ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想柳澤和孝雑想
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2020/5/5

増井真也日記

2020/05/05

連休も明日で終わりだ。今年はステイホームの連休だったので、結局どこへも行かずに読書三昧である。

現在東京都新宿区にて設計中のFさんの家のことを考える。中井駅のすぐ近くの小さな川のほとりに造る小さな住宅は、どこか懐かしい和の雰囲気を持つ木造2階建てだ。今はその外観のデザインを行っているところなのだが、和風と感じる素材とはのスタディーをしてみた。時の流れや積み上げられた様子、悠久の時に身を任せるような感覚を時層と呼ぶことにする。そんな時層をデザインするというのは、つまりはそこに流れる時間の存在をいつくしみ、それを表現することである。素材に時間を織り込むといってもよい。時間を感じる素材とは、例えば「石・経年変化している木材・錆びた鉄=コルテン鋼板」などが挙げられるだろう。このような素材を使用することで、時の流れを表現したいと考えている。

敷地の目の前には川が流れている。
「ゆく川の流れは絶えずしてしかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかとまたかくのごとし。」とは鴨長明の方上記である。川の流れのようにゆらゆらと流れる時間を、そっと織り込んだような建築ができたらいいなあと思うのだ。

202005

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログアーカイブ

201120102009
200820072006
200520042003
2002

page top