ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想柳澤和孝雑想
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2020/7/12

増井真也日記

2020/07/12

今日は朝から先生を自宅にお招きしての茶会準備。朝10時にはスタートするということで、5時には起きて掃除をスタートである。

続いて花を生ける。前日に送られてきた花の種類は「桔梗・虎の尾・キリンソウ・針玉アザミ・撫子・半夏生・甘茶・縞トクサ」である。茶室には桔梗・虎の尾・縞とくさを青交趾の鶴首花入れに飾り、それ以外は待合の花器に生けることにした。明智光秀の旗印でもある桔梗の青い花は、その造形がとても美しい。僕はこれまで花を真剣に眺めたことなどほとんどない。だから今朝も恥ずかしながら桔梗ってこんなにきれいな花だったんだ・・・、のすごく初心者的反応なのだけれど、こういう反応を真剣にできるにはやっぱり自分で花を買って自分で生けるという経験をするしかないのだろうとも思うのである。なんでもやってみるに限るのだ。

軸は「流泉為琴」を飾った。濃茶・点心・薄茶のスタイルなので、初めは軸のみ、薄茶の時に床飾りを変えて花と香合を飾ることにした。やっぱり総飾りよりも転換があった方がドラマチックでよい。

お菓子は東松山の清晨庵さんで「浪の花」。お菓子をいただくといよいよ濃茶のスタートだ。

釜の湯はよく沸いている。釜鳴の静寂の中で、僕なりに精一杯お点前をする。濃茶は上々である。だまができないように練ることができると何とも言えない良い気分である。二文字の灰がたは80点というところだろうか。ふじばいと白檀のお香が無かったことは反省である。初めてですべてを準備するのはやっぱり難しかった。棚は日月棚を使用した。太陽と月、そして大地、この組み合わせがなんとなく建築に通じる意思を感じた。茶入れは瀬戸の肩衝、茶は嘉辰の昔、釜は鶴首である。茶杓の銘は「主人公」、自分自身を見つめようというこの言葉は大切にしたい。

濃茶が終わると先生と妻と3人で食事をし、続いて薄茶席に移る。移るといっても同じ部屋、この部屋一つしかないので先ほどの転換である。先生が食事をしている間にこっそりと部屋を抜け出し、茶室に行って準備をする。転換を見て頂いた時の驚く顔を見るのが楽しみだ。このいたずら心は建築の設計と通じるものがある。菓子は朝顔せんべいに波。薄器は吹雪。茶は松柏である。

楽しい時間はあっという間に終わり13時お開きとなった。初めての茶会、しかも一客一亭、そのお客様は先生と決めていた。2010年の秋にたまたま聞いた鵬雲斎大宗匠の講演会で興味を持ち裏千家に入門したから、かれこれもうじき10年が経つ。大震災の前年に入門し、10年後はコロナ騒動の渦中である。人の世にはいろいろとあるものだ。そもそも侘び寂びの茶道が起こった利休のころは戦国の世、それに比べれば現代は平和である。

茶会が終わり少々やすんで、軽いジョギングを行う。お菓子の後には運動をしないとやっぱり体によくないのである。

20200712.jpg

202007

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログアーカイブ

201120102009
200820072006
200520042003
2002

page top