ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/galleryコンセプト/concept現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2017/6/13

増井真也日記

2017/06/13

午前中は、埼玉県川口市にて新築住宅を検討中のSさん打ち合わせ。奥様と息子さんとの3人暮らしのSさん、40年ほど暮らした家を壊して新しく建て替えることを検討している。今回は1回目のプレゼンテーションということで、二つのプランをご提案させていただいた。

夕方、埼玉県加須市にて新築住宅を検討中のNさんご夫妻打ち合わせ。2回目のプラン提案である。3500万円ほどの総予算をどのようにコスト配分するかの想定と、その際の各種仕様の想定を含めてのご説明をさせていただいた。

最近またテロ事件が増えているような気がする。ロンドンでの事件のせいであろうか。知らない都市で何回か起きた事件よりも、よく知る街で起きた1回の事件のほうが受け取る側のインパクトは大きい。そして、日本でもこのテロを防止するための法律が成立しようとしている。そもそもなんでこんなにあちらこちらでテロが起きるのか。そもそもは、アメリカへの反発、宗教や思想といたところに端を発しているのかもしれないけれど、今あちらこちらで起きているテロ事件はグローバリズムを通じて自由主義、利益追求主義が拡大し、世界的に格差が広がった結果であるような気がする。つまりすでにイスラムの問題だけではないと思う。

一方そうした時代に呼応するかのように、ナショナリズム的・保護主義的な政策が強くなっている。そうした声を強く大きく上げる政治が力を持つ時代へと向かい過ぎれば、最悪は過去の過ちを繰り返してしまうという結果に陥るかもしれない。イギリスでメイ首相が選挙に敗北したことも、その前にキャメロン首相が国民投票で予想外の敗北をしたことも、現状に対する不満の声の結果でしかないような気がする。どちらにすべきかの冷静な判断をしているのではなく、大勢にあらがうことで不満をぶつける結果が選挙結果として現れる流れが定着すれば、そもそも民主主義の根底すら危うくなってしまうのではないかとも思う。トランプのごときポピュリズムに傾倒した政治家ばかりが台頭する時代にはやはり恐怖を感じる。

自分自身に目を向ければどうか。日本人に何ができるのか。戦争に負け、原爆を落とされた国民は日本人だけである。ポピュリズムでもなく、軍事行為でもなく、つらい思いをした国民だけができる何かがあるような気がするのである。

page top