ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2019/02/06

増井真也日記

2019/02/06

好きな素材というものがある。写真は千葉県の船橋に造ったWさんの家の居間であるが、この現場では僕が好きな素材をふんだんに使用することができた。床には針葉樹の杉を貼っているが、杉やヒノキ、唐松のような針葉樹の床板はとても柔らかくって温かみがあるのが良いと思う。樹種によってその表情は微妙に異なるのも良いところである。すごく簡単に言うと杉は少々赤みがあって、ヒノキは多少黄色っぽいところがあり、唐松は茶色が強い印象と言える。木の目については、唐松や杉がやや強く、ヒノキはそれほどでもないので少々上品な印象になるようだ。どちらにしても、木の持つ柔らかさがとても良い肌触りを生み出してくれるのは変わりないので、後は好みで選択すればよい。

窓辺には障子が良いと思う。障子の和紙を透過した光はこれまた何とも言えない柔らかみがある。この柔らかさはレースのカーテンなどでも得ることができるし、最近ではガーゼ素材のカーテンなどもよく見かけるけれど、木でできた障子というのは本当によくできたスクリーンなのではないかと思う。ガラスだけよりも断熱効果も期待できるし、視線を遮る装置としても利用が可能なのである。この住宅の窓辺は外部の庭に連続しているので、窓を開けると縁側のような設えとなっている。だからよけいに障子が似合うような気がしている。

階段にはヒノキの厚板を使用しており、その骨組みを表現した。部屋の中央には杉の5寸角の太い柱を立て、大黒柱のような印象を与えている。白い仕上げの壁はもちろん漆喰である。こうした自然素材の調和した様子がなんとなく好きなのであるが、こうした素材感は何も日本に限った話ではなくって、世界中どこに行っても共通の、とても古くから使われてきたものなのだ。

20190206.jpg

201902

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

ブログアーカイブ

201120102009
200820072006
200520042003
2002

page top