ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2018/11/27

増井真也日記

2018/11/27

午前中は埼玉県さいたま市のMさんの家リフォーム相談。外壁の塗り替えやらもろもろについて1時間ほどの現調を行った。

夕方からスタッフ全員での勉強会をおこなう。今日のテーマは家づくりのモデルについて考えてみようというものである。ますいいではもっと自由に家を造ろうのテーマのもと、クライアントに寄り添った家づくりをしているが、その中で考えたことをそれぞれが発表していった。

大きな箱の中にもう一つの空間を創り上げるハウスインハウスのような形態、小さな箱がいくつも並べられていてそこに職と住が一体に存在できる長屋のような集住の形、セルフビルドによる土を突き固めた塀の提案などなど、一人当たり10分ほどの持ち時間の中で興味深いプレゼンテーションとなった。

家族構成の変化に応じて、フレキシブルに変化することができるような形の住宅は昔から語り継がれていることであるけれど、今回の勉強会では長く使うことができるためになにもない高性能の外皮と、内側に造られる二つ目の箱という構成が提案された。配管スペースなどはその間にむき出しなのかはたまたうまく隠されるのか、そして内側の箱はなるべく安価な素材で作り10年ごとくらいでリニューアルされ得るのか、想像してみると面白い。高性能の外皮は100年にわたって維持され、その中身がうまくリニューアルできるというような建築の持続可能性を感じる提案であった。

終了後は橋本君の送別会である。皆別れがたいのか珍しく2次会までの参加者が多い。少々飲みすぎかもしれないが、楽しいひと時となった。

20181127.jpg

201812

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログアーカイブ

201120102009
200820072006
200520042003
2002

page top