ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2018/5/11

増井真也日記

2018/05/11

朝礼終了後、メンテナンスについての打ち合わせをおこなう。ますいいでは家づくりの中で木の仕上げというものを内装仕上げによく使う。無垢材のフロアリングなどは定番中の定番だが、内装だけでなく外部にも利用する。ウッドデッキや外壁仕上げ、はたまた外構の柵を作ったりもする。外部の軒裏の仕上げにも使う。玄関ドアなども防火の規制がなければなるべく木を利用するようにしている。なぜ木を使うか、それはやっぱり無垢材は優しさがあって、暖かくて、心地が良いからである。こういうことを大切にする感覚は住宅ならではのものだと思う。効率重視の建築ではなかなかそうはいかないだろうが、人が住む場所だからこそ木の暖かさが好まれる。

無垢の木を使用するということは、メンテナンスも必要となる。クライアントから木の建具をどう知ればよいですかの質問をされることがあるが、こうした質問に答えることができそうなパンフレットを作成することを考案しているというわけである。ますいいに昨年より参加してくれている池田さんは木の家一番振興協会のメンバーである。そしてもともとはBESSさんというログハウスの会社で働いていた。だから木のことにとても詳しい。そこで池田さんを中心にパンフレットづくりを進めることとなった。このパンフレットが配布されて、みんなが木のメンテナンスをこれまでよりもちょっとやるようになって、木で作った壁や建具などがこれまでよりも長持ちするようになってほしい、そんな願いを込めてのプロジェクトである。

20180511.jpg

201805

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
page top