ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2019年4月アーカイブ

増井真也日記

2019年4月アーカイブ

2019/04/05

夕方、大工の本間さんと渡辺君と一緒に食事。本間さんはますいいの専属の大工さんとして家づくりにかかわってくれていて、先日一つ住宅を完成させてくれ、今は別の現場で新しい家づくりにかかわっている。62歳という年齢は決して若くはないけれど、でもその分確固たる技術を持っていてとても丁寧に大工工事を進めてくれる。モノづくりにかかわる人がだんだんと減ってきて、本当にモノづくりに人生をささげるような感覚の生き方というのは流行ではないのかもしれないけれど、でもだからこそそういう生き方をしている人が輝いて見えるような気もするのである。

モノづくりというのは何を作りたいという気持ちによって左右される。画家が描く絵は誰かに命令されて書くのではなく、自分の心の中から沸き立つ何かを絵にしているのだ。しかし経済というものが先行している世の中ではなかなかその理想は成立しない。ものを造ることに必要な人件費や材料代を計算し、もしそれが請負代金を超えてしまうほどの作業を行うことは経済的にはあり得ないこととなってしまうわけで、結果として経済至上主義による合理的なモノづくりが絶対的な正義のごときに扱われる世の中となっている。しかし建築などもはやそんなに多く作る必要はないのである。造る必要がないのに造るのには強い意志がある。クライアントの自己実現の意志と作り手の造りたいという思いが合致して、一つの建築として結晶化した時、初めて建築飽和状態の現代社会においてもなお魅力的で存在意義があると思うことができる建築が生まれるのだ。

モノ作りが好きな人が集まることができる場所を造れればと思う。そういう思いが集まったときに何かもっと素晴らしいことができるような気がするのだ。
(写真は、10年以上前に、とある住宅のドアノブを削り出している僕である)

20190405.jpg

2019/04/04

朝礼終了後各プロジェクト打ち合わせ。

広島大学の大学院生から、調査に協力したお礼としてセルフビルドについての研究報告書が送られてきた。約100社ほどのセルフビルドを積極的に受け入れている会社を調査した結果が来たのだけれど、これだけの会社がこういう活動に興味をもって取り組んでいるという状況を見ると、時代は変わったなあの感である。僕が会社をスタートした当時はまだまだこういうことを積極的にやろうという人は少なかった。わずかな設計事務所が施主による分離発注形式に取り組み、その中での施主によるセルフビルドの事例があったようだが実質的な現場の管理者が不在ということでのトラブルが絶えない様子で、あまり普及はしなかったように思う。

家づくりはロマンと制度のはざまで揺れ動いている。普段日本で生活しているとそんな風に感じることは難しいけれど、もともとは人間が生活するために必要な最低限の箱、小屋、穴倉のようなものが家の始まりなのだ。だとするならば「家とは」もっと自由に、安く手に入れられるはずのものだと思うのである。

そういう思いに反して、家の値段はどんどん高くなっている。例えば耐震等級という言葉が生まれるとともに、耐震のための要素となる壁や柱や筋交いの量が増え高くなるということがある。例えば、断熱等級を良くしようとすれば、断熱材の厚さや密度が高くなるとともに値段も高くなってしまう。しかしこうした製品の値段設定を見ると本当に製造コストが上がっているのか、それとも性能が高い分に合わせた価格設定をしているだけなのかよくわからないものもあるような気がする。サッシなども同じようなことが言える。ガラスもしかりである。LOWEガラスなどはだいぶ価格が落ちたようだが、防火サッシなどはなかなか価格が落ちてこない状態が続いている。なぜ落ちないのか、それがスタンダードとなり製造ラインが整ったのであれば落ちてもよさそうなのに落ちてこない、の不思議なのである。結果として法律が変わったり、新しい制度ができたり、何かあるたびに値段が上がることが繰り返されているという現状なのだ。

何とかしてもっと安く家を造れないかと思う。

ネパールの建売などを見るとその部材の安さに本当に驚かされる。例えばTOTOが20年以上前にタイに造ったコットという陶器の会社の便器などは、日本でTOTOを購入することと比較すると半分以下の値段だ。中国製のサッシは日本製のサッシの1/10の価格であるという。日本の製造コストが異常に高くなってしまう理由は製品に求める異常な精度だ。サッシなど1㎜大きさがくるっていても大した問題ではないのだが、そうした精度を生み出すことに神経をとがらせ、コストをかけてしまうという人種なのであろうと思う。大手メーカーの売っているものの値段を僕の思いで落とすことは不可能だ。でも、こうした傾向は家づくりの職人さんによる作業においても同じことである。例えば左官職人に対して精度の高い壁仕上がりを期待すれば、同じ部位の作業に下塗り・中塗り・仕上げ塗りと多くの手間を割くこととなり、結果的にコストがアップしてしまう。セルフビルドはこの部分を削減する最もダイレクトな手法である。だって自分の家の仕上がり具合を自分の手で決められるのだ。わかりやすく言うと、職人さんにきちんと縫ってもらおうとしたら高い見積もりが出てきたのでビニルクロスでいいやってあきらめてしまうところを、セルフビルドだったらビニルクロスと同じくらいの値段で漆喰を塗ることができるようになるといった具合である。

セルフビルドをやりたい人がみんなできるような世の中に近づいていけばよいと思う。こういう研究をする学生がいるということは少しずつそういう世の中に近づいているのだろう。

2019/04/02

午前中、東京都豊島区にて新築住宅を検討中のFさんの古家現調。築50年くらいの古い木造アパートが建っている土地で、前面道路は軽トラックがぎりぎり入れる歩行者専用道路である。裏側の道路は幅が2mを切る通路のようなものなので車を入れることはできない。おまけに地面はインターロッキングなので、大型車を入れれば間違いなくクレームになる。なかなか悩ましい条件なのだ。

まずはじめに解体工事について考えをめぐらすことにした。木造の解体自体はほとんど手壊しになる。壊した部材を運び出すためにはできれば敷地の前に軽トラックをつけて運搬をしたい。警察に聞くと、許可さえとれば車を入れてもよいとのことである。普通よりはだいぶ高くつきそうだけれど、何とか作業はできそうである。続いて地盤改良工事について考える。川のすぐ横ということで、地盤はあまりよくないことが予想される。今ではシートを敷き込むだけで地盤の強化ができる工法などがあるのだけれど、そもそも地盤調査ができない状態ではそれを採用することができるかどうかの判断もままならないというわけで、近隣の地盤データを調査してみることにした。基礎工事は軽トラックが入ればなんとかなるのだけれど、コンクリートの打ち込みの時にはミキサー車とポンプ車の2台を置く場所が問題だ。近所の橋の上にはぎりぎり寄せればほかの車が通行できるスペースがあるのだけれど、2台の大型車が余裕で入るとは思えない。となると狭い路地の入口付近の会社さんの協力が必要かもしれないし、ミキサーは小型車で作業をするしかいないであろう。木造の上棟工事や足場の工事は間違いなく手作業となってしまう。これは人海戦術で何とかするしかないであろう。さてさて、どうなることかの検討をもうしばらく進めてみることにしようと思う。

201904

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログアーカイブ

201120102009
200820072006
200520042003
2002

page top