ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/galleryコンセプト/concept現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > 増井真也日記 > 2016/12/16

増井真也日記

2016/12/16

朝礼終了、スタッフの渡辺君と一緒に埼玉県東松山市にて設計中のKさんの家の打ち合わせへ。基本設計の5回目ほどであろうか。土地の日照状況に合わせたプランをこれまで幾通りも考え続けてきたが、その答えもそろそろ終着点に向かっているような気がする。今後の方針としては今回ご提案したプランの中で、部屋の配置などの検討を進めてみるということになった。

基本設計の時の様々な進展を思い返してみるとそれぞれのプロジェクト一つ一つに思い出がある。

僕がまだ20代の終わりのころに作ったさんかくの家では、直角三角形の土地に三角形の家を作るに至ったわけだけれど、初めからそういうプランを描いたわけではなくって、打ち合わせのなかでだんだんとそういう風になっていった。この土地にはもともと四角い家が建っていた。16坪の狭小地に、しかも三角形の土地に無理やりに四角い家が建つ様子はちょっと窮屈な感じがした。でもそれを見た僕も、初めのうちは同じように四角い家を設計してしまっていたのである。

何度か打ち合わせをしていくうちに、自然と三角形のプランが浮かんできた。それは驚くほど自然にその土地の形に収まり、そしてとても魅力的な建築へと進化した。考えている建築が土地の条件に当てはまる瞬間を作ることができた、そんな気がしたものである。懐かしいスケッチがあったのでご紹介する。三角形の土地に浮かびたつ柔らかな膜につつまれるように暮らす親子の像、僕が作りたかった家はこういうイメージだった。

20161216.jpg

20161216-2.jpg

page top