ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/galleryコンセプト/concept現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2017/4/3

増井真也日記

2017/04/03

朝礼終了後各プロジェクト打ち合わせ。今週も週末にはいろいろな打ち合わせが控えているので、それぞれの検討事項について的確なアドバイスをしていかなければならない。

気が付けば陽気もだいぶ暖かくなってきて、庭の桜もほぼ満開、週末は関東地方がお花見日和とのことである。畑のほうもだいぶ春らしくなってきていて、じゃがいもが小さな芽を出したり、エンドウ豆などもすくすくと育ち始めたりの様子である。冬に育てていた大根や水菜の収穫は終わりを迎えて、その代わりに種をまけば40日ほどで葉物の野菜を収穫できる時期になってきた。5月になったら夏野菜の苗を植えたりの作業に入る。毎年毎年同じようなことを同じ時期にやるのだけれど、でも少しずつどこかを変えてみて、その変化を楽しんでいたりもする。

そういえば一年目のこの時期にはスズメバチを駆除するためのわなを仕掛けてみた。構造はとても単純。ウェブで検索すればすぐに出てくる。ペットボトルに「はちみつ」やら「お酢」やらの好物を入れて、ちょうど蜂の入り口になりそうな穴をあけておくとどんどんその罠にスズメバチが入るというものだ。
が・・・・10月の最もスズメバチが好戦的になる時期にまるでその罠に誘われてしまったかのように、わなを仕掛けたすぐ近くの木に大きな巣を作られてしまった。ある日作業をしていると頭の上にスズメバチがたくさん飛んでいるのである。妻は平気でその下で作業、傍らには小学生の娘、そして僕。しばらくすると娘があそこに蜂さんの家があるよ・・・といった時には唖然とした記憶がある。
それ以来蜂のわなは仕掛けていない。そしてハチの巣も出来ていない。自然とはそんなものである。

自然の世界はなんでも思い通りになると思いがちだけれど、たいていのことはそうでもない。そうでもないもののほうが多いということはわかっておいたほうが良いと思う。それでも色々と工夫をしながらあれこれ試しているときはとても楽しい。これは建築の仕事も同じような気がするのである。

page top