ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/galleryコンセプト/concept現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2016/12/5

増井真也日記

2016/12/05

朝礼終了後事務所にて各プロジェクト打ち合わせ。

埼玉県伊奈町にて設計中のWさんの家では見積もりの減額案の作成や、追加で見積もりをしている項目がある。まだすべて出そろったわけではないけれど、途中経過を確認のうえ追加の作業を指示した。

東京都世田谷区にて設計中のKさんの家の現場では、地盤の中にある地中障害物を売主さんの責任で撤去してくれることが了承されたようである。土地の取引につきものの地中埋設物であるけれど、これが見つかったときには速やかに対処しないと建築の工事に影響が出てしまう事となる。そもそも売主さんが瑕疵担保責任を履行してくれる期間というのが1年から2年という規則があるので、それを超えてしまう前に調査をしたりの注意も必要となる。(売主が業者さんの場合には2年となる。)

今回は土地の地盤調査を早めに行ったところ、スェーデン式サウンディング試験の棒が打ち込めないくらいの障害物に突き当たってしまったことで、地中傷害の存在に気が付いたわけだけれど、こういうケースが何となく増えているような気がするから、土地を購入した場合にはなるべく早く調査をしたほうが良いのかもしれないとも思う。それにしてもすぐに対応してくれそうな売主さんでよかった。

昼前に川口市でお世話になっている知人の会社事務所の扉と天井のクロスの張替え相談に出向く。こういう小さなお仕事も有難い限りである。
そういえば僕が独立して最初にやらせていただいたお仕事は小学校の頃の同級生の実家の床フロアリングの張り替え工事だった。次のお仕事は、東川口のFさんの家のキッチン前タイルの張替えとリビングの漆喰塗であった。Fさんからは16年たった今でもたまにお電話をいただいている。ご主人を亡くし、お嬢様までなくしたFさんがくれるお電話は、大体がちょっとした世間話なのだけれど、でもそういう関係が今でも続いていることがちょっとうれしいのである。

夕方税理士さんとの打ち合わせ。お金の話はやっぱり苦手なのだけれど、でも僕が理解していかなければいけない事でもあるのできちんとやらなければ・・・。

page top