ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/galleryコンセプト/concept現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 増井真也日記top

増井真也日記

< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

2017/06/24

午前中は埼玉県川口市にて新築住宅を検討中のHさんご家族打ち合わせ。大学の後輩でもあり、地元の会合でともに活動をしているお付き合いということで家づくりを依頼していただいたわけである。知り合ってから3年ほどであろうか。こういう風に人と人とのお付き合いが深まっていくのはとてもうれしいことだと思う。司法書士業をまじめに営むからこそどんどんと成長をするHさんであるが、まずはご家族が心から喜んでくれるような家を作りたいと思う。

家づくりの打ち合わせを終えると、続いて飯田産業さんと土地の契約に移る。大手の分譲業者さんが建物を建てずに土地だけ販売するというとても珍しいケースである。建売系の売れ残りがだいぶできてしまっているという噂話も聞くが、そうした影響が出ているのであろう。そのおかげでよい土地が手に入るわけだから、注文住宅のクライアントにとってはうれしい現象である。12時ごろ終了。

15時、東京都荒川区にて新築住宅を検討中のSさんご夫妻来社。約2時間ほどにわたり鉄骨造3階建ての計画に関するスタディーを行った経過のご報告をさせていただいた。

檜というのは、火を起こす木だからひのきというらしい。法隆寺にはこの檜がたくさん使われていて、それが何とも言えない経年美化を起こしている。太古の昔は栗を建築に利用していたそうであるから、法隆寺は檜を建築に使用する先駆け的なものといえる。油分を多く含み、水分を吸い込みにくい素材なので耐久性に富むわけだ。ますいいでは檜の床板を製材したものを利用しているのだけれど、実はこの檜が最近安い。どうやら集成材ばかりを利用する大手ハウスメーカーのせいで、檜のほうが余っているようである。ゆえにますいいで推奨する檜も、上小節で15㎜の厚みのものを坪単価が14000円ほどでクライアントの売ることができるのだ。はやりというのは面白い。法隆寺の時代から使われた檜に勝る人気者の集成材が果たしてどこまで持つのかはわからないが、せっかく値が下がっているのだから檜にも注目したいものである。

2017/06/22

午前中は埼玉県東松山市にて設計中のKさんの家の見積もり調整打ち合わせ。3か月に渡し調整してきた見積もりもいよいよ大詰め、ようやく契約ができるところまでたどり着いたのであろうかの感であった。予算を大幅にオーバーしてしまった設計から、様々な要素をそぎ落とし、そして大切なところは再び加え、最終的な建築の形と予算を設計し算出する作業はなかなかの重労働である。いよいよ工事に移行するところまでたどり着き、これからの進行がとても楽しみになってきた。無駄なところがそぎ落とされた住宅のほうが、建築作品としても結果的に良くなることが多いものなのだ。

夕方、「建築物における木材の表し使用」に関する勉強会を開催。木材を外部で使用すれば、必ずその木材は年月とともに変化するわけだけれど、そこに適正なメンテナンスを加えれば、腐るのではなく経年による美化をすることとなるわけである。ますいいでは家づくりの中で多くの木を利用している。だからこそ適正な使用方法を皆が周知することがとても大切なことだと思う。今日は町田分室のメンバーも含めて全員が参加することができた。皆にとってもとても良い学びになったであろう。

終了後、近所の居酒屋さんにて懇親会を開催。総勢14人、ワイワイガヤガヤの楽しい時間であった、

2017/06/20

午前中は事務所にて雑務。

13時、茶道稽古。今日は50分ほどしか時間が取れないので、薄茶の平点前を行うことにした。最近は仕事がとても忙しいのでなかなかゆっくりと稽古の時間を確保することができないのだけれど、たとえ短い時間でもこの時間を大切にしたいと思っている。人生の中に「道」が付くものがあり、そういう枠の中で自分を見つめて心を落ち着かせる時間があるということはとても価値のあることではないかと思うのである。とはいえ50分・・・あまりにも短い時間である。

14時、その茶道のお仲間であるYさんのリフォーム打ち合わせ。今日は二つのプランをご説明させていただいた。この計画はYさんのお嬢さんとご主人、そしてお子様が暮らす家をリフォームするものである。ご主人がフランス人ということで、計画にはフランス語教室なるスペースも含まれている。ますいいではこれまでもいくつものカルチャー教室のある建築を作ってきたけれど、こういう公共性のあるスペースをデザインすることは住宅にはない楽しさがある。

20170620.jpg

夕方、大工の佐久間さんと打ち合わせ。東京都世田谷区にてお盆休み明けに上棟するKさんの家の現場についての話をした。

2017/06/16

午前中少々時間があったので、以前から土地探しの相談をされていたHさんが、自分で探してきた近所の土地を見に行くことにした。以前は不動産屋さんが土地の情報を提供し、それを一緒に見に行くというのが普通だったけれど、最近は家を建てようとしている人が自らウェブで情報を探し、この土地が気になるのですがどうでしょうか・・・という具合に相談されることが多い。最近ではグーグルマップを見れば周辺の様子も手に取るようにわかるわけだし、物件を紹介してもらうための不動産屋さんの役割というのはだいぶ減少しているのだろうと思う。今回のケースでは、その土地が事務所から歩いて2分ほど、つまりは目と鼻の先ということで、ちょっと空いた時間に様子を見に行った次第であった。

土地は現在造成工事中、すでに6mの位置指定道路がほとんど工事終了というところまで出来上がっている。現場には6区画の土地がある。方位も違えば形もいろいろ、でも広さだけは大体30坪になるように区割りされている。さてさて、どれを購入するか。

位置指定道路の南北に土地が配置されているので、当然南道路となる土地が高い。北道路と比べると同じ30坪でも、300万円も高く設定されている。南西の角地などはなんと北道路よりも500万円アップである。一番奥の3mしか接道しない土地が二つある。この土地はどちらも安めの設定で、北側が南側よりも100万円高いけれど、位置指定道路に面しているほかの土地よりは200万円も安い。

僕はこの一番奥の北側の土地、つまり安いほうから2番目の土地をお勧めした。この土地は南側に自分の駐車スペースを取るので、最低でも3mは南側に隣地からの引きが取れる。そして多分隣地もこちらの駐車スペースに並べるように、駐車スペースを確保する可能性が高い。もしそうなれば、南道路と同じような6mの引きが取れることになる。そうなれば、南道路よりも400万円も安く、同じような条件が生まれる。もしそうならなくとも、民法の規定により3,5mは引きが取れるのである。

というわけで早速土地の購入申し込みをすることにした。Hさんも早速対応してくれて、無事に抑えることができた。土地の購入は出会いである。好条件のものは1週間持たずになくなってしまうことが多いので、素早い検討が大切だと思う。

2017/06/15

朝一番で、埼玉県川越市にて進行中のSさんの家の現場確認。現場は全面リフォームのための解体工事が終了した状態である。ほぼスケルトン状態の木造住宅というのはなかなか見ていて面白いもので、写真のごとき荒々しい魅力がある。あちらこちらの隙間からは光が差し込み、床をはがしたところには地面の土がむき出しとなる。昔の家は今のようにコンクリートのべた基礎などないので、この土の上にコンクリートの基礎のようなものを置き、その上に束立てをしている。一見いい加減な施工に見えるけれど、数十年たった今でもしっかり固定されているのは見事なものだ。

20170615.jpg

今日は大工さんも現場に来てもらい、今後の工事の進め方についての相談を行った。壊してみないと何とも言えないのがリフォーム工事の面白いところでもあり、怖いところでもある。僕が昔経験した現場では、あまりにも多くの構造材が腐ってしまっていて、リフォームのつもりで始めた工事が結局は新築になってしまったというような事例もあった。今回も2階の床を支える梁のレベルが4センチほどたわんでしまっているなどの現象はあるけれど、この時代の建物にしてはとても良い状態を保っていると思う。いよいよ来週からの本格的な工事が始まる予定である。

2017/06/13

午前中は、埼玉県川口市にて新築住宅を検討中のSさん打ち合わせ。奥様と息子さんとの3人暮らしのSさん、40年ほど暮らした家を壊して新しく建て替えることを検討している。今回は1回目のプレゼンテーションということで、二つのプランをご提案させていただいた。

夕方、埼玉県加須市にて新築住宅を検討中のNさんご夫妻打ち合わせ。2回目のプラン提案である。3500万円ほどの総予算をどのようにコスト配分するかの想定と、その際の各種仕様の想定を含めてのご説明をさせていただいた。

最近またテロ事件が増えているような気がする。ロンドンでの事件のせいであろうか。知らない都市で何回か起きた事件よりも、よく知る街で起きた1回の事件のほうが受け取る側のインパクトは大きい。そして、日本でもこのテロを防止するための法律が成立しようとしている。そもそもなんでこんなにあちらこちらでテロが起きるのか。そもそもは、アメリカへの反発、宗教や思想といたところに端を発しているのかもしれないけれど、今あちらこちらで起きているテロ事件はグローバリズムを通じて自由主義、利益追求主義が拡大し、世界的に格差が広がった結果であるような気がする。つまりすでにイスラムの問題だけではないと思う。

一方そうした時代に呼応するかのように、ナショナリズム的・保護主義的な政策が強くなっている。そうした声を強く大きく上げる政治が力を持つ時代へと向かい過ぎれば、最悪は過去の過ちを繰り返してしまうという結果に陥るかもしれない。イギリスでメイ首相が選挙に敗北したことも、その前にキャメロン首相が国民投票で予想外の敗北をしたことも、現状に対する不満の声の結果でしかないような気がする。どちらにすべきかの冷静な判断をしているのではなく、大勢にあらがうことで不満をぶつける結果が選挙結果として現れる流れが定着すれば、そもそも民主主義の根底すら危うくなってしまうのではないかとも思う。トランプのごときポピュリズムに傾倒した政治家ばかりが台頭する時代にはやはり恐怖を感じる。

自分自身に目を向ければどうか。日本人に何ができるのか。戦争に負け、原爆を落とされた国民は日本人だけである。ポピュリズムでもなく、軍事行為でもなく、つらい思いをした国民だけができる何かがあるような気がするのである。

2017/06/12

午前中は、明日打ち合わせ予定の埼玉県加須市にて計画中のNさんの家のプランに関する最終スタディー、予算構成書の作成などを行う。

夕方、30分程度の畑作業。今の時期の畑は玉ねぎとジャガイモの収穫作業がメインである。今年の玉ねぎはなぜだか一部にネギボウズができてしまって、そのネギぼうずができてしまったものは、実の一部が硬くて食べられないような状態になってしまっている。じゃがいものほうは問題なくすくすくと育ち、とてもおいしく出来上がった。突然家に数百個のジャガイモの収穫が運び込まれると、我が家の食事には急にじゃがいものメニューが多くなる。ポテトサラダ、ポテトフライ・・・どれも子供たちの好物である。30分ではとても終わらない作業、また水曜日に行くことにしよう。


2017/06/11

家づくりで最も大切なことは、その人のライフスタイルに合った設えを作ってあげることだと思う。自然素材を使った木の空間が好きな人には無垢の床材をふんだんに使った家を作ったり、なるべく人工的な着色を行わなかったりの意匠的な工夫をすることで、とても温かみのある空間が出来上がる。

写真の住宅は数年前に造ったTさんの家。この家のクライアントは、自然素材の色以外はあまり見えてこない、つまり時間とともに変化するような自然の色だけに囲まれて暮らしたいというような考えを持っていた。そういう嗜好に基づいて選定したのは、杉の床材である。杉というのはとても柔らかい素材なので、床に貼ると傷がつきやすいという欠点がある。でも、逆に言うとはだしで歩きたくなるような優しさがある素材といえる。日本の山には杉の木がたくさん生えているから、比較的安く購入することも出来るのである。

キッチンにはモルタルを使用している。モルタルはセメントが固まった状態のことを言うのだけれど、この表面に撥水材を塗装するとキッチンの天板に使用することができる。無垢の木の面材と合わせるととても味わい深い造作となる。

天井や床の支えには、普段梁で使用する米松材を使用した。梁のサイズは105mmか120mmなので、それを半分にスライスするとちょうどよい幅になる。455mm間隔で頭の上を軽やかに流れる垂木や根太は空間にリズムを生み出す。

こういう造形は数値では測れない。断熱等級や耐震等級というような断熱材をたくさん入れたり、筋交いをたくさん入れたりの結果ではない。そんなに簡単に作れるものではないのだ。どうやって作り出すかって・・・、それは一つ一つの家を丁寧に建築家が設計するしかない。夜遅くまで模型や図面と向き合いながら、こんな空間を作りたいという強い思いをもってデザインした結果しかないのである。

僕たちがやっているような家づくりはたくさんはできない。一人が一年に2軒・・・そんなものだろう。ますいいのスタッフはみなが建築家としてその設計をやっている。一年に2軒程度の作品しか作れないからこそ、信頼してくれて任せてくれたクライアントには誠実に答えたいと思うのである。

20170611.jpg

2017/06/08

ますいいにアルバイトに来ている大学生4年生のT君が卒業論文のテーマにセルフビルドを取り上げてる。セルフビルドの可能性、経済的効果、広がりなどなどについて調査研究し、卒論としてまとめ上げたいということである。セルフビルドを分類すると、
・施主が作業を行うこと
・施主が設計にかかわること
・施主が部材の調達にかかわること
に分けられる。

それをどの程度まで行うかについては、
・すべての作業を自分でやってしまうユートピア的な種族
・基本的にはプロに任せながら、社会生活を送りながら無理のない範囲でかかわる人々
に分けられる。

ユートピア的な種族については、建設期間無制限で仕事もしないで自分の家を建設するような人々なので、議論する対象からは外したほうが良い。社会生活を送りながら無理のない範囲で建設にかかわる人のセルフビルドこそが、ますいいで取り組む対象である。

まずは上記の分類に従って、これまでのますいいの実績データをまとめることがスタートである。すでにますいい本の中にも、簡単な経済効果の紹介をしているけれど、さらなる広がりが発見できれば良いと思う。

下の写真は以前作ったさんかくの家の工事中の様子である。親子で漆喰を塗っているこの日は、実はお友達も大勢参加していた。もちろん僕もである。

20170608.jpg

これは左官屋さんに造ってもらったキッチンだ。モルタルの天板に穴をあけて、蓋を取ると収納になっている。セルフビルドではないけれど、モルタルの作業を簡略化して格安で仕上げることができた。

20170608-2.jpg

これは鋼製の筋交いである。構造計算の結果に基づき、地元の鉄工場で作ってもらった格安品である。もちろん取り付けは大工さんにお願いしている。

20170608-3.jpg

こういう事例を考えていくと、セルフビルドに限らずに「素人でも扱うことができる工作技術を取り入れること」、つまりますいいの生みの親でもある石山氏が言う「開放系技術」にまで目を向けたほうが広がりがあることがわかる。参考資料にジャン・プルーヴェの資料を渡した。よい卒論を作ってくれることを祈る。

2017/06/07

朝礼終了後、各プロジェクト打ち合わせ。埼玉県加須市にて設計中のNさんの家については、平屋の案と2階建ての案の二つの案をスタディーしている。埼玉県北部の建設地では、都心と比べると非常に恵まれた敷地であることが多く、その開放感を生かしての平屋、もしくは平屋のような1階部分の大きな建築を設計することが増えてくるのである。

続いて、埼玉県川口市にて設計中のYさんの家のリフォームについて。Yさんは僕が茶道を習っている社中の先輩である。今回はお嬢様の結婚、出産に伴い、昔御両親が住んでいた旧家をリフォームしたいという計画だ。小さな家が建つくらいのご予算でのリフォームだけに慎重に設計を進めていきたいと思う。

午後、宮大工の鈴木さん来社。東京都豊島区にて計画中の本納寺本堂屋根工事についてのご相談である。屋根の葺き替えといっても数千万円の大工事である。お寺をすっぽりと覆う素屋根足場が500万円・・・・、とにかく価格の感覚が住宅と異なるのである。宮大工の世界、と許されていた時代はそれでよい。そういう時代は寺に布施がたくさんあったのだろう。しかし今はそうではない。無駄なお金は使わずに、次の時代に引き継ぐものを作らなければいけない。さてさてどうするか。まずは足場と解体くらいは住宅の価格で行なわなければいけないだろう。大工さんはやっぱり宮大工が良い。これを妥協したらもう寺ではなくなってしまうような気がする。屋根工事、増築した新しい部分はそのままにしようか。ジャンルは変われど、僕はいつもコストダウンの工夫をしているのである。

2017/06/05

朝礼終了後、埼玉県東松山市にて設計中のKさんの家のスタディー。減額案の提案内容の精査や、耐震等級3を満たすための壁の配置計画についての考察等を担当の渡辺君と一緒に進める。結果はおおむね良好である。地震が多い日本という国での家づくりは、当然ながらそれに立ち向かうことを前提とした強さを兼ね備えなければならないのだけれど、法律で定められている耐震等級1を満たせばよいという認識は終わり、それ以上の強度を求めるほうが増えてきているような時代である。今回もしかり。あらかじめ多めの壁を配置していたので、等級をクリアすることはできそうである。

最近はなんとなく住宅の依頼が増えているような気がする。土地の価格も上がっているので、低金利の時代に住宅の取得を考えている人が増えているのだと思う。人口が減り、空き家がこれほどまでに問題となっているのに、それでも家を建てる人がいる。僕たちにとってはとてもありがたい話なのだけれど、でもあんまり土地の価格が上がったりの現象は好ましくないような気がする。そしてこの住宅ブームが去った時の静けさもまた好ましくない。景気に波があるのは当然のことだけれど、なるべくなら平準化すればよいのになと思うのである。

以前屋久島に建てた住宅のことを思い出した。通り土間が真ん中にあって、両側にLDKと寝室を配置した。海に面した土地で、山側にはモッチョム岳という山が見えた。当時世田谷に住んでいたMさんご夫妻が移住を決意し、その設計を僕に依頼してくれたのである。内外装には杉の羽目板を貼っている。構造材には無垢の杉材を使用し、大工さんの手刻みによる構造を意匠としてふんだんに表現した。決して豪華ではないけれど、素朴な自然の仕上げをご夫婦ともにとても喜んでくれた。奥様はもういない。数年前にお亡くなりになった。建築したのが2006年だったから10年くらいはこの家に住んだことになる。決して長くはないこの時間を、でもきっと満足して過ごしてくれたと思う。家とは、必要な時に必要なもの、ついつい将来とか老後とかって考えてしまうけれど、まずは今を最高に心地よく過ごすことができる場所でなければいけないのだと思う。

最近の家づくりでは様々な制度が僕たちを惑わせる。クライアントも惑わせる。何が本当に必要で何が心地よいと感じる源なのか・・・。答えが簡単にわかるものではないからこそよく考えたいと思う。

20170605.jpg

20170605-2.jpg

20170605-3.jpg

2017/06/03

今日は一番下の娘の運動会である。子供の運動会を見るなど何年振りかと思うのだけれど、たまたま午前中だけ時間が空いたので足を運んでみた。会場にはたくさんの親御さんがいる。大きなカメラを持った人もいれば、テントの中で本を読んでいる人もいる。最近は運動会の会場にテントを建てるのが流行っているようだ。僕の奥さんも自転車で簡易テントを運んでいた。お弁当屋さんで出前をとって、何人前もの食事を運んでいる人もいた。親戚一同のパーティーでもやるのであろうか。僕はといえば堤防の中断、つまりグランドからは50mほど離れた場所から全体の様子を見渡していた。荒川の河川敷のグランドで、それぞれ思い思いの観戦をしている様子を客観的に眺めていると、いろいろな人のいろいろな思いが見て取れてなかなか楽しいものである。12時ごろまで会場にいて、家に戻った。

午後は東京都町田市にて会合に参加。21時ごろ帰宅。

2017/06/01

今日は思わぬお通夜があった。古くからの地元の知人のお母さんが68歳という若さでお亡くなりになったのである。人の人生というのはわからないものだし、僕だっていつ何があるかわからない。「人生というのは、たまたま今の仕事とか地位とかにいるだけで、それはあくまで仮の居場所であって、いずれは誰かにバトンタッチをしなければいけないのだよ」と教えられたことがある。こういう話を聞くと少しだけ気持ちが楽になる。誰だって将来の不安を拭い去ることなどはできるはずもなく、結局は今を懸命に生きるための教えなのだと思う。

風のうわさでその知人が、お母さまの亡くなる1週間ほど前に、やるつもりのなかった結婚式を家族だけで執り行ったという話を聞いた。もしもそれが本当の話ならとても良かったと思う。そういう気持ちを受けて最期を迎えることができるのとそうでないとでは全く違うだろう。

一期一会という言葉がある。この出会いが、この人生の中でただ一度だけの機会であるかのごとく感じ、ともにいる時間を大切にせよという教えでもあり、今この時を懸命に生きよという教えでもある。僕はこの言葉を幼いころから教えられて育った。共通の知人が多いので、通夜の場でもいろいろな人に出会ったけれど、今日はとても親しい昔なじみの仲間と時を過ごすこととした。もちろんみな共通の知人である。決して届かない思いだけれど、それでも故人を思って一夜を過ごした。

2017/05/31

午前中川口市のグリーンセンター内にあるシャトー赤柴という施設にある、50年ほど前に天皇陛下がお泊りになったという部屋の改修工事に関するプロポーザルコンペのプレゼンテーションに参加。この計画は、50年前に天皇陛下がお泊りになった部屋を展示用に整備するというものである。つまりは小さな部屋の小さなリフォーム、とはいえ展示に耐えうるデザイン性が必要なプロジェクトだ。約20分ほどのプレゼンを終えて終了した。

提案の中で、一部に川口市の鋳物製品を使うことを考えた。川口市というのは昔から鋳物の街で有名なところで、吉永小百合さんの出演したキューポラのある街という映画は知っている人も多いと思う。ちなみに僕の父はその鋳物製品を加工する機械加工業者の息子として生まれ、僕の母は鋳物を作るための木型屋さんの娘として生まれた。僕が小さいころ木型屋さんのおじいちゃんから小学校で使う道具箱を作ってもらった。みんながプラスチックの箱を使っているのに僕だけは無垢材でできた特製の箱を使っているのはとてもうれしかった思い出がある。4年生の時に亡くなってしまったおじいちゃんの思い出は今でもしっかりと僕の中に残っている。

昔はこんな風に鋳物の業界のどこかにかかわっている人が圧倒的に多い町だったのだけれど、時代が変わり工場が海外や地方に移転した結果、関連する零細企業の多くは業態を変えていった。結果、僕は建築をやっている。僕の従妹は、木型屋さんの加工技術を利用して無垢材のおもちゃ屋さんをやっている。ちなみに彼はNHKの番組で手作りおもちゃの指導をするほどの人気者だ。モノづくりの精神はいろんな形に変化して、でもこの町に確実に残っている。こういうものは町のアイデンティティーと言える。とても大切なものである。だから何らかの形で残さなければいけないと思うのである。いろんなものがあふれる世の中である。でもそのほとんどはなくてもよいものに思える。せっかく作るのだから、・・・よく考えて作らなければいけないのだ。

2017/05/30

朝礼終了後、埼玉県東松山市にて設計中のKさんの家の打ち合わせ。今日は3回目の減額調整打ち合わせである。Kさん曰く、まるでダイエットのごとき減額調整、初めは余分な汗がたくさん出てくるけれどだんだんと一滴一滴を絞り出すかのような苦労が伴う。とはいうものの今回も100万円ほどの減額項目を提示することができた。あと一息というところである。次回に向けてまた考えを進めていこうと思う。

午後、設計中の住宅の外壁についてのスタディー。メンテナンスがなるべく必要のない外壁が良いといわれた場合、まず候補に挙がるのがガルバリウムである。この素材はアルミと亜鉛、シリコンからなるアルミ亜鉛合金をメッキした鋼板のことで、錆に強い。耐用年数は30年ほどといわれている素材である。薄い鉄板なので加工性が良く、既製品のスパンドレルのような製品を外壁に貼ることも出来るけれど、板金屋さんに加工してもらって平葺きのような貼り方をすることも出来る。写真はその平葺きの様子である。コーナーのおさまりなどを工夫することでシャープに見せる工夫などができるのが良い。デザイン、性能、コストに優れた素材といえると思う。

20170530.jpg

< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
page top