ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2019/1/5

増井真也日記

2019/01/05

今日は朝7時過ぎにゲストハウスを出て、田村君と二人で近所の現場の調査に向かった。この現場は写真のごとき細い鉄骨によって作られた4階建ての建築である。軽量鉄骨はとても細い材料を背中合わせに抱き合わせたり、はたまたそのまま梁材として利用したり、柱として上部に立ち上げた先で突然その上に角パイプの柱を建てたり・・・、今までに見たことのないとても華奢な構造である。石山さん曰く、ドイツの技術が入っているかもしれないとのこと。あいにくネパールの休日ということで現場には誰もいなかったので詳しい話を聞くことはできなかったが、可能な限りの採寸を行い図面化を行った。

20190105.jpg

20190105-2.jpg

終了後にカジさんのゲストハウスへ向かい、石山さんに挨拶をと思ったがあいにくまだ寝ているとのこと。起こしては申し訳ないのでカジさんと少々お話をして戻ることにした。僕たちは今夜の飛行機で香港経由の日本行である。最終日くらいは観光をしようということで、近くにある寺院を訪れた。寺院には猿がいる。サルは神様の化身だからとても自由だ。犬もたくさんいるけれど、犬は別に神様ではないらしい。僕にはそういう宗教観はないのでよくわからないけれど、動物が人間と共存している様子は何とも言えないのどかさを感じる。こんなのどかな世界にも投資のお金が渦巻き、人の心を惑わせるのである。お金とは人の生活を便利にするための道具であるが、いつしかお金が目的と化してしまった世の中である。これは今に始まったことではなくって、人類に歴史と呼ばれるような記録が残っている範囲においては、世界の大部分において常態化してしまっている傾向だろう。でも最近はそれが常態化していなかった地域においてもそうなる、グローバル化による境界の無い均質化が浸透してしまっているのだ。窓から見下ろしている猿が妙に忘れられない。彼はいったい何を考えているのであろう。きっと何も考えていないのだ。

20190105-3.jpg

20190105-4.jpg

20190105-5.jpg

201901

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログアーカイブ

201120102009
200820072006
200520042003
2002

page top