ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2018/9/4

増井真也日記

2018/09/04

午前中、各プロジェクト打ち合わせ。埼玉県坂戸市にて設計中のYさんの家のプランについていくつかのスタディーを行った。Yさんの家は庭が十分に確保できる広い敷地に建つ木造住宅である。庭には小さな畑などを計画し、庭と住まいが一体となった暮らし方を提案している。今の計画では敷地の北側と西側にL字型のボリュームを配置し、その中央部分を2階建て、両翼を平屋のように抑えている。片方の屋根の上に出ることができるようにして、天気の良い日には屋根の上でビールを飲んだりの遊びができるように考えた。中央部分には吹き抜けを設け、そこにはペレットストーヴの煙突が2階まですうーっと伸びてゆく。内装には自然素材の漆喰や無垢の木を使用し、温かみのある空間としたい。

僕が初めてストーヴを使用したのは東京都板橋区に造った「さんかくの家」である。この計画では、クライアントのTさんがとても積極的に薪ストーヴの導入を望んでいて、1500万円台というローコストにもかかわらず薪ストーブを購入した。各階のプランはわずか9坪の直角三角形である。そもそも敷地も16坪ほどの狭小地だ。薪ストーヴは、そのような狭小のプランの1階の玄関から続く土間部分に置かれていて、その煙突は3階を貫いて屋上まで到達している。まさに家のシンボルのような存在感であり、冬に稼働すれば家全体をほのかに温めてくれる存在だ。

20180904.jpg

こちらは建てて数年目に開いたパーティーの様子。土間空間もこんな風に暖かく利用できるのである。

20180904-2.jpg

201809

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
page top