ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2018/9/6

増井真也日記

2018/09/06

朝礼終了後各プロジェクト打ち合わせ。埼玉県川口市にて計画中のリフォーム工事見積もりなど。

4日の台風では、関西地方に大きな被害が出た。地震もとても気になるところだけれど、最近増えている台風も建築を造る僕たちにとってはとても気になる事象である。屋根が飛ばされたり、家自体が飛ばされたりの様子は、基本的な構造の強化を考えざるを得ない気持ちにさせる。

地震に対しては耐震等級という言葉があって、これには1から3までの段階があるのだけれど、すごく簡単に言うと耐震壁の量を1から1.25倍か1.5倍に増やすことで家全体の耐震力を高めるということが行われている。こういう風にランク付けをされ始めると法律を十分に満たしている等級1でもなんとなく不安なような気がするものである。したがって予算やクライアントの考えなど条件となる要素は様々あるが、場合によっては等級2とか3にランクアップする設計を行うこととなるわけだ。ますいいでは基本的に普段から構造計算を行っているので、2階建ての木造住宅に許されている簡易的な壁量計算しかしていない住宅よりはだいぶ強い構造体を作っているのだけれど、耐震等級を挙げた場合はさらなる強化となるわけだ。それに伴って金額も多少は上がるけれど、木造の柱や筋交いを増やすことでの増額は驚くほどの増額とはならないことが多いので、プランが許すのであればお勧めの手法であると思う。

厳しい温度変化も気になるところである。これに対しては、サッシの断熱性能と家自体の断熱性能を上げることで対応しているけれど、どれだけ断熱性能を上げたところで、外気温が40度を超えるような日があるのではエアコンの適正設置は避けられないと思う。空気循環システムを設置するなどの対応も効果的だと思う。冬に上部にたまってしまう暖気を床下まで循環させ、さらにペレットストーヴを設置することでエアコンよりも効率の良い暖房が可能となる。

風圧力に対しては、よほど変形した薄っぺらな長方形のプランでない限り地震力の強化が寄与してくれるはずだけれど、大きな軒の出などの構造計算にはあまり関係ない部分では注意が必要だろう。屋根が飛ばされたらやっぱり困る。垂木で薄い軒を出すようなデザインは日本家屋の常とう手段であり、数寄屋的なデザインには欠かせないものだけれど、できれば梁自体を跳ねだして丈夫な屋根としたいところだ。

今はまだあまり造る機会がないけれど、地下シェルターのようなものも一般的になるかもしれない。RC構造を1階部分だけに取り入れるなどの工夫はこれまでもしてきたが、こうした混構造によって水害から建物を守ったり、シェルター的な場所を作ったりの操作は水害発生が予想される地域には有効だと思う。

想定外の事象が起きて想定外の被害が起きる。でもなるべく想定をしてあげたほうが余計な被害は防ぐことができるわけだから、こういう風に思いつくことはできるだけ取り入れるべきなのだと思う。

201809

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
page top