ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想柳澤和孝雑想
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2020/1/10

増井真也日記

2020/01/10

午前中は事務所にて各プロジェクト打ち合わせ。埼玉県の川口市にて進行中のMさんの住宅について、Mさん、セコムさん、電気屋さんが集まっての打ち合わせを行った。ますいいからは担当スタッフの田部井君と吉村さんが参加である。

住宅の打ち合わせというのはこういう細かな点がとても多い。打ち合わせの方向性はそのクライアントの興味がどこに向いているかで変わる。例えばキッチンにとても興味があるクライアントの場合は、造作で大工さんと一緒に造るキッチンの棚の割り付けなどの打ち合わせをしたり、コショーや塩を置いておくラックのようなものを大工さんの出仕事で造ってほしいなどの注文があったりもする。担当者はクライアントの細かな要望を図面化し、関連業者さんたちに周知して実施あの工事現場で実現しなければならないわけだけれど、これがなかなか大変な仕事なのだ。職人さんたちはいわゆる一般的なやり方というものには慣れているのだが、ミリ単位で寸法を指定して製作を依頼するとなかなか手が進まなくなってしまう。これが家具工場だったらそんなことはないのだが、あくまで現場で造作をする大工さんの場合はそうもいかないのである。

下の写真はスープ作家さんのクライアントとますいいが造ったミングルという新しいライフスタイル向けのキッチンである。これも中村さんという大工さんが手仕事で作ってくれたものである。まあるいシンクは高橋さんが作ってくれた。設計は昨年から群馬県の高崎分室を開始した柳沢君の担当である。大量生産するものではないこのキッチンをこんなにも多くの人が情熱をもって造る・・・これこそがまさに一品生産の素晴らしいところであり、モノづくりの醍醐味だと思うのである。

20200110.jpg

夜、大学時代に所属していた早稲田大学理工ラグビー部の同期3人で食事をした。新宿のホルモンやさんといえば知っている人は知っているだろう。18歳からの付き合いだからもうかれこれ27年になる。改めて数えるとかなり長いなあと思う。同期の一人のMは僕と出席番号一つ違い、今は大手のゼネコンにいるのだが実は群馬県にあるますいいの高崎分室でご実家の設計・施工を担当させていただいている。まだ設計中ではあるけれど、良い家を造ることに是非是非力を尽くしていきたい。12時過ぎ、帰宅。

202001

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログアーカイブ

201120102009
200820072006
200520042003
2002

page top