ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2019/3/23

増井真也日記

2019/03/23

今日から4日間、母と僕の家族、そして妹の家族の総勢9名で中国北京に小旅行に出かける。僕が高校生くらいのころだろうか、それまで専業主婦だった母が宅地建物取引主任者の資格を取得し、突然始めた不動産業がスタートである。そういえばその前の数年間はハウスクリーニングの仕事もしていた。とにかくこの辺が僕の一家が建築関係を仕事とし始めたスタートである。2000年、世の中は不景気のどん底、ミレニアムか世紀末か、喜んでよいのか不安を感じるべきなのかよくわからない時代、大学卒業後にゼネコンに努めていた僕が母の会社に合流した。一緒に戸田建設を退社した同期の仲間も3年間共に働いた。同じくミサワホームを退社した妻もである。それからかれこれ18年、ずーっと代表だった母が僕に代表を譲ったのが昨年だった。というわけで何となくそれを記念しての家族旅行、理由は何でもよい、家族でよい思い出を残せれば何よりである。

9時の便で羽田から北京へ。天気は快晴、少々肌寒いがとても良い条件だ。まだ2時過ぎなのでそのまま頤和園という巨大な庭園建築へと向かった。ここのスタートは元の時代、都のための貯水池が始まりだそうだ。現在のものは西太后の隠居後の住みかとして作られたそうだが、日本の動揺の施設である金閣寺や銀閣寺と比較するとそのスケールの大きさに驚いた。

20190322-2.jpg

20190322.jpg

橙色の屋根の上には鬼瓦のようなものが乗っている。これは龍を描いた瓦だそうで、棟の先端には龍の子供たちも置かれているのが見えて面白い。雷などで建物が消失することが多かった時代、魔よけなどの意味も込められていたのだろう。

201903

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログアーカイブ

201120102009
200820072006
200520042003
2002

page top