ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想柳澤和孝雑想
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2020年1月アーカイブ

増井真也日記

2020年1月アーカイブ

2020/01/16

今日は裏千家の初釜に参加した。この初釜というのは茶家である千家が毎年同じ日に京都や東京の道場で行う行事である。縁のある方に声がかかり一年のスタートを祝ってお茶を一服いただくというものだけれど、僕はこれまで5年にわたって参加させていただいている。以前は物珍しい気持ちで参加していたこの行事も、5年も出ているとだんだん自分にとっての恒例行事のようにもなってくる。これは本納寺さんの年末お餅つき大会に参加しているときにも感じる事だが、5年くらい同じことを繰り返しているとそれが恒例行事のように感じるのかもしれない。

席中でお家元が床飾りの話をしてくれた。初釜の床飾りは毎年同じものを飾っているそうだ。そういえば何となく毎年変わらないなあと感じてはいたが、改めて言われてみないとそれすら気が付いていない自分が恥ずかしい。毎年変わらない飾りを飾らせていただけることの大切さ、である。今年も昨年と変わらないでいるということは若い時には当たり前のこと過ぎて意識をしたこともないようなことである。今の僕は45歳、ようやく人生の折り返し地点を過ぎて、なんとなくこういう言葉の意味が分かりだしてきたように思う。2011年には震災があった。昨年は台風が来た。この国は昔から定期的に災害が起き、多くの人の命が失われているわけだし、災害でなくとも戦争や飢饉、疫病などで多くの命が失われた歴史がある。こういう国に生きてきた民族だからこその毎年同じであることのありがたさ、そんなことを改めて感じさせていただいた一日であった。

夕方、埼玉県吉川市にて新築住宅兼カフェを検討中のSさん打ち合わせ。Sさんは会社を辞めてカフェを始める計画である。カフェの内装はセルフビルドで造る予定だ。もちろん厨房の機器も自分でそろえると言う。なんだかアスタリスクカフェの平山夫妻を思い出すが、カフェをやりたい人たちはセルフビルドも好きな人が多いというのは本当だ。しかもかなりセンスが良いのだ。下の写真はアスタリスクカフェの様子である。Sさんのお店もこんな風にローコストでさらに良いデザインができればよいと思う。

20200116.jpg

2020/01/14

10時、埼玉県坂戸市にて進行中のYさんの家の現場確認。現場では大工さんの本間さんと瀬野さんが作業をしている。今日は上棟後の間柱と筋交いの設置作業である。この住宅はL字型の平屋のような広がりのあるプランの中心部だけが2階建てになっているというもので、1階の中心部には薪ストーブのあるリビングが配置されている。そこからは庭の中心に向けた窓が開けられており、常に敷地中心部にある中庭が意識されるように設計した。

この配置計画は以前造った、道祖土の家と同じ考え方を採用している。家の中心に何を置くかは人によって違うけれど、テレビがあるよりそこに薪ストーブの火があるほうが暮らしはとても豊かになると思っている。火が揺らめく姿を見ているとなんとなく心が和むのである。1時間ほど現場での作業を確認して事務所に戻る。

20200114.jpg

2020/01/11

朝礼終了後各プロジェクト打ち合わせ。新年早々3連休の方もいるようだが、ますいいでは明日からの2連休ということで今日は普通のお仕事だ。とはいえ年明けの土曜日、なんとなくいつもよりも落ち着いているような気がする。一年がスタートする初めの一週間ということで、実際の仕事よりもあいさつ回りなどをしている人が多いからだろう。今日はラグビーの大学選手権が新国立競技場で行われたようだ。母校の早稲田大学が明治大学に圧勝したようで、なんだか嬉しいスタートである。秋の試合ではだいぶ点差を付けられて負けていたように覚えているが、わずか数か月でここまで力の差が逆転するというのが学生ラグビーの面白いところだろう。この中から次のワールドカップで活躍する選手が現れるかもしれないことを考えると楽しみな限りである。

14時、赤羽の集合住宅改修工事の打ち合わせ。

17時過ぎ、さんかくの家の購入を希望している方への説明に向かう。東京R不動産に掲載しているさんかくの家は僕が設計して造り上げてから15年ほど、大切に住まわれてきた住宅である。この度手放すこととなって売却のお手伝いをさせて頂いているのだが、設計者の僕が直接説明できるというのは購入する人にとっても安心の材料になるのだろう。それにしても、なんとなく自画自賛してしまうのだが、この家は何度見てもなかなか良い家だなあと思える住宅だ。僕が30歳のころに造った作品だけれど、これからも良き住まい手に受け継がれていって欲しいと願うばかりである。

2020/01/10

午前中は事務所にて各プロジェクト打ち合わせ。埼玉県の川口市にて進行中のMさんの住宅について、Mさん、セコムさん、電気屋さんが集まっての打ち合わせを行った。ますいいからは担当スタッフの田部井君と吉村さんが参加である。

住宅の打ち合わせというのはこういう細かな点がとても多い。打ち合わせの方向性はそのクライアントの興味がどこに向いているかで変わる。例えばキッチンにとても興味があるクライアントの場合は、造作で大工さんと一緒に造るキッチンの棚の割り付けなどの打ち合わせをしたり、コショーや塩を置いておくラックのようなものを大工さんの出仕事で造ってほしいなどの注文があったりもする。担当者はクライアントの細かな要望を図面化し、関連業者さんたちに周知して実施あの工事現場で実現しなければならないわけだけれど、これがなかなか大変な仕事なのだ。職人さんたちはいわゆる一般的なやり方というものには慣れているのだが、ミリ単位で寸法を指定して製作を依頼するとなかなか手が進まなくなってしまう。これが家具工場だったらそんなことはないのだが、あくまで現場で造作をする大工さんの場合はそうもいかないのである。

下の写真はスープ作家さんのクライアントとますいいが造ったミングルという新しいライフスタイル向けのキッチンである。これも中村さんという大工さんが手仕事で作ってくれたものである。まあるいシンクは高橋さんが作ってくれた。設計は昨年から群馬県の高崎分室を開始した柳沢君の担当である。大量生産するものではないこのキッチンをこんなにも多くの人が情熱をもって造る・・・これこそがまさに一品生産の素晴らしいところであり、モノづくりの醍醐味だと思うのである。

20200110.jpg

夜、大学時代に所属していた早稲田大学理工ラグビー部の同期3人で食事をした。新宿のホルモンやさんといえば知っている人は知っているだろう。18歳からの付き合いだからもうかれこれ27年になる。改めて数えるとかなり長いなあと思う。同期の一人のMは僕と出席番号一つ違い、今は大手のゼネコンにいるのだが実は群馬県にあるますいいの高崎分室でご実家の設計・施工を担当させていただいている。まだ設計中ではあるけれど、良い家を造ることに是非是非力を尽くしていきたい。12時過ぎ、帰宅。

2020/01/09

10時、大工さんの瀬野さん面接。瀬野さんは大工歴4年、それまではほかの仕事についていたという40歳である。工務店で仕事をしていたということだが、たまたまその仕事がなくなってしまったので、ますいいで一人前になるまで働きたいという思いを話してくれた。ますいいには現在のところ本間さんと群馬県の高崎市から来てくれている川浦さんの二人の大工さんが専属で参加してくれているが、瀬野さんは年長者の本間さんに弟子入りして一緒に働くことになった。家造りには大工さんの存在がとても大切である。だって木造住宅の仕事はほとんど大工さんの手によって行われるのだ。ますいい3人目の大工さんとして、明日から坂戸の現場に入る予定である。本間さんの一流の腕を習得すべく頑張ってほしいと思うし、仕事ぶりを見るのがとても楽しみなところである。

2020/01/06

朝一番。今日は5時くらいから仕事の夢で目覚めてしまう。僕は目覚めのしるしに仕事の夢を見るタイプなので、いよいよ始まるんだなあの感だ。この夢が始まるともう眠りにつくことはできないから、早々に床を出る。年末年始は新しいますいいギャラリー併設した母との2世帯住宅への引っ越しを行った。まだ一部が工事中だったり・・・、電気が仮設だったり・・・、アマゾンさんが配達に来たけれど表札も何もないのでわからないと苦情の電話が来たり・・・、の状態ではあるのだがなかなか住みやすい家である。2月ごろには外構工事も終わり、写真をお披露目できるだろう。これからのショールームとして使用する予定なので楽しみにして欲しい。

今日から仕事始めである。全員がそろって新年のスタートとはいかなかったけれど、一年のスタートというのはなんとなく気持ちが良いものだ。朝の顔合わせでは一人一人が一年の抱負を話していくという、きっとどこの会社でも行っているであろうことをますいいでも行った。こういうことはとても基本的なことだと思うのだけれども、でも基本的なことの繰り返しでしか人生は進んでいかなうような気もするのである。若手のスタッフは、メリハリをつけて仕事ができるようにとか、引き渡しがあるから信念から気合を入れていきたいとか、やるべきことを一つ一つ積み重ねてとか、普段の仕事の進め方についての思いを話してくれた。今年で30歳になる渡邊君は、チームで仕事をする楽しさに気づいたので、その仕事がどんどん進むようにしたいと言ってくれた。何とも頼もしい限りである。

ますいいの場合は特段改めてのあいさつ回りなどは行っていないので、今日から自然に仕事が始まっている。電話をかけてもなかなか通じなかったりの状態ではあるけれど、それでも昨年からの継続での仕事が動き出している。令和2年、新しい元号も2年目をスタートさせた。僕の人生もきっと折り返し地点、一日一日を大切に、建築を通して世の中を少しでも良くすることを目指してしっかりと生きていきたいと思う。

202001

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログアーカイブ

201120102009
200820072006
200520042003
2002

page top