ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2019/9/21

増井真也日記

2019/09/21

朝10時、東京都文京区にて新築住宅の計画を始めたKさん打ち合わせ。今日は初めての顔合わせということで、ますいいの家造りについてのご説明をさせていただいた。この敷地は2mの幅しかない道路に面していて、4m幅の道路までは20mほどの距離がある。隣地は貸し駐車場で、工事中にそのコインパーキングを利用すれば敷地まで容易にたどり着くことができるけれど、もしも既に満車になっていしまっていたりすると、例えばせっかくミキサー車とポンプ車とコンクリート打設を行う基礎やさんが二人来ているのに、車を停められないからという理由でコンクリートの打設などの作業を行うことができなかったりする可能性がある。まずは隣地の駐車場の使用可能性を探ろうということで、打ち合わせを終了した。それにしても東京都内にはこのような土地がまだまだいっぱいあるのだなあの感がある。もしも火災などの際には当然消火活動が遅れてしまうだろうし、救急車だって入ることができないわけだ。駐車場になっている土地などある程度強制的にセットバックして道路にしてしまってもよいと思うのだが、頑固にブロック塀が立ちはだかっているのを見ると少々疑問を感じたりもするのである。

さんかくの家の話になった。この住宅は三角形の敷地に三角形の住宅を造ったものだが、この住宅を造るときにもクライアントのTさんは何度か車の入れない敷地を購入しようかと相談に来た。確か一つはがけ地だった。たどり着くだけでも大変そうな土地だった記憶がある。何度目かの相談がこの三角形の土地であった。三角形の土地に四角い建売のような住宅が建っていたのだが、もしそれを壊してしまえば、私道の一番奥が裏側にある緑豊かな緑道とつながり、抜け感が生まれるであろうということで計画をスタートした。三角形の頂点には写真のようなお風呂を造ったりもした。コンクリートで造って防水を施し、仕上げにモルタルとガラス塗装を塗って仕上げている。試しに使用させていただいた時には、自分で作っておきながらなんとなく変な感じがしたものだ。土地の条件は建築計画に大きな影響を与える場合もある。今回がどのようになるか、隣地との相談などによっても変わってくるであろう。

20190921.jpg

201909

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ブログアーカイブ

201120102009
200820072006
200520042003
2002

page top