ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/galleryコンセプト/concept現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2017/9/30

増井真也日記

2017/09/30

10時、埼玉県川口市にて設計中のKさん打ち合わせ。先日ご提案したプランについてご意見を伺うための打ち合わせである。とても気に入ってくれたご様子で、基本的にはこのプランをベースにして修正を加えていくことになった。1回目の打ち合わせで、提案内容を気に入ってくれるあまりに涙を流された時には本当にこの仕事をしてきてよかったの感があったけれど、こうして設計をしていると「やっぱり住宅って面白いなっ」てつくづく感じるところである。

建築の仕事は、たいていは使い手が見えない仕事であって、だからこそユニバーサルデザインのごとき誰にでも当てはまる正解を探すことが正義となるわけだけれど、その行為は必然的に個性や地域性を消していく方向につながらざるを得ないという側面もある。僕が戸田建設にいたときに最初に配属された現場はゆとり健康創造館という100億円くらいの現場だった。設計事務所はRIAという事務所で、昔、山口文象さんという方が立ち上げた有名な事務所である。大阪の外れに造った豪勢な温泉レジャー施設は、開館から数年間で赤字のため閉鎖されたという。GOOGL MAPで見てみると、さすがにまだ取り壊されてはいないようだが、頑張って作った屋外バーでゾーンなるエリアはお湯もなくただ荒廃するのみのようだ。

初めての仕事がこれである。だからこそ僕は住宅に夢を感じた。住宅だけが唯一、使い手と対面して、ただ一人その使い手のためだけに建築を考えることができる聖域のような仕事であると思っている。

page top