M-gallery(エムギャラリー)レンタルアートギャラリー。アート作品の展示

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想柳澤和孝雑想
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2021/4/27

増井真也日記

2021/04/27

午後、埼玉県さいたま市にて茶室の建築を計画中のAさん打ち合わせ。30坪弱の土地に造る茶室だけの為の建築である。この茶室は4畳半と8畳の二間を造る予定だ。初めは寄り付きも作ろうかと計画していたが、広さ的に中途半端なものになってしまいそうなので路地風の土間から直接入ることのできる茶室と、少々広めの水屋を造ることにした。

茶室専門建築などというとなんだかとても珍しいものを造るようにも聞こえるのだが、僕はあんまりそういう風には思わない。茶室とはなんだか特別な作法を知らないと足を踏み入れる事すら許されないような空間のように聞こえるけれど、でももともとは人が人をもてなす場、つまりは応接間のようなものなのだ。「平面・構造の簡素、明快さ」、「素材の美の尊重」、「無装飾」、「左右非相称」、「自然(建物周囲の環境)との調和」、「規格統一(畳の規格)」などの特徴ある美しい生活の場なのだ。

建築家の堀口捨巳は 茶の湯を「日常生活の形式を借りて美を求める藝術」であると言った。茶室の中では主人の好みからなる「見立て」と「取合はせ」によつて器物の持つ視覺的効果や、飮食の味や、香等を素材として一つの個性によって貫かれ統一された構成の世界を造る。その芸術まで高められる日常生活の形式の世界を表現する場こそが茶室なのであり、だからこその丁寧な設計が求められるのだ。連休中にまた新しいプランを考えてみるとしよう。


202105

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログアーカイブ

201120102009
200820072006
200520042003
2002

page top