ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/galleryコンセプト/concept現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2017/2/4

増井真也日記

2017/02/04

朝礼終了後、打ち合わせの準備。

10時、埼玉県久喜市にて設計中のIさんの家の打ち合わせ。周りを住宅に囲まれる土地に新築住宅を検討しているということで、今回はCGを用いての日照検討を主なテーマとする打ち合わせとなった。模型に光を当てての検討などに比べると日時を指定してのリアルな画像を見ることができるのでよい。周りを囲まれる土地に設計を行う時には、空に対して開くということが常套手段である。そこで今回の設計では大きな中庭のあるこの字型プランを作成することにした。さらに建物内部に光を取り込む工夫として、平屋部分のリビングの上に棟屋を設けることにした。この棟屋には東・南面に開口部が設けられ、より積極的に光を取り込むようにしている。中庭型のプランということで、プライバシーの確保にも配慮している。出来上がるのが楽しみな住宅である。

14時、東京都練馬区にて設計中のKさんの家の打ち合わせ。今回は2回目のプレゼンテーションということで、前回に引き続き江崎と土田の二人から1案ずつご提案させていただいた。つまりは小さな小さな社内コンペである。Kさんは建築系のお仕事をされている。つまりは自分で自分の家を考えることができる人である。だから今回はKさんご自身で作成されたプランを奥様に対してプレゼンするということも行うことにした。つまりは僕たちと一緒に提案する側に回ったのである。クライアントも含めた3人でのコンペ、何とも楽しい打ち合わせの時間であった。

ますいいリビングカンパニーは「自分の家は自分で作る」ということを大切にしている。僕が初めて建てさせていただいた家は水道屋さんの家だった。水道やさんなのに大手ハウスメーカーでは自分で水道工事をやらせてもらえない、でもますいいならできるということで僕に家づくりを依頼してくれた。以来、ゼネコン・組織設計事務所、ハウスメーカー、都市計画事務所、デザイナー、アーティスト・・・ますいいのクライアントの約半数は建築やデザインを仕事とする人々、つまりは自分の家を自分で作ることに挑戦したいという心と、すべては無理だけれど一部分を考えたり行動したりすることができる知識や技術を持ち合わせている人たちであるのだ。今の時代に家を作る意味があるならば、やはり個人の強い意志の表現、本当の意味での自分の家を作ること以外にないのではないだろうかと思うのである。

page top