M-gallery(エムギャラリー)レンタルアートギャラリー。アート作品の展示

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想柳澤和孝雑想
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2021/1/3

増井真也日記

2021/01/03

新年3日目の今日は、朝から栃木県那須烏山市でのキャンプに出掛けた。今日は2年生の甥っ子も一緒にきてのキャンプデビューである。キャンプ場に付くと、いつもと同じ光景に心を癒される。妻と長女が二人で買い物に出かけている間に、僕は次女と甥っ子と三人でテントの設営を行った。テントを設営して、焚火を起こし、テーブルやいすを並べて、夜の分の薪をチェーンソーで切り出して斧で割って用意する。こういう一連の作業には大体2時間ほどの時間がかかるのだけれど、自然の中で夢中になっているとあっという間に時間が過ぎで行くから不思議である。

僕たちの周りには2種類の時間が存在している。一つはカレンダーとか時計に縛られているバタバタとした日常の時間であり、もう一つは川の流れの様にただゆったりと流れている悠久の時間である。自然の中で過ごしているときに、過ぎていくことさえも忘れてしまうような時間の移ろいを、日差しの向きとか気温の変化で感じるのはとても良い気分だ。動物とは本来こんな風に生きているものなのなのだ。

夕方、喜連川の川沿いで花火が打ち上げられるというので行ってみた。昨年はありとあらゆる花火大会が中止になってしまったと言う事で開催されるらしい。30分ほどの三時間時間ではあったが、5寸玉と尺玉の大きな花火がごく近くで打ち上げられる様子は子供たちに大きな印象を与えたようだ。僕自身も久しぶりに間近で見る花火に感動であった。

IMG_5467.jpg

キャンプ場に帰ると気温は0度、だいぶ冷え込んできた。今日の最低気温はマイナス7度の予想である。早速火を起こし、バーベキューを始めるとだんだん体も温まってくる。ここはカヤックの師匠の好意で使わせて頂いている僕たち以外に誰もいないプライベートキャンプ場なのでもちろんすべての事は自分でやらなければいけないのだが、思いつく準備は昼間のうちにやっておいたので大丈夫だろう。極寒の中でのキャンプという事で湯たんぽを持って来たりの準備はしたが、冬山のそれと比べるとそれほどでもないようだ。学生時代の山岳部では極寒の山の稜線でのキャンプも経験した。吹きさらしの吹雪の中でのテント設営に比べたらこれくらいは天国である。

夜2時、気温はマイナス6度である。一番冷え込むのは明け方、今日の場合は6時ごろがピークだ。さすがに外で会話をするのも無理があるのでシュラフに入って休むことにした。

202101

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログアーカイブ

201120102009
200820072006
200520042003
2002

page top