、すごいことだし、うらやましい感じもします。

想田監督の他の作品はまだ観たことないのですが、「演劇1,2」は想田監督の「観察映画」と呼ばれるドキュメンタリー作品の3、4作目にあたるそうです。
「観察映画」というのは、台本を作らず、事前打ち合わせを最小限にして、即興的にカメラを回すという方法をとるそうです。
つまり撮影対象に、なるべくバイアスをかけず、あるがままを映したいということだと思います。
実際の映画でも、説明のナレーションは一切無く、もちろん編集はされていますが、劇団の練習風景や平田オリザの日常が淡々と並べられている感じがします。
通常の映画のように、これといった盛り上がる場面などは無いのですが、逆に言うと、作り手の考えや主張が何も押し付けられない感じがして、映画を観ていると様々なことを考えさせられます。

劇中で、演劇は映画やTVとは違い、様々な場所や時間をカットでつなぐことが出来ず、ひとつの場所で演じることが多いため、場面場面の空白は観客の想像力が埋めなければいけない、というようなことを平田オリザが言っていました。
そういう意味では、「観察映画」の方法論と平田オリザの言う「演劇」は非常に似ていて、非常に自然にふるまっているように見えて、大きな問いかけをこちらに投げかけられているような気がします。

2012/10/17

東京都稲城市の家の工事が始まりました。

稲城市の家はお施主さんの趣味である木工室のための地下があります。
工事は地下を掘るための土留めレールを埋め込む工事から始まります。

地下といっても半地下なので、掘る深さは2M程度ですが、掘った周りの土が崩れてこないことを踏まえ計算すると、6Mの鉄のレールを20本、地下の外周部に打ち込むことになります。
re-ru2.jpg
re-ru.jpg
ドリルで穴をあけ、そこにレールを回転させながら埋め込んでゆきます。
ボーリングの調査どおり、地下水位も観測されず、地中障害物も無く一安心です。

明後日からいよいよ、掘削工事が始まります。

2012/10/06

東京都国分寺市の家が上棟しました。
joutou1.jpg
この家は通常の家とは異なり、柱や梁、垂木など、ほとんどの構造部材が仕上がりとして見えてきます。
そのため、上棟時やその準備、屋根が出来、雨をしのげるまでの期間とても気を使いますし、そのための下準備も大切です。


下の写真は上棟前に屋根にかける垂木を大工さんが工場で加工しています。
棟梁とくっつくところも含め見えてくるため、プレカット(機械加工)では難しいので、大工さんに手で加工してもらいました。
また、コストダウンとして本来化粧材ではないツーバイ材を使用しているため、表面を少し削って仕上げてくれています。
kakou.jpg
kizami2.jpg
kizami.jpg
これで、大きな加重がかかっても大丈夫ということです。
taruki2.jpg
現場で組まれた様子はこんな感じです。

週末には、お施主さんに上棟式を開いていただき、近所の子供たちも集まって楽しいひと時を過ごさせていただきました。
joutousiki.jpg
最後は、今年最後の花火で締めくくりました。
hanabi.jpg

page top