ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/galleryコンセプト/concept現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2017/2/9

増井真也日記

2017/02/09

朝礼終了後、埼玉県東松山市にて計画中のKさんの家の打ち合わせ。今日は第2回目の実施設計打ち合わせである。リビング・水回りを中心としてあらかじめデザインしてきた図面や模型をご覧いただくと、特にリビングのデザインについてとても喜んでいただけたようである。

担当の渡辺も心から喜んでいる。それもそのはず、僕たち設計者にとってはこうしてクライアントに喜んでいただけることが何よりもやりがいとなるし、まさに住宅を手掛ける意味であるように感じる。そもそも工事費が安く、設計料も安く、でもやることがとても多くて仕事としては決して割に合わない住宅に身を置く設計者というのは、このクライアントとの直接の関係が好きでやっているのだ。目の前の誰かに喜んでもらうことができる仕事を一生やっていきたいというのが僕たちのモチベーションなのである。

先日石山修武先生に分けていただいた広島ハウス・イン・カンボジアのイメージスケッチが送られてきた。この絵は2000年に描かれたもの。石山修武氏の代表作である建築のイメージとあって、僕にとってもすごく意味のあるものとなる予感がする。このますいいリビングカンパニーという会社は、僕が戸田建設に在職中の西暦2000年に、約2年にわたり早稲田大学の石山修武研究室に足を運び、今の世の中に「こんな形の家づくりが行える組織があったほうが良いな」と思えるような体制を探し出し、先生の力をお借りして考え出したものである。以来石山先生には顧問として関わっていただいている。顧問といってもどこかの天下りの人たちみたいにお金をせびることなど全くない、純粋な理念としての顧問である。だからこそこの絵が僕にとっての大切なものになるような気がするのである。

20170209.jpg

夜、地元の経営者の団体会合に参加。久しぶりの仲間と酒を飲む。何年たっても変わらぬ仲間というのは良いものだ。

page top