ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/galleryコンセプト/concept現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2017/7/4

増井真也日記

2017/07/04

朝礼終了後各プロジェクト打ち合わせ。

13時過ぎ、茶道稽古。今日は久しぶりにゆっくりと稽古をする時間が取れたので、名水を使った濃茶のお点前と葉蓋の薄茶点前を行った。名水のお点前というのはつるべの水差しに、しめ縄のようなものをまいて、どこどこの御神水です・・・というような仮想のストーリーのもとで進めるのだけれど、ミネラルウォーターを使用すればお手軽に富士山の・・・というようなストーリーを作れるので、実際にやってみるのも面白いような気がした。とはいえ稽古の中では、あくまで想定した世界に合わせて作法や振る舞いを学ぶだけである。もしも機会があったらリアルな名水を使用してみたいものだと思ったところである。

こういう稽古事というのは、多くの場合は想定の世界から抜け出ることが無く、つまりは稽古の世界だけで終わってしまう、稽古のための稽古になることが多い。でも、茶道なるものはやはり実社会の中での実践があるべきだと思うし、その実践というのはできれば茶道にかかわる人たちの間だけで行うのではなく、そうでない人たちもなんとなくまじりあって体感できるような類のものであるほうが望ましい。現代における名水点てとは、どのような形があるのだろうか。少なくともただ単にコンビニで買ってきたミネラルウォーターを使えばよいというのではないような気がする。水が貴重な現代社会だからこそ、なんとなく変なことを考えてしまったのであろう。

page top