ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2018/12/29

増井真也日記

2018/12/29

今日で仕事納め、最後の仕事は大掃除だ。みんなで掃除をする傍ら、僕は事務所の庭で焚火を始めた。余り木を燃やせば焚火はいくらでもできるから工務店は良い。そういえば庭で焚火をするのはだいぶ久しぶりのことである。焚火といえば焼き芋である。スーパーでサツマイモを買てきて濡れた新聞紙で包み、その上からアルミホイルで包んで直火で焼く。本当は熾火でじっくり温めたいところだけれど、まだ灰の量が足りないので網の上で直火で焼いた。薪に火をつけるには、ちょっとしたコツがいる。折り曲げたダンボールを芯にしてその周りに細い木を円錐状に立てかけ、空気の道を確保してある状態で中心にあるダンボールに火をつけるとすぐに火が付く。もちろん焚火の囲いは塗料の缶だ。

さてさて、二日前の日記にも書いたが僕の場合は山岳部、他の人だったらボーイスカウトとか、はたまた友達同士で行ったバーベキューとかキャンプとか、そういう場で当たり前に経験ができるこういうことが、驚くほどにやったことが無い、つまりできない人がいることに驚く。河原でキャンプをして夜遅くまで焚火の周りで語り合う時間を過ごしたことがあれば、焚火の魅力を忘れられなくなるだろう。でもやったことが無いと・・・、まず火の付け方がわからない。木の組み方がわからない。缶の穴の開け方も、焼き芋の焼き方も、何にもわからないのだ。恋愛をできない人がいる、みたいな話と似ている現象なのかもしれないけれど、せっかく人間やっている以上やっぱりリアルな魅力は知ってほしいなアと思うのだ。

僕は山岳部だったから中学高校の時代は毎月1回山に行っていた。泊りで行くときはキャンプをするので、禁止されている国立公園内など以外ではよく焚火をしたものだ。中学3年生の時に約1か月間、部活の先輩と北海道の旅をした。層雲峡から入って熊を見ながらトムラウシ山に登ったり、船で渡って利尻山に登ったりの登山から、今では考えられないけれどニッカのウイスキー工場で試飲をしながら泥酔したり、富良野のキャンプ場でキャンプをしたりといった具合である。こういう経験を毎休みごとに積み重ね、なんとなく人間が形成されるのだと思う。

滋賀県の現場に配属された時はすごくうれしかった。周りは山ばかり、夜になるとイノシシやタヌキが普通に歩いている。僕にとっては楽園である。明日から休みだ。今年の年始は石山先生とネパールに行く。これまで行ったことが無いくらいに田舎である。田舎に行って素朴な人と出会い、素朴な空気を吸い、・・・とにかく楽しんで来ようと思う。

1月は7日から仕事始めです。また来年もよろしくお願いいたします。

20181229.jpg

201901

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログアーカイブ

201120102009
200820072006
200520042003
2002

page top