ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2018/11/4

増井真也日記

2018/11/04

今日は朝9時過ぎに北品川駅で待ち合わせをして、江戸の外堀巡りなる行事に参加した。この行事は東京芸術大学の前野先生が20年にわたって行ってきたものを、早稲田大学の渡辺先生が引き継いだもので、今回はその御縁でお誘いいただいたというわけである。時間になると箱の家の設計で有名な難波和彦先生も来た。なんだかとても懐かしい雰囲気である。

出発地点は新芝浦運河、そこで平井さんという船に乗せていただく。芝浦運河をさかのぼり、東京都湾に一瞬出ると、浜離宮の前を通り過ぎて築地方面に向かう。佃島を通り過ぎて左に折れると、皇居の外堀方面に向かって日本橋川という小さな川をさかのぼる。川から都会を見る、これはなかなか面白い経験だ。芝浦エリアではタワーマンションやらの開発に伴って作られたテラスなどが軒を連ね、ウォーターフロントの魅力を演出するエリアなどが生まれているが、この日本橋川まで来てしまうと川はあくまで建物の裏の顔を向けられているようだ。それでもところどころにはオープンテラスなどもあり少しずつ変化しているのかもしれない。

飯田橋のあたりで右に折れると今度は隅田川に向かて進路を取る。水道橋、万世橋と進み隅田川とぶつかったら左に曲がるとそこは浅草だ。P・スタルクの設計したアサヒスーパードライホールの前で船を降りて終了。約2時間ほどの船の旅であった。

20181104.jpg

201811

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログアーカイブ

201120102009
200820072006
200520042003
2002

page top