ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/galleryコンセプト/concept現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2017/6/5

増井真也日記

2017/06/05

朝礼終了後、埼玉県東松山市にて設計中のKさんの家のスタディー。減額案の提案内容の精査や、耐震等級3を満たすための壁の配置計画についての考察等を担当の渡辺君と一緒に進める。結果はおおむね良好である。地震が多い日本という国での家づくりは、当然ながらそれに立ち向かうことを前提とした強さを兼ね備えなければならないのだけれど、法律で定められている耐震等級1を満たせばよいという認識は終わり、それ以上の強度を求めるほうが増えてきているような時代である。今回もしかり。あらかじめ多めの壁を配置していたので、等級をクリアすることはできそうである。

最近はなんとなく住宅の依頼が増えているような気がする。土地の価格も上がっているので、低金利の時代に住宅の取得を考えている人が増えているのだと思う。人口が減り、空き家がこれほどまでに問題となっているのに、それでも家を建てる人がいる。僕たちにとってはとてもありがたい話なのだけれど、でもあんまり土地の価格が上がったりの現象は好ましくないような気がする。そしてこの住宅ブームが去った時の静けさもまた好ましくない。景気に波があるのは当然のことだけれど、なるべくなら平準化すればよいのになと思うのである。

以前屋久島に建てた住宅のことを思い出した。通り土間が真ん中にあって、両側にLDKと寝室を配置した。海に面した土地で、山側にはモッチョム岳という山が見えた。当時世田谷に住んでいたMさんご夫妻が移住を決意し、その設計を僕に依頼してくれたのである。内外装には杉の羽目板を貼っている。構造材には無垢の杉材を使用し、大工さんの手刻みによる構造を意匠としてふんだんに表現した。決して豪華ではないけれど、素朴な自然の仕上げをご夫婦ともにとても喜んでくれた。奥様はもういない。数年前にお亡くなりになった。建築したのが2006年だったから10年くらいはこの家に住んだことになる。決して長くはないこの時間を、でもきっと満足して過ごしてくれたと思う。家とは、必要な時に必要なもの、ついつい将来とか老後とかって考えてしまうけれど、まずは今を最高に心地よく過ごすことができる場所でなければいけないのだと思う。

最近の家づくりでは様々な制度が僕たちを惑わせる。クライアントも惑わせる。何が本当に必要で何が心地よいと感じる源なのか・・・。答えが簡単にわかるものではないからこそよく考えたいと思う。

20170605.jpg

20170605-2.jpg

20170605-3.jpg

page top