ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/galleryコンセプト/concept現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 設計室雑感 > 2015年8月アーカイブ

設計室雑感

2015年8月アーカイブ

2015/08/06


先日、南生田でリフォームをさせていただいたお施主さんから、ご実家の駐車場について困っていることがあると連絡をいただきました。
とりあえずは現地を見せていただくということで、ご実家へ向かいました。

3月に引き渡して以来、南生田のお家には何度かお邪魔しているのですが、奥さんと4人のお子さんがいつも元気いっぱいで迎えてくださいます。
今回は夏休みということもあり、4人兄弟全員集合で迎えてくれました。

長女のゆりちゃん、次男のよしくん、三男のまーちゃんは、セルフビルドのときによく現場に来ていて、私もいっしょになって遊んでいたのが懐かしいです。

お家に着いて早速家の前にある駐車場を見せてもらっていると、みんなも集まってきて、いっしょに現場調査です。
すると、ゆりちゃんから「髪伸びたね。」と一言。
そんなことまで覚えていてくれたのだと思い、何だか嬉しくなってしまいました。
うきうきした気持ちを隠しつつ、駐車場のブロックの大きさを測ったりしていると、すっとポケットに何かを入れてくれました。
「手紙を書いたよ」と少し照れながら話すゆりちゃん。
見てみると、屋根がまっすぐなお家と、空の下のゆりちゃんの2枚の絵をプレゼントしてくれました。

blog_ikuta.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い毎日が続いて少しバテ気味だったのですが、元気をもらえました。

またみんなに会うのが楽しみです。

 

町田分室 関野咲月

2015/08/01

現在、町田分室では町田市相原の住宅を設計しています。

町田市に事務所を構えているにも関わらず町田市の新築物件で設計の申し込みをいただいたのは今回が初めてです。

お施主さんは整骨院を営まれる旦那さんとミュージカル出身の奥様、将来美人になるであろう娘さん2人です。

今回は町田市相原町にあるご実家の隣に整骨院を併設した店舗併用住宅を計画しています。

1階に整骨院と多目的スペース、ロフトを含む2階が住宅部分となっています。

多目的スペースは奥様が公文式やダンスを教えたりと自由に使えるスペースとして使用する予定です。

お話をいただいた初期から商売としての整骨院と公共的とも私的とも取れる多目的スペースが隣り合う事で地域に対して変化をもたらすことができるのではないかとワクワクしていました。多目的スペースに子供たちが集まり何かしらの活動を行う、劇的ではないですが周辺の街の風景は確実に変わります。ただ、私的な場所である住宅ですので本来住宅がもたらす周辺への影響などは住人の方には然程重要な事ではないと思います。周辺への影響を考えているのは設計者ぐらいのものだと思います。

しかし、町田市相原の住宅は整骨院を営業します。多目的スペースがもたらす変化が看板となり営業となり、子供たちが集まる整骨院のようなイメージがつけば面白いですし話題になるのではないかと思います。

これは何のデータにも基づいていない根拠の無い私の妄想です。

妄想ですが何と言ってもワクワクするのです。こういうの楽しいのです。

整骨院と多目的スペースを併設しようと考えられたお施主さんのセンスに感服です。賑やかな整骨院となるといいなと思います。

IMG_7920.JPG IMG_7921.JPG

 

いくつかのスタディー模型で建物の配置と空きスペース・駐車スペースの関係や多目的スペースの開き方を検討しました。現在は無くなってしまいましたが、多目的スペースを道路側に開きパーゴラを設けて特徴的な庭先そして整骨院へのアプローチを検討しておりました。パーゴラは大きな庇と植栽に形を変えて整骨院の顔になってくれることを期待して計画しております。

そして、引き渡し後にどんどん変化していって欲しいなと思います。

IMG_7922.JPG

2階住宅部分は中2階とロフトの3層構造となっており部屋全体が一体につながっています。2階以降が住宅部分のため一般的に十分な個室やスペースは取れませんがテンポのある楽しい住宅部分となっていると思います。

ご夫婦にとっても大事な住宅ですが、子供たちにとっても凄く大事だと思います。子供たちの原風景を作る、実家を作る。これって凄いことだなと思います。そして、それが地域の子供たちの原風景となったらさらに。。。とかなんとか妄想するとにやけ顔がとまりません。

まだまだ計画途中です。

良い店舗、良い住宅にしていきましょう。引き続き宜しくお願い致します。

 

町田分室 堤

2015/08/01

先日、戸塚のスタジオに写真撮影の下見にお伺いしました。
お施主さんは僕を暖かく迎えてくれて、中を案内して下さいました。


DSC_0160.JPG

「足の踏み場もないのにー」とおっしゃいましたが、床一面、絵で多い尽くされ、絵画教室のお子さんの作品展示の準備をされいます。

よく見ると、火打ち梁のボルトに子供たちの作品がぶら下がっていました。

DSC_0185.JPG

理由を聞くと、
「金物がちょうど良い所にあって、引っ掛けているのよ」


とのこと。

DSC_0188.JPG

こちら側が想定しない使われ方がみれて、おもしろいなーと感じます。

構造材とそれらを接合する金物、普段は消したくなるようなものをお施主さんはうまく利用し、空間を自由に使いこなしてる。そんな姿がみれると、作り手としてとてもうれしく思います。

その後、写真撮影を行い、現在は写真の調整中です。
完成しましたら更新しますので、ぜひ見て下さい。

川口 鈴木

page top