ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想柳澤和孝雑想
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 増井真也日記top

増井真也日記

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

2019/06/08

昨日に引き続き京都滞在。今日は京都東急ホテルに移動して裏千家の会合に参加した。茶道の一つの流派に運営に協力し様々な行事に参加しているわけだけれど、僕にとってはとても良い事情がある。最も大きな一つには京都生まれでもなく、関係者でもない僕のような凡人が、普通では見ることができないような建築の中に実際に足を踏み入れ、その空間を体感することができる。昨年はなんと大徳寺の密庵に入らせていただいたし、利休が造った茶室として現存する待庵も観ることができた。一人の観光客として観る事しか許されなかったかった建築を体感できる喜びは、この仕事をしている人なら十分に理解していただけるであろう。

地元の大きな建設会社を造ったメンバーの一人で、僕が大好きな80歳の老人がいる。なんとこの人はいまだ現役で、工事現場を歩き回っているのだが、この人物の口癖は職人を育てろ!!という言葉だ。僕はこの言葉を聞のが好きだ。僕たち設計者は建築のあるべき姿を考え、それを造ることができる職人を育てなければいけないということだけれど、これは簡単なことではない。これはバーチャルの世界での話ではなく、本当に生身の人間の心をつかむ話である。建築の理想を共に感じ、同じ方向を向くことができる職人を育てるには、その人の心を動かすような言説や思想が必要だ。そして細やかなコミュニケーションも重要である。

理想を描くには理想を体感しなければいけないと思う。自分が体感した物以上のものを造るのはおそらく無理なのだ。

2019/06/07

朝礼終了後、京都へ。14時、修学院にある唐長さんという唐紙屋さんを訪れた。店につくと奥様が出迎えてくれた。前回がご自宅の方にお邪魔したが、こちらのお店が昔から住み続けてきたご自宅らしい。何回も増築を重ね少しずつ広げてきた住宅である。その工事の跡がかすかにわかるけれど、でも建築が大好きな奥様のセンスでアンティークモダンの素晴らしい空間が出来上がっている。

この唐紙屋さんは江戸時代から続く唐紙の老舗である。江戸時代から受け継いだ400年前の型を使って、鳥の子に文様を写している。鳥の子というのは和紙の種類で、唐紙に使用される丈夫な紙のことだ。泥絵の具を水で溶き、それを型に塗って和紙をのせ刷り込むという一連の作業を正確に移動しながら一枚の型紙を仕上げていくのである。今回は埼玉県桶川市にて進行中のAさんの家で使用する予定の花兎なる唐紙を拝見した。この文様は中央アジアから渡来した文様で、美しい月に行くことを願った人々が、その思いを兎に託して造ったものらしい。ピンクがかった綺羅の地にうっすらと浮かび上がる文様がとてもきれいな唐紙である。出来上がるのがとても楽しみなところなのだ。

2019/06/06

朝礼終了後各プロジェクト打ち合わせ。

11時、現在工事中のMプロジェクト現場打ち合わせ。1階部分が鉄筋コンクリート造、2階3階を木造で造っている僕の自宅兼ギャラリーの工事現場である。1階部分にはURの土地返還の関係で閉鎖を余儀なくされてしまったMASUII RDRギャラリーを再開するためのスペース、茶室を設け、2階から上部は住宅に利用する予定である。冬ごろにはお披露目ができると思うので楽しみにしていてください。

現場は川口駅からほど近い場所、今は上棟して大工さんの工事の真っ最中というところだ。今日は鉄筋コンクリート用のサッシの取り付け位置を示す墨だし作業を、田部井君と高本君と一緒に行った。鉄筋コンクリートの工事現場は、木造中心のますいいでは珍しい。僕はもともと戸田建設というゼネコン出身なので、逆に若い頃に慣れ親しんだ工法なのだけれど、木造しかやったことが無いますいいのスタッフにとっては、雲をつかむようなわからないことがたくさんある現場である。

サッシの取り付けもその一つ。木造ならば大工さんが勝手に作業を進めてくれる部分なのだけれど、RCの場合は現場監督が正確に位置を出してあげないとサッシ屋さんは取り付けることができない。何でこんな風になってしまうのかといえば、それは職人さんの経験の問題である。大工さんの場合、昔は手刻みをして上棟して、サッシをつけてといった一連の家造りの作業全体を統括していた存在であり、現場監督などいなくとも家一軒を造ることなどたやすいことだったわけだが、RCの現場では昔からサッシやさんが監督さんの指示に基づいてサッシを取り付けることが慣例なわけで、監督が指示をしないと何にも先に進まないのが当たり前なのである。17時ごろすべての作業を終えて帰事務所。なんだか楽しい一日であった。

2019/06/05

朝一番で階段の防腐剤塗装の続きを行う。一年に一度のクレオソートの塗装工事は枕木製の階段があるますいいリビングカンパニーでは恒例行事である。木というものは水分と空気と適正な温度の条件がそろってしまうと腐食する。でも腐食を防止することができる薬剤を塗布すればそれを止めることも出来るというわけだ。大きな階段のすべてを塗装するのはなかなかの仕事である。最後の仕上げは新人の高本君に任せることとした。

20190605.jpg

10時、草加市水道局にて協議。古い給水引き込み管なので布設替えの工事を行わないといけないという見積もりを業者からもらっていたのだけれど、水道の引き込み工事を行わなければいけないのかそうではないのかについての協議を行った結果、水道業者とは違う見解、つまり無理に行わなくともよいという見解に落ち着くこととなった。やらなければいけないという指導が、どちらでもよいとなるケースは初めてである。やっぱり自分の耳で聞いて判断することは何よりも大切なのだなあの感だ。

14時、神社の境内に造る施設について某神社にて打ち合わせを行う。

夜、高本君とそのお兄さん、そしてお兄さんの務める会社の社長さんと一緒に会食。左官屋さんの御両人はとても人がらの良い同世代の職人さんだ。こういう人たちとの出会いは何よりも大切なもの。今後の良きお付き合いを期待したい。

2019/06/02

今日は大宮の氷川神社にて茶会の席主である。年に一度の献茶式という行事の中での立礼席を持つということで、一緒に活動している仲間とともに茶席を運営する。一回の席に50名のお客様が入り、それを10回も繰り返すのだからさすがにへとへとに疲れるわけで、設営をしているメンバーが全力投球でのおもてなしをするわけである。茶道の精神と、大寄せの茶会との間のなんとなく感じるギャップはあるものの、僕の場合は多くの人々に出会うことができて、しかも年々繰り返していくうちに知っている顔が増えて、話をしてくれる人も増えて、なんとなく親しみを感じる人が増えていくというような現象を心から楽しむことができる性格なので、これはこれでよいものだなあなどと感じながら一日を過ごさせて頂いた。

20190602.jpg

2019/06/01

10時、埼玉県桶川市にて現場進行中のAさんの家の打ち合わせ。今日は設備器具関係の詳細について最終確認を行った。

ますいいでは造作のキッチンを造ることが多い。造作キッチンは安価なシステムキッチンよりお金がかかる場合が多いけれど、高額なシステムキッチンよりは安くできるので、こだわりのデザインを予算内で実現したい場合などにはなかなか良い手段である。通常は大工さんに木製の箱を作ってもらい、そこにステンレスの天板などを施工する。場合によってはモルタルの天板などを左官屋さんに塗ってもらう場合もある。扉などの造作は建具屋さんの出番だ。簡単な引出しなら建具屋さんに作ってもらうことも出来るけれど、やっぱり造作の場合は開き戸のほうがコストを抑えられる。

下の写真は草加市に造った住宅のキッチンだ。木製の本体は白く塗装を施している。天板はステンレスで、コンロは反対側に独立して配置している。造作キッチンの場合はこのようにシンクとコンロを別のスペースに取り付けることも可能なのでプランのバリエーションが広がるというメリットもあるのだ。

20190601.jpg

20190601-2.jpg

2019/05/27

今日は数年前にますいいで家づくりをしていただいた、北の常緑ハウスのクライアントであるKさんのご紹介で、会社の後輩のご夫婦がご相談に来てくれた。Kさんの会社の方の家づくりはこれまでにも行ったことがある。こうしてご紹介をしていただけることは、設計者にとって何よりもうれしいことである。今後とも、こうして心から喜んでいただけるような家づくりを続けたいものである。

今日来てくれた同じくKさんご夫妻は、自然を愛するご夫婦で、休日は家でのんびりと過ごすことが多いという、とても穏やかな雰囲気のお二人であった。川口市も含めて土地探しをスタートしたところというので、土地のご紹介やご相談からのお手伝いということになる。そういえば北の常緑ハウスのKさんの時も、土地探しからのお手伝いをさせていただいた。何回か河川敷の近くの土地を見に行き、川の緑を取り入れた家を造りたいという熱い思いを聞いたことを覚えている。ますいいでもいくつかの土地をご紹介させていただいたけれど、結果的にはKさんご自身で土地を探しているエリアの中を探し回り、空き家の持ち主を検索して、直接持ち主との交渉の末に、素晴らしい緑を背景に携える土地を手に入れたのである。

この家は上棟作業の最中に東日本大震災が起き、しばらく作業が出来なくなるというハプニングもあった。とにかく記憶に残る、一生忘れることが出来ない仕事であるけれど、こうして新たなクライアントをご紹介していただけるたびに当時の記憶がまた鮮明に蘇るのだ。

20190527.jpg

13時過ぎ、埼玉県川口市にて改修工事を計画中のSさんのご自宅にて契約作業を行う。いよいよ7月に工事を行う予定である。既存の小屋をカフェが出来るようなガーデンハウスに作り変える予定。素敵な小屋になればよいと思う。

2019/05/26

今日は妻と一番下の娘を連れて、那須高原に足を運んだ。いわゆる観光地、若いころはよく来た場所だけれど、ここ数年ほどはすっかりとご無沙汰してしまっている。しかも娘のリクエストは牧場だ。これまた自分の意思ではなかなか選択をしない場所である。りんどう湖のほとりに広がる牧場には、ゴーカートやら湖を渡るジップラインやらの遊具も備え付けられているけれど、そのどれもがどことなくさびれているような、時代を感じるような状況で、きっとこれも震災の影響などもあるのだろうと考えていると、観光地に居ながらにして国の将来のことなど考えてしまう。

気を取り直して、バター作りやらアイスクリーム作りの体験を行うとこれが意外と楽しいではないか。生クリームを振っているとバターが出来る!!、牛乳と生クリームを混ぜて砂糖をたっぷりと入れて冷やすとアイスになる!!の驚きはとても新鮮なものであった。いくつになっても知らなかったことを知ることは楽しいもので、まるで子供のように時間を過ごすことが出来た。

中学受験でお疲れ気味だった娘も、久しぶりに遊びの時間を過ごすことが出来たようである。そして僕も意外と楽しいひと時を過ごすことが出来て何よりの一日であった。

2019/05/25

朝10時、埼玉県坂戸市にて計画中のYさんの家の打ち合わせ。今日は1/50の模型を作成してのプレゼンを行った。この住宅は平屋のようなL字型のプランで、中央部分にリビングを設け両側にダイニングキッチンと寝室を配置している。どの部屋も庭の中央部分に意識が向かうように配置されており、リビング空間から庭に向けて立ち上がる壁の室内側には、家族の中心を形作る薪ストーヴが配置される予定だ。リビングにはすのこ上の吹き抜けが設けられ、上部から降り注ぐ光を柔らかく取り込むことができるようになっている。今日の打ち合わせを経ていよいよ実施設計に移行していきたいと考えている。

20190525.jpg

午後、埼玉県草加市にて設計中のyさんの家の見積もり打ち合わせ。減額調整のご提案などについて密度の濃い打ち合わせを行うことができた。

2019/05/24

今日は朝からクライアントのMさんと一緒にリクシルさんのショールームにお邪魔した。キッチンのショールームに行くのはもしかしたら人生の中で2回目くらい、僕としてはとてつもなく珍しい行動なのだけれど、友人の家を作るということでお付き合いした次第である。ショールームには意外なほどに人が多い。説明をする女性の係員が10名以上入るし、ちらほらと男性職員もいる。受付には行列を作っているお客様がいる。こんなにもリクシルが人気なのかと驚くほどにたくさんの人、人、人。建築の中のサッシやキッチン、トイレ、バス、洗面、といったほぼすべてのパーツがそろっているからであろうか、その利便性から多くの建て主に支持を得ているのであろう。

リクシルを出て昼食。続いてヤジマというキッチン屋さんに向かう。こちらは特注キッチンの専門店である。キッチンのことなら何でもごされのプロフェッショナルで、かつシンプルで洗練されたデザインの提案をしてくれる。こじんまりとした建物に、僕たちだけの貸し切り状態、あまりのギャップに何となくいろいろと考えさせられる。

2019/05/20

朝礼終了後各プロジェクト打ち合わせ。

石山修武先生の作品に、開拓者の家というものがある。この作品は長野県の菅平に草原の中に、コルゲートパイプという材料を用いて楕円形のパイプを作り、その両側に壁を設けて住宅としているものである。基礎を持たずに、砕石を積み上げた上に置いてある。動かないようにワイヤーで引っ張られているだけだから、基礎を持たない建築、つまりは仮設建築のごときものだ。この住宅は一人の男性がセルフビルドで作り上げた。もちろん石山先生もそれにどっぷりと参加していたのだろうけれど、素人が自分の作りたい家を自分の力で作り上げた建築であり、さらには何とも言えない造形美が出来上がっている点でもとても面白い建築であるのだ。数年前に僕がお邪魔した時には、クライアントがこの家を大切に使い続けていた。おそらく今でも同じように使用しているのだろう。住宅というのは自分自身のものである。自分の暮らす場所をどのように作るかは自分で決められるのが一番良い。このコルゲートパイプの家は、普通の住宅と比べることはできないものである。でもこの家の住人のSさんにとっては、他のものでは変えることができない最高の居場所なのだ。もっと自由に家を造ろう、というますいいの理念の発祥のような建築を一つご紹介したい。

20190520-2.jpg

20190520.jpg

2019/05/18

今日は裏千家の地区大会に参加するために、神奈川県の箱根湯本まで足を運んでいる。小田急線のロマンスカーで行くのかと思ったら、湘南新宿ラインで赤羽から小田原まで行けるということを初めて知った。あんまり普段電車を利用しないでいるとこういうことに自然と疎くなってしまうものである。便利な世の中になったなあなんて自分が言うとは思わなかったけれど、まさにそんな感覚を覚えた。

会場につくと早速いろいろな会合に参加した。ここにいる先生方はみな真剣に茶道の普及のために勤めている方々なのであろう。僕なんかが底に肩を並べているのは少々不自然なような気がしているのだけれど、まあこれもご縁である。

ミニ講演会で、益田鈍翁なる茶人の話を聞いた。この名前は益田孝という経済人の号で、明治期の有名な近代茶人の一人であるとともに、三井物産の代表として近代日本を代表する経済人でもあった。生まれは寛永年間、江戸時代末期である。佐渡島で生まれ東京に出て、今の明治学院大学にあたる学校で学んだ後に幕府の中で職を得たそうだ。明治維新後は政府に勤めるも、野に下り経済人の道を歩んだという。何とも波乱万丈の人生があり、その中期に茶道に身をゆだね、小田原の地を拠点に近代の茶道を興したというのが面白い。小田原にどんなご縁があるのかは知らぬが、そんな小田原でこのように茶人が集うのもまた趣があるような気がするのである。箱根の強羅公園というところに増田鈍翁が造った白雲洞という茶室群がある。この中に白鹿湯というお風呂があるのだけれど、箱根の溶岩地帯をおそのまま利用した岩風呂がなかなか面白い。こういう建築は作ろうと思ってもなかなか作れないものである。自然の地形を取り入れる建築に懸け造というものがあるが、この岩風呂はまさに懸け造のように自然に寄り添う建築である。

20190518.jpg

2019/05/17

朝礼終了後各プロジェクト打ち合わせ。

10時より、埼玉県草加市にて設計中のYさんの家の打ち合わせ。今日は第1回目の概算見積もり提出を行った。第1回目の見積もり提出は大概予算をオーバーしてしまうものだけれど、今回の見積もりではそれほど大きな超過はしなかった。それほど大きな超過はしなくても多少はオーバーしてしまうもので、それをいかに減額していくかが今後の課題となる。どういうことをするといくらかかるとか、こういうものを買うといくらかかるとかのコストを比較して、最終的に何をどんなふうに採用した建築を造ることにするかを決めるのがこの段階だ。住宅1棟の見積書は約20ページほどであろうか、さてさて僕も一緒に悩むこととしよう。

2019/05/16

午前中は、埼玉県草加市にて計画中のYさんの家の見積もり作業の確認を行う。すでに担当の渡辺君が精査してくれている見積書を、また別の視点で眺めてみる作業である。設計の作業を進めながらの見積もりなので、概算の部分もたくさんあるのだけれど、次第に詳細に詰めていく過程で、家づくりの細部のおさまりなどについての話も次から次へと出てくる。見積もりの話をしていたはずなのにいつの間にか壁内通気の話になっていたり、はたまた外観のデザインの話に飛んでいたりととりとめもない。約2時間ほど打ち合わせをして終了した。

2019/05/13

午前中は事務所にて各プロジェクト打ち合わせ。

午後より、川口市の社会福祉協議会に参加。今日はいくつかの保育園の認可についての会議を行った。

17時、新入スタッフ面接。

夕方、畑にて作業。この時期になると夏野菜の植え付けを行う。ゴーヤやキュウリなどのツルものも植える。今年のゴーヤコーナーはいつもよりも少し大きく作成した。屋根を作りぶら下がることができるようにしたのだけれど、果たして台風などの攻撃に耐えることができるかどうか・・・。これが倒れてしまうと、僕は子供たちにだいぶ馬鹿にされてしまうことになる。「お父さんの造った家大丈夫?ってね。」

畑に花の花が咲いていた。それが終わって今は春菊の季節だ。春菊はその名の通り菊になる。黄色く咲く菊はとてもきれいだ。野菜は野菜、花は花、僕たちの意識のなあでは勝手にそういう風に分けてしまっているけれど、白菜も春菊もとてもきれいな黄色の花が咲くし、じゃがいもだって紫色のかわいい花をつける。にらの花なんて綿帽子みたいで、なかなか風情があるものだ。今日はいくつかの茶花を植えてみた。茶花というのは、茶会で飾ったりできる山野草のことである。これが咲くかどうかはまた難しいけれど、楽しみに一年間待つとしよう。

20190513.jpg

20190513-2.jpg

< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

202001

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログアーカイブ

201120102009
200820072006
200520042003
2002

page top