ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2018/5/29

増井真也日記

2018/05/29

朝礼終了後、各プロジェクト打ち合わせ。

住宅の設計をしていると、様々な合理性の縛りとの戦いがある。既製品を使用したほうがコストが下がるのは当然のことなのだけれど、味気ない既製品の塊の設計は何も面白くない。そもそもそういう住宅を求めてますいいに来るクライアントもいない。合理性を嫌うと、人の手の跡が欲しくなる。人が手作業で作ってくれたものは、それだけで魅力的だ。左官素材が魅力的なのはそういう人の手の跡が感じられるからだと思う。

各所のディテールも同じようなことが言える。既製品の見切り材は恐ろしく格好が悪い。見切るというのは、「二つの異なる素材のぶつかるところを区別する」ような意味合いなのだけれど、こういうところをしっかりしないと割れてしまったりの失敗につながる。一見簡単そうに見えるこの行為、綺麗に見せようとすると実はなかなか苦労する。

ミースの言葉にこんな言葉がある。
「近代建築の問題は合理的な解決が求められたときに、にわかに認められたのだと考えることは根本的な錯誤である。建築における美とは過去と同様に必要であり、また求められているものであるが、それは建物の中に当座求められている物以上のものがあるときに初めて達成される。」

モノづくりの本質はこんなところにある。そしてそういうことは追及しようとしても果てしない奥行きがある。時間もかかるし手間もかかる。だからこそ時間をかけて、手間もかけないといけないのだと思う。

201806

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
page top