ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/galleryコンセプト/concept現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2017/4/8

増井真也日記

2017/04/08

10時、埼玉県富士見市にて設計中のMさんの家の打ち合わせに担当の和順君と一緒に参加。今日は2回目の基本設計である。前回プレゼンさせていただいた1階リビング案から変更して、今回は2階にリビングがあるプランを考えた。

1階リビングと2階リビング、これは基本設計の初期段階で家の様相を大きく変える要素としてとても大切な部分である。昔ながらの住宅は1階に居間があることが当然だった。僕もそういう家で育ったし、逆にそうでない家というのは、例えば1階に作業場があるとか、床屋さんがあるとかのちょっと特殊な事情がある家だったと思う。(僕の一番の親友だった向かいの家のあやちゃんは椅子の張替公房の2階に住んでいたし、その隣の家のしげるくんは1階が床屋さんだった。)

でも近年の住宅街では、すぐ目の前に道路があったり周りを住宅に囲まれていたりの理由などから、光や開放感を求めて2階にリビングを配置せざるを得ないケースというのが増えている。下の写真は埼玉県の蕨市に造った住宅である。写真のごとく狭小地に建つ住宅で、目の前はすぐに道路となっている。2階のリビングのプライバシーを配慮して外壁には木製格子を施工し、さらに2階リビングには吹き抜けを設けて、屋上からの光を取り込むことができるように工夫を施している。

さてさて、今回の敷地では前面に緑地帯のような公園があり、しかも敷地よりも1mほど下がったところに地面があるので1階リビング案でも眺めがなかなか良い。もちろん2階にリビングを設ければさらに眺めがよくなるけれど、生活導線の利便性などを考えるととても悩ましいところでもある。悩むことができるだけ幸せ、なのだけれどどちらにしようか。次回も両案を変更させる形でアレンジしてみて検討を重ねることとしようと思う。

20170408.jpg

20170408-2.jpg

午後、東京都練馬区にて設計を進めているKさんの家の打ち合わせ。いよいよ基本設計がまとまりつつあり実施設計にコマを進めようという段階である。スケールアップした図面や模型を作成していくだけにこの先の作業が楽しみなところだ。

page top