ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 増井真也日記top

増井真也日記

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2018/03/08

9時、埼玉県川口市にて新築住宅を検討中のTさん打ち合わせ。Tさんは共通の知人であるHさんのご紹介でますいいリビングカンパニーに足を運んでくれた。Hさんは以前ブログでご紹介したことがあるけれど、僕の自宅の寝室のカーペット貼りを実演してくれた内装屋さんである。こうしてご紹介をしていただけるのは何よりもうれしいことだ。さてさてTさんの家、なんでも区画整理の換地が出るということで新築住宅を作ることとなった。区画整理というのは細くてくねくねとした自然発生的な街並みを整然とした区画に整理する事業であり、地権者や行政職員から構成される組合が窓口となって事業運営を進める。道路が広くなったりの整理事業の過程では、土地の場所が変わったり広さが少々狭くなったりの変更が生じる。そして家の場所が変更される場合には、家を建て替えるための補償金が支払われて、その補償金に自己資金をプラスして建て替えを行うことになるのだ。お昼ごろまでの笑談の後終了。普段ダムなどの土木のお仕事をされているということで、畑違いの興味深いお話を伺うことができた。こういう機会もまたこの仕事の楽しいところであるのだ。

14時、母の友人の依頼で計画しているリフォームの現地調査。お父さんが営んでいた水道工事業の倉庫の一角にある部屋をリフォームして、事務所にするという計画である。今日は塗装兼防水屋さんと解体屋さんを招いての現地打ち合わせである。約60年ほどであろうか、お父さんの事業に合わせて次々と作られた建物群や、その中にある大量の物たちをどのように整理するかの道筋を建てながら、なおかつ鉄骨造3階建ての母屋をこの先30年住み続けることができるようにするためのメンテナンスを考えて指示を出させて頂いた。

最近の建築は寿命が長い。昔のバラックのごとき建築は姿を消し、100年は使えるのではないかと思うような強固な構造の建築が増えている。木造住宅に関していえば、昔は無筋コンクリートの布基礎の上に、筋交いもほとんど入っていない構造体が作られ、その頭には重い瓦が載せられていた。次の世代になると、べた基礎なる基礎形態が主流になったが、その基礎に入っている鉄筋の量は今よりも少なかったように思う。そのうちに不動沈下を防ぐための地盤改良が行われるようになった。ホールダウン金物などの構造金物を仕口に取り付けて、部材が外れるのを防ぐことも行われるようになっている。基礎の構造もどんどんと頑強になっている。とにかく建物は丈夫になったので、その結果長持ちする可能性は高まったのだ。今回の依頼では、もうすぐ退職する僕の母の友人が学生時代を過ごした小屋をリフォームし、そこで育った鉄骨造の住宅をメンテナンスする予定だ。お父さんが作ってきた作業小屋やパイプ保管庫なども解体し、崩壊の危険のある屋根を取り壊したりの安全措置も行う予定である。長い暮らしの中で積み重なったすでに不要なものを取り除きつつも、理屈では不要だけれどまだ取り除くことはできないものはそのままにしておくという、とてもデリケートな調整をしつつ計画は進められているのである。

2018/03/07

朝10時、二人のスタッフ面接。二人目のコン君、韓国の建築系大学を修士まで学び、日本が好きで日本人と結婚して定住しているという。1歳になる子供もいるという。そして夢は建築家になること。何とも素直で良い感じがしたので、来週月曜日から会社に呼ぶことにした。実際に模型を作ってもらうと、これまたますいいのスタッフ顔負けの技術である。実際にどこまでできるかわからないけれど、でも良い人材は世界共通である。そして夢も世界共通である。建築という共通の言語があれば多分うまくいくと思うのである。

夕方、埼玉県川口市にて事務所建築を検討しているSさん打ち合わせ。80坪程度の鉄骨造2階建て事務所の設計の依頼である。今の時代には少々きついローコストの予算との調整をうまく行いながら、店舗系の事務所としてふさわしいデザインを考えなければいけない。これまた難しい仕事なのである。

2018/03/06

今日は昨年から今年にかけて作ってきた埼玉県さいたま市にあるYさんの家の雑誌取材。担当者の柳沢君と私の妻、そして僕の3名で取材に立ち会った。扶桑社さんの住まいの設計のほうからは坂本さんとカメラマンさんのお二人がいらしている。Yさんはご家族3人総出で出迎えてくれた。Yさんの家は南北に細長い土地に建つ木造2階建ての住宅である。両側に建物が建っているこういう土地はどうしても建物の中心部に光が届かない事となるのだけれど、この計画ではすのこ状の吹き抜けを、南側のリビング上部と建物中心部の廊下の上部に設けることで、家中に陽の光が入り込むように工夫している。カメラマンさんもその部分に光が差し込むタイミングを見計らって撮影をしてくれた。写真の感覚というのはこの光一つでも大きく変わるもので、設計の意図が伝わるような写真を丁寧に撮ってくれるカメラマンさんはとてもありがたいのである。

夕方、東京都荒川区にて新築住宅を検討中のSさん打ち合わせ。現在検討中の土地での建築計画についてのお話をさせて頂いた。Sさんはもともとますいいで働いていた早稲田大学の後輩の佐野君の紹介でいらしてくれた。Sさんも同じく大学の後輩である。こういう仕事は縁でやることが多いのだけれど、今回もとても大きなご縁を感じる。ちなみに佐野君はご実家のある静岡県で「さのさのリビングカンパニー」なる会社を運営している。子会社でもないし、フランチャイズでもないけれど、でもますいいリビングカンパニーの理念はしっかりと受け継いでくれた会社であることは間違いない。そしてその名前にちょっと笑ってしまうのである。

2018/03/05

朝礼終了後各プロジェクト打ち合わせ。今日から埼玉県川口市にて進行中のHさんの家の土台敷き工事が始まった。土台敷きというのは大工さんが基礎のコンクリートの上に土台と呼ばれる角材を固定していく工程で、この土台の上に柱が立つことになるとても重要な部分である。敷地は会社から徒歩2分ほどの近所なので、現場の管理は至極やりやすい。施主は大学の後輩である。これでよい家ができぬはずはないのである。

20180305.jpg

夕方、東京都両国にて設計中のKさんの家のリフォーム工事打ち合わせ。今日はプランや収納などについてのご説明を行い、一つ一つの使い勝手や寸法を確認をしていく作業を行った。マンションリフォームでは限られたスペースを上手に使い新たなご要望を実現することを求められる。今回の打ち合わせで悩んだのは玄関だった。玄関の幅を現状の1400ミリ程度から900ミリ程度に狭くする設計をしていたのだけれど、最終的には間を取って1200ミリくらいを狙ってプランを変更していこうという方針を立てたのである。確かに玄関の幅が狭いのは圧迫感がある。でもそれを広くすればほかのスペースで現状よりも広くしたいというご要望を実現することが難しい。どちらを取るか、間を取るか・・・最後は感覚的な正解を探るしかないのだ。22時過ぎ帰宅。

2018/03/02

今週末は日曜日まで京都にて裏千家の行事に参加している。今日はアトキンソン氏の講演会を聞いたのだけれど、これがとても印象に残った。アトキンソンさんという人はイギリス人の貴族出身の方で、以前はゴールドマンサックスの副社長さんを務めたような方であるけれど、今は小西美術工藝社という日光東照宮の漆のメンテナンスをしている会社の社長さんを務めている。なんでも日本の漆産業のシェアの1/3を占めているというからとてもすごい会社なのだけれど、それまでは全世界に4万人もの社員がいる会社の副社長さんだったというから、ご本人に言わせればちっぽけな会社なのかもしれない。

それにしても京都というのはさまざまな建築があって面白い。今回は国宝茶室の密庵を見ることができた。特別公開などを一切しない住職さんがいるということで有名なので、俗に日本一見ることが難しい茶室などとも呼ばれている。この茶室は綺麗さびといわれる遠州好みの茶室で、利休が好んだわび・さびの世界観とは少々違う趣がある。例えば漆塗りの床框があったり、障子は吹き寄せ桟で桟の間には宝珠の文様の布が張ってあったり、釘隠しにはとても精巧な彫金がされていたり、・・・戦国の世も終わりちょっと余裕が出てきたころだからであろうか、室町時代にあったような装飾が再び頭をもたげてきた、そんな時代の茶室である。ゆっくり時間をかけて拝見することができるのかと思いきや・・・やはりこれぞ禅寺のお坊さんというような性質の持ちぬし、あっという間に時間は終わり見学は終了してしまった。まあ、そんな住職さんがいるからこその価値かもしれないのである。

2018/02/28

朝礼終了後各プロジェクト打ち合わせ。

東京都国分寺市にて設計中のJさんの家のプラン修正について。今回は主にテラスの上部にかかる屋根をどのように設えるかについてのスタディーである。本体と一緒にするべきか、それともテラスの屋根だけを独立して設えるか・・・。もうしばらく考えることとしよう。

夕方、林君と一緒に埼玉県川口市にて進行中のHさんの家の現場へ行く。現場では何をしているというわけではないのだけれど、基礎工事を終えて綺麗な基礎が出来上がっている。何にもない土地はものすごく狭く見えるのだけれど、基礎が出来上がると急に家のスケール感がリアルなものとなるから不思議だ。6畳の部屋は6畳の広さに見えるし、1坪のお風呂もそう見えてくる。人の感覚というのは常に何かと何かと比較してそのものの広さとかの認識をするようで、何もない広場のようなところで感じる6畳と、住宅のスケールの中で感じる6畳では全く異なる感じ方をするのである。

20180228.jpg

2018/02/27

朝礼終了後、東京都台東区にて設計中のSさんの家の打ち合わせ。確認申請完了前の段階ということで、壁量計算や構造の考え方などについての説明をさせて頂いた。Sさんの家の敷地には古い家が建っていた。解体工事を済ませてみると、土地の中から何やらよくわからない小さな小屋の基礎のようなものが出てきた。細かいガラもたくさんあって、このままでは工事ができないということで解体工事屋さんにきれいにしてもらうことになった。都心の土地は関東大震災や東京大空襲などを経験しているので、地面の中から埋設物が出てくるということはよくあることである。場合によっては不発弾なんてものが出てくる場合もあって、そういうケースでは自衛隊が出動していたりのニュースになったりもする。今回はおそらく小屋か何かの基礎であろうと思われるのでそこまで大ごとにはならないと思うので安心だけれど、以前板橋区で地下室のある家を作ったときには、地下2mくらいのところにぎっしりとコンクリートの塊が敷き詰められていたなんてこともあった。その土地の周辺の住民に聞いてみると、なんとその土地は以前解体屋さんが所有していて、地盤のレベルは今よりも2mくらい低かったらしいのである。そこにぎっしりとコンクリートの塊を敷き詰め、上に土をかぶせて、そのまま分譲地として売却したというのだから、今では考えられないような暴挙が昔は当たり前だったということなのであろう。

午後、東京都杉並区にて新築住宅を検討中のUさんの家の敷地調査。都心の住宅密集地の敷地である。南側に建物がせまっていて、北側と西側で接道している角地だ。低層住居専用地域なので上部からの光は永続的に期待できるから、南上部の光に注目した設計をすることになるであろう。西側にも一部視界の通る隙間がある。北側の集合住宅の上の空もきれいだ。敷地周辺の状況を分析しつつ設計を進めていきたい。

20180227.jpg

続いて埼玉県和光市に設計中のKさんの家の敷地調査。敷地の南側は集合住宅の駐車場となっており大きく開けている。近所では大型の分譲開発工事が進められているけれど、そこは敷地から結構離れているのであんまり関係はないであろう。中庭のある家を検討中なのだけれどこの条件であればしっかりと光を取り込むことができそうだということを確信した。西側のアパートの窓がすべてこちらを向いていることが少々気になる。この視線対策は何らか考えなければいけないかなと思う。18時ごろ帰事務所。

20180227-2.jpg

2018/02/25

10時30分、新宿デザインセンターオゾンにて東京都杉並区にて新築住宅を検討中のUさん初顔合わせ。家づくりのご希望などについてのお話を伺った。12時過ぎまで。

終了後、スタッフの渡辺君と一緒に近くのお寿司屋さんにて昼食。回転ずしかと思ったら、板前寿司なるスタイルである。板前寿司とわざわざ書くのはなんでかとも思うけれど、回転ずしがここまで普及している新宿の繁華街では板前寿司のほうがレアなのかもしれない。カウンターの中には板前さんがいて、注文するとそれをウェイトレスさんに言って伝票を書く・・・なんだか変な感じだなあの感あり。中国人らしきお客さんのグループは、カリフォルニアロールの注文である。板さんは一人でトッピングのカイワレやら海老やらに悪戦苦闘。まるでデコレーションケーキを作っているような様相だ。この国も変わったなあと感じつつ、これが国際化なのであろうか。

寿司屋など本来日本の文化であると思う。海外のスタイルを逆輸入して、観光客向けにアレンジするような媚の売り方が本当に必要なのだろうかとも思ってしまう。かたくなに寿司屋の伝統を守り続けるような頑固おやじのいる店が僕は好きだ。川口のそんな店のおやじはすでに72歳である。若い人たちのそんな店もちらほらと出ているけれど、総量は減る一方のように思える。

近所のソバ屋も「しげる」1軒だけになってしまった。3軒あった内の2軒である、「大むら」と「まるまん」は高齢化でやめた。そのうちの1軒の「まるまん」は娘さんが一緒にやっていたのに、両親の引退とともにやめてしまった。家の1階の店舗は使用されないまま眠っている。おいしいそばを作ってくれればと思うけれど、もうそれもかなわない。そして最後の1軒である「しげる」もすでに70歳を超える店主がぎりぎり営んでいる状況である。その代わりというわけではないけれど近所には「丸亀製麺」なるうどん屋さんができた。街のあちこちにあるチェーン店である。どこもかしこも同じ味、個性のない店が増えている。

「くらかわ」という料理屋さんが浦和にある。メニューはコースのみ、季節の料理を出してくれる。酒は日本酒のぬる燗だ。ビールを頼むと意地悪で小さなグラスが出てくる。店主はまだ40代、若いけれど個性的なこだわりの店である。髪型は僕と同じ丸坊主、そして僕よりもかなり短い、というより多分剃っているような感じだ。修行僧のごとき雰囲気の人物から、まるで美味しんぼのような感動的なメニューが生み出される。

食は文化である。そして幸せを感じる大切な瞬間である。よい店が増えてほしい、切なる願いである。

2018/02/24

朝礼終了後、千葉県流山市にて設計中のIさんの家の打ち合わせ。基本設計のプラン修正を繰り返し、今回はいよいよご希望に叶うことができた感ありである。基本設計なるもの、一度で答えが出るはずもなく、やはり微調整を繰り返しながら理想に近づくものだと思う。回を重ねるごとに敷地の特性や、クライアントのご要望に対する理解度が深まり、結果よいプランとなるのである。

午後、東京都国分寺市にて設計中のJさんご夫妻打ち合わせ。吹き抜けを持つ木造2階建ての住宅である。敷地の南側はお隣の建物が迫っているので、吹き抜けを介して上部から取り入れた光を1階のリビングまで取り込むように計画している。吹き抜けの上部には風が抜けるための窓を設け、自然の力による空気循環を促す。さらにはパイプファンによる強制的な空気循環も取り入れる予定だ。この住宅では薪ストーブを設置することを希望されている。これまでもいくつかの薪ストーブやペレットストーブを取り付けてきたけれど、やっぱり本物の火を見ながらくつろぐことができるのは格別のものだと思う。薪ストーブの下の床の仕上げは土間モルタルをご提案した。モルタルと木はとても相性が良い。そして鉄の黒い色もよく合う。どれも自然の素材の力強い色だからである。

夜、芝浦工大の建築学科に通う知人の息子さんと会食。建築の世界についての話を聞きたいという。建築と一言で言っても世界は広い。分野もさまざまである。僕が話をできることは僕が知っていることだけだけど、役に立ったのであろうか・・。おやじのたわごとで終わってしまったような気もするのである。

2018/02/23

朝礼終了後各プロジェクト打ち合わせ。

東京都小金井市にて設計中のOさんの家の打ち合わせ。今日は第1回目の見積もり提示である。予算は1630万円、延べ床面積20坪、ローコストの狭小住宅は毎回この見積もり作業に苦しめられるのだけれど、今日は約150万円の予算オーバーとなった。まあ初回としてはまずまずである。ここから減額案を進めていけばきっと目標に近づけるであろう。

注文住宅の設計をするときにはあまり予算にとらわれずに設計を進めるようにしている。もちろん広さや構造などは現実的なところを目指すのだけれど、すべてがちぢこまっての設計をしてしまえばそれは建売のごとく魅力のないものになってしまうであろう。

① 魅力的な理想像を描いてみる
② 予算の範囲で実現可能な範囲を探す
③ できなかったところをセルフビルドで実現する

この工程を踏めば、その建物は建売のごとき建築ではなく、プロと素人が力を合わせて実現する理想形となる。アスタリスクカフェではこの手法で1200万円の住宅兼カフェを実現した。オーナーの平山さんは下のスケッチのごとき理想像を持っていた。ちなみにこのスケッチも平山さんの手によるものなのだけれど、こういう理想像を実現してほしいと何件もの建築屋さんを訪れては、断られたそうである。なぜ・・・それはすべてを1200万円で実現することが不可能だからだ。僕も初めは断ろうとした。でも平山さんの中にある理想と、それを実現したいという強い思いを見たとき、つまりは打ち合わせの中での熱意を見たときに、この計画は1200万円でも実現するだろうという予感がしたのである。この建築は巧三大の漫画の題材にもなった。テレビ番組でも紹介された。多くのカフェの紹介誌に掲載された。そしてカフェとして多くのファンに支えられている。お金をかければよいというものではないんだなあ、の典型的な例であるのだ。

20180223-2.jpg

2018/02/20

朝礼終了後各プロジェクト打ち合わせ。

夕方より東京都にて設計中のSさんの家の打ち合わせ。これまで基本設計を進めてきたのだけれど、ここでようやく家づくりの方針を決定することができた。車いすでも上り下りができるような家の中のスロープを計画したりもしてきたけれど、最終的にはゆったりとした幅広の階段を設置して、もしもの場合には階段昇降機を取り付けられるように配慮するという方針である。この住宅でここまで様々な計画を検討しているのは、エレベーターを採用した場合に想定される地震時の閉じ込めに対する恐怖からである。この問題は都市のありとあらゆる部分に潜む問題なのだけれど、代替え案を考えるというのは意外と難しいのである。

文明の利器、機械ものを多く使用すれば、壊れやすい住宅となる。多くの電気製品の保証期間は1年、例えばエネファームのごとき省エネ型の給湯器も10年間しか使用することはできない。そのあとは・・・買い替えを推奨されるのだけれど、10年たっらら再び仰々しい機器を購入するなど、これはいったい省エネなのであろうかの疑問もわいてしまう。ソーラーパネルもしかり。そういえば最近ゼロエネルギーハウスの分類の中に、ソーラーパネルがないバージョンやら、はたまたさらに進化したバージョンやらが作られている。自動車の充電設備があるものとか、エネルギーコントロールのシステムの導入とか・・・経産省はいったい何を目指しているのやらだ。利便性は確かに大事であるけれど、今の住宅の姿をこれ以上進化させてもいったい誰が喜ぶというのであろうか。スマホでエアコン操作ができて、カードで鍵が開いて、・・・これらをひたすら開発する先に何があるのか本当にわからない。家は雨にぬれずに風に吹かれずに、食事をして、寝れて、寛げて、そういう場であればよいのだ。

2018/02/19

午前中各プロジェクト打ち合わせ。埼玉県川口市にて進行中のHさんの家では、現在基礎工事を進行中である。地盤改良は天然砕石を利用した工法を採用した。この工法はセメントを土と混ぜて柱状に改良を行ういわゆるセメント柱状改良とは異なり、石を埋めるだけだから将来家を壊す時には地面の中まで気にすることが無い、つまりは土地に優しい工法である。現在は基礎のコンクリートを打設したりの工事中である。この工程が終わるといよいよ大工さんの出番。楽しみなところである。

20180219.jpg

夕方、川口市立西中学校にて学校評議員会議に参加。この制度は学校の運営に対して助言などを行うというもので、僕がPTAの会長をやったという関係で役を仰せつかったという次第である。もしも学校がスクールウォーズのごとくに荒れ果てていたらとてつもなく大変な役だと思うのだけれど、今の時点での西中学校はとても平和で優秀な学校だから、会議をしていてもあまり大きな問題はない。でもその時代その時代に問題は全くないということはないわけで、今の目下の問題は先生の労働時間の短縮という、え?と思ってしまう問題、つまりは教師の側の問題なのである。

中学校の教師というのは、部活動を見る。そして多くの運動系の部活動は土日関係なく活動をしている。一部に地域のボランティアなどが指導参加している部活もあるけれど、原則として部活動には顧問の立ち合いが必要だから結局先生はずーっと参加している。強豪の柔道部などでは盆正月の1週間しか休みがないなどという話をよく耳にするが、先生も同じように休みがないのである。一年365日のうちに盆正月の1週間しか休まないというのは、さすがの設計事務所でもない話だ。

教育委員会は残業を減らせ御指導してくる。でもそれを実行するすべがわからない。教育という現場ではこれで終わりということはないと思う。どこかでその活動を打ち切れば、見捨てられ切り捨てられる生徒も出てくるはずで、それをしたくないから先生は歯を食いしばって指導をする、この連鎖であろう。教師を増やすことは予算の関係でできないという。部活動の活動を制限する法律でも作ってくれればそれを守るしかないというけれど、それでも隠れて部活をやろうとする学校はあるはずだという。堂々巡り、まさに答えの出ない議論である。

来年度よりコミュニティースクールの制度に参加するという。僕たち委員はその運営委員も依頼された。さてさて、僕たちにいったい何ができるのか。先生の代わりなどできるはずもなく、できるとしたら、学校に文句を言うのではなく学校の運営を補助する意欲のあるまともな運営委員の充実くらいであろうと思う。教育の現場に役立つ、これはとても良いことのはず。だからこそもうしばらくまじめに取り組んでいこうと思う。

2018/02/18

今日は国立新美術館にて開催されている「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」を見学に行った。なんでもスイスの大実業家の個人的なコレクションを展示しているものだそうで、とても有名な画家の習作だったり、モネの水連だったり、はたまたルノワールの素晴らしい少女の肖像画だったり、個人コレクションならではのばらつきが見ていて面白い展示であった。特に印象に残ったのがフィンセント・ファン・ゴッホの章であった。6点の作品を見ていると、ゴッホの人生そのものを見て取れるようである。日本で初めて公開されるような作品も多く入っているようだ。ぜひ足を運んでみるとよいと思う。

20180218.jpg

2018/02/15

夕方、川口市のとある商店街で再開発計画の設計をしているWさん来社。再開発というのは僕の仕事とは全く規模が違う大規模事業で、計画から完成まで10年だったりの長い時間をかけて行う町づくり事業である。商店街にある古い小さな住宅のごとき商店が集まり、ワンブロックの大きな塊となって大きなビルを建てる事業だから、そういう工事がなされた後は町は一変してしまうことになる。これまでの古き良き商店街の様相は近代的なビルのファサードとなり、その上の高層部分には多くの集合住宅が配置される。どこの町も均質化し、同じような街並みになってしまいがちな再開発計画の中で、少しでも川口市らしい魅力を生み出すことができないか、そんな相談をするためにますいいまで足を運んでくれたというわけだ。Wさん、実はますいいで家を建ててくれたクライアントである。そんな関係が、こんな関係になるとは・・・。やっぱり人間関係って面白いものである。

街の記憶。そんな活動をしていた建築家が川口市にいた。故・森行世先生である。早稲田大学の先輩でもあり、僕がとてもお世話になった石山修武先生に「TAで教えたことがあるんだよ」なんていうご縁もあって、生前はとてもお世話になったのだけれど、その森先生が街の中で仕事をするときに建物と一緒に必ず造っていたのが街の記憶なる装置であった。実際はどんなものか・・・、それはさまざまな形をした鋳物のオブジェである。現代アート的なものもあれば、鍛造作家さんが丁寧に作った少年少女の造だったりもする。時には車止めだったり、照明塔だったり、時計塔だったり、川口市というところにはとにかく様々な鋳物の作品があちらこちらに設置されている。僕たち川口市民はそれを見て育つ。小さな時から慣れ親しんだ街の風景、ちょっとさびた味わいある風景はこの街の歴史ともいえる。Wさんはそんな街の記憶を再び作り出そうとしてくれている。大きな再開発を計画している人が、そんな風に町を思ってくれていることがうれしい。この先どんな風に進んでいくのかわからないけれど、楽しみに見守っていきたいと思う。

2018/02/13

夕方から東京都墨田区にて設計中のKさんの家の打ち合わせ。今まで住み続けてきたマンションの内装をほぼスケルトンにして、そこに新たな仕上げを施すというリフォーム計画である。今回は計画をご依頼いただくことを決定しての初めての打ち合わせということで、前回お会いした時に伺ったプラン変更のご希望などを反映させたプランをもとに、リフォームの内容について確認作業を行った。

マンションリフォームというのは限られたスペースをどのように魅力的な空間にアレンジするかの提案である。共用部分に手を付けることはできないので、専用部分のアレンジが主な内容になるのだけれど、外部との接点、つまり開口部のしつらえを魅力的なものにコントロールしてあげることはとても大切な行為だと思う。マンションには大概の場合2枚~4枚ほどの窓がある。唯一の外部とのつながりである開口部は、暮らしの中で自然と意識が向かう場だ。さらには光や風を取り込むことができる唯一の部分でもある。開口部をきちんと整えてあげることは、家全体の魅力を高めるとても大切な行為であると思うのだ。今回はアルミサッシの内側に木製の建具を設置する予定である。内部から外部を見るとまるで木造住宅の木製建具のごとに優しい風合いが開口部に存在することとなるわけだけれど、この小さな変化はきっと家全体の風合いをも優しくしてくれるのである。

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

201807

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
page top