ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2018/8/14

増井真也日記

2018/08/14

午前中は娘の家庭教師。娘は今小学6年生で、中学受験の勉強をしている。僕も中学受験で早稲田大学の関連項に入学したので、中学受験の大変さも楽さも両方わかるのだけれど、まあ要は自分自身のやる気の問題である。今日は算数の勉強を教えていたのだけれど、流水算とか旅人算とかの実は方程式・・・という問題をやっているうちに、どうしても方程式を教えたくなってしまい、中学1年生の教科書を使用しながらのレッスンが始まった。方程式をいきなり教えてもわかるはずがないので、まずはじめは正の数と負の数から始める。その後に数式の項の移動とか、基本的なことを教えて、最終的には一次方程式を解くことが出来るまでに至った。ここまで約4時間ほど・・・、なかなかの道のりであった。

午後、高校1年生の長女と妻と一緒に森美術館で開催されている建築ニッポン展を鑑賞。僕にとってはいまさらこの手の現代建築展を見てもそれほど驚きもなければ学びもないわけだけれど、それでも藤森照信先生が監修したとなればやっぱり見に行かないわけにはいかない。藤森先生である。ますいいリビングカンパニーの生みの親である石山修武先生の作品もたくさん展示されている。そしてこの会場構成も、とても慣れ親しんだものである。

会場には利休の待庵が展示されていた。このモデルはものつくり大学の学生さんが作ったものである。ちょうど8月17日に京都の大山崎にある実物の待庵を見る予定になっているので、見比べるためによく見ておくことにしよう。僕は以前茶室の設計を依頼された時に、この待庵をモデルにしたことがある。待庵の床の間は洞床といって奥の壁は左官の塗り回しとなっている。4畳半の小間だったので、そのような塗り回しの床の間としたが、これがなかなか良い。小さな茶室の場合はあんまり仰々しく床の間を作らないほうがしっくりくる気がする。床柱や落とし掛け、床框などの絶対的な要素は別としても、狭い部屋にあまりに多すぎる要素はただただしつこいだけなのである。

20180814.jpg

201808

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
page top