ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/galleryコンセプト/concept現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2017/7/28

増井真也日記

2017/07/28

朝10時、東京都豊島区にて計画中の本納寺屋根葺き替え工事についての現地調査。お寺の本堂の屋根は約100年周期で吹き替えなどのメンテナンスを行うらしい。このお寺は築年数が90年ほど、そろそろ屋根の吹き替えの時期である。数年後に日蓮上人の生誕800年を迎えるということで、それまでには完成をさせなければならないプロジェクトである。

今日は耐震計画を含めた下見を行った。寺院などの伝統建築に対して行う耐震診断は限界耐力計算といって通常の木造住宅などに適用している手法とは異なる。この限界耐力計算という手法では、木造の仕口の強度なども計算に入れるため筋交いの無い既存の寺院などでも、ある程度の強度を認めてくれる。ゆえに改修計画をしたら全方位壁だらけという風な結果になることが無い。つまりは寺院としてふさわしい意匠も保つことが出来る手法なのである。

この手法、当然ながら関西のほうが普及している。京都、奈良といった伝統建築をそのまま保存したいという願望の強い地域ほど普及している手法なのだ。というわけで今回もそれを行う構造設計士さんも関東の人ではなく関西から招くことになった。建築の種別は千差万別、僕はふさわしい治療法を考えることができる町医者のような存在でありたいと普段から思っている。驚くことに関西から招く構造設計士さんの費用は関東の構造事務所に依頼するよりも安い。宿泊費なども含めてもそのほうが安いのである。コストは普段どれだけ類似した仕事を経験しているかの慣れにも左右されるものだけれど、関東よりも関西のほうが安いという事実もまた適材適所の妙なのである。

14時、埼玉県川口市にてリフォームの計画をしているYさんご家族打ちあわせ。古い木造住宅をリノベーションして、フランス人のご主人が営むフランス語教室を含んだ若い夫婦のための新居に作り替える計画である。今日はパースなどを使用して内装のイメージについての確認作業を行った。

Yさんの古いご自宅、実は純和風のしつらえをしている。この純和風のしつらえを北フランス風、つまりは漆喰の壁やグレーの石屋根、窓には木製のガラリ戸がついているようなイメージに変換するというのが強いご希望である。一部増築を行うことで既存にはそれほど手を付けずにイメージの変換を行う計画である。これからしばらくはこの作業が続くことになるであろう。

20170728.jpg

page top