ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/galleryコンセプト/concept現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2017/3/12

増井真也日記

2017/03/12

日曜日。昨日の夜はやたらと早く寝てしまったので、6時前に目が覚める。あたりはまだ暗い。日曜日だからあんまり物音もしない。家族はみんな寝ているし、一人で本など読んでみる。こういう時間に目が覚めたりするのはとても得をしたような気がするもので、まるで世界を自分だけが独り占めしたような感覚になるときがある。まだ世の中が動き出す前の静寂の時間、そんな時間が僕は好きだ。

9時ごろ畑に出かける。だいぶ暖かい日が増えてきたので、そろそろ畑の作業も再開しなければいけない時期だ。ニンニクを植えたスペースには雑草がだいぶ生えてきた。あんまり雑草が生い茂ると風の通りが悪くなっての病気の発生へとつながったりもするので、丁寧に手で抜き取らなければならない。1時間ほど作業をするとほぼ終了である。続いて冬野菜のスペースのお掃除作業に移る。これまた大根などを採り終えたところにある雑物を片づけたりの地味な作業である。

つまらない作業をしているだけだけど、でもあたりを見渡すと梅が咲いていたり、椿が咲いていたりの楽しみもある。大きな変化が起きるのはもう少し後だけど、もう春はそこまで来ている。土の中や木々の小枝の先で、本格的な春の到来の前にうごめく春の気配のようなものが見て取れる。もうじきカナヘビやモグラなどの生き物もちょくちょく顔を見せるようになる。四季の移ろいとは肌で感じて初めて分かるものなのである。

20170312.jpg

午後からはディズニーランドへ。二人の娘たちの喜ぶ姿を見るのが楽しくて行っては見たものの、あちらこちらで工事中のご様子。ここもオリンピックの影響なのだろうか。ここまでみんなで一斉に工事をしなくともよいだろうにとあきれてしまう。夜の10時ごろまでいると、際限なく披露されてきた花火やらパレードやらの催しも終わりとなる。世界が宗教やイデオロギーの対立などで混とんとしている中でも、ここだけは夢の国であり続けるように作られていること、その夢の国を見ていると、まるでアメリカという国自体が夢の国なのではないかということを思い出すこと、というより日本のほうがむしろ夢の国なのではないかとの思いがしたりすること、そしてその夢がもしかしたら覚めてしまうような危機がもしかしたら意外と近くまで来ているかもしれないなどというようなことを考えてしまう僕は、やっぱりディズニーランドを純粋に楽しむことができない、損な性格である。

page top