ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/galleryコンセプト/concept現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2017/3/9

増井真也日記

2017/03/09

朝礼終了後、東京都豊島区にある本納寺さんにて本堂修復工事の調査立ち合いへ向かう。このお寺の本堂は昭和9年ごろに造られた木造建築である。1933年、今から84年前の日本はいったいどんな国だったのか。太平洋戦争に突入する前。ドイツではヒトラーが首相に就任し、アメリカではフランクリンルーズベルト大統領がニューディール政策を始動したころである。初めて知ったのだけれど、この年に三陸沖でM8.1の大地震が起き、多くの人が犠牲になったということである。このあと3月には日本が国際連盟を脱退したというから、とても大きな時代のうねりの真っ最中の年だったことがわかる。

宮大工の鈴木さんが小屋裏に入っていったのであとをついて覗いてみると、写真のような曲がりくねった丸太の小屋組みが現れる。小屋裏に仕込まれたエアコンのダクトなどが複雑に絡みついていて、一見何が何だかわからない様相を呈しているけれど、よくよく見れば案外単純な木組みをしていることに気が付く。もっとひどく傷んでいるかと思ったけれど、屋根の裏側は意外なほどに当時の姿を保っていた。同行した鈴木と田部井が図面の作成のための採寸をしているので、僕は一足先に帰事務所。途中、池袋のLOFTにて画材などを買い込んで帰ることにした。

20170309.jpg

page top