ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2018/6/26

増井真也日記

2018/06/26

とても悲しい出来事があった。僕の大学時代の一学年先輩のAさんという方がいて、その方のお嬢さんが交通事故で亡くなった。わずか9年の短い人生であった。今日はそのお通夜が開かれた。数日前にテレビのニュースなどで八王子市の交通事故が報道されていたが、その時は何もわからなかった。まさか自分が知っている人の関係者などとは思わないものである。同級生から訃報のメールを受け取り始めて知ったが、それでも実感がわかなかった。当日になり、お通夜に行き、多くの友人たちに見送られている様子を見て改めて9歳の子供の死の悲しみを感じた。僕にも子供がいるけれど、本当に想像できないくらいに辛い事故だと思った。多くの涙が流される様子、終始笑顔で参列者にこたえるAさんご夫妻、見ていて本当に辛い瞬間だった。

当たり前の現状に感謝しよう、聞きなれた言葉である。でも今日ほどこんな言葉を重く感じたことはない。家族が元気でここにいる、ここにいるだけでそれは十分に感謝に値することなのだと改めて思った。

富山のほうで元自衛官が警察官を殺害し、拳銃を奪って小学校に侵入し・・・そんな事件が起きたという。なんだか毎日のように同じような事件が起きているような気がする。新幹線の中で人を殺すとか、小学生を切りつけるとか・・・いったいどうなっているのかわからないけれど、毎日のように誰かが人生を終わらせたいかのように誰かを傷つける事件が起きる。

人と人とのふれあいの不足、早すぎる時間の過ぎ方、愛情の不足・・・精神が狂わされる瞬間の原因が何なのかはよくわからないけれど、何かがあるのだと思う。でもどの事件の被害者にも家族がいて、そこには深い悲しみがあるのだ。久しぶりに会った同期と二人で、軽く食事をして帰った。僕の息子の名前をもらった同期である。こんな気分の時は大勢とは話したくない、気持ちの通じる一人の話し相手がいればそれでよいと思った。

201807

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
page top