川口市安行のガーデンハウス

 

埼玉県の川口市は安行という植木の産地があることで有名である。その安行の原というところにガーデニングのためのセカンドハウスを作ることになった。クライアントは公団の外構工事を管理する仕事をしている方で、ガーデニングは普段の仕事の延長でもある。通常暮らす家はほかにあるわけだが、このセカンドハウスでは休日にガーデニングを楽しんだり、バーベキューをしたりの利用をする予定で、さながら川口安行原の別荘というわけだ。

 

川口市内に別荘、なんとも新しい発想だ。都心で暮らす場合、なかなか庭を十分につくることができる敷地を購入することは難しい。しかし、土地というのは不思議なもので同じ川口市内でも何らかの条件が重なって格安で購入できる場合がある。今回の計画地も通常の相場では考えられないような価格で購入しているもので、クライアントにとっては自宅の敷地内に作ることが難しい庭を、ちょっと離れたところに持つことが出来たというわけなのである。

 

この発想はマンションで暮らす方が近所にレンタル畑を持つのに近似している。別荘というと普通は軽井沢や那須高原を思い浮かべてしまうが、ガソリンをばら撒いてそんなに遠くまで行かなくとも良い状況を作り上げるには、今回の手法は良策である。

 

実はこの建築、確認申請には非常に苦労を要した。風呂も無いキッチンも無い、それでは住宅とは認められないというわけである。セカンドハウスと倉庫の違い、こんなものは定義されていないので、必然的に役所とは行ったり来たりの問答になる。結果、玄関らしき床のくぼみと間仕切壁らしきついたてをつくることで住宅と認められたわけであるが、住宅専用地域にセカンドハウスを作ることなど法律も想定していないということだろう。

 

建築はいたってシンプルな木造平屋建てである。内装工事は全てセルフビルドで行う予定だ。写真の床タイルも全て施主のセルフビルドだ。外壁には杉板を利用した。ゆったりとした休日を於過ごすのにふさわしい自然素材を利用した建築としている.。

川口市安行原の敷地。
緑が多くとても東京近郊の住宅街とは思えない環境である。
シンクだけのシンプルなキッチン。
キッチンはクライアントのセルフビルド。
天板はたも、側板はパイン、イケアやホームセンターで購入した材料を組上げた。
右側に見える窓は古い小屋のものを再利用した。
庭に面する木製の開き戸。
小さな両開きドアが
4セットはめ込まれている。
前面にはこれからウッドデッキを作る予定。
外壁は杉板を貼っている。
貼る工事は大工さんに依頼し、キシラデコールの塗装はクライアントによるセルフビルドである。
周囲の景観に会う素材を安価で取入れている。
リビング。床のタイルはインターネットで購入したアウトレット商品を
クライアント自らの手で施工した。施工には友人達が多数参加している。
 
back | NEXT
 
リンク自由です
埼玉県 川口市 注文住宅” width=
masuii living company 埼玉県川口市中青木3−2−5
masuii R.D.R 埼玉県川口市幸町3−8−25−109
営業範囲:埼玉県、川口市、草加市、八潮市、三郷市、吉川市、越谷市、さいたま市、北区、西区、見沼区、岩槻区、大宮区、緑区、浦和区、中央区、桜区、南区、富士見市、志木市、朝霞市、新座市、和光市、戸田市、鳩ヶ谷市、蕨市、春日部市
千葉県、流山市、野田市、柏市、松戸市、市川市、浦安市
東京都、23区、足立区、北区、板橋区、練馬区、杉並区、豊島区、中野区、新宿区、文京区、荒川区、葛飾区、江戸川区、台東区、墨田区、千代田区、江東区、中央区、港区、渋谷区、世田谷区、目黒区、品川区、大田区、武蔵野市、西東京市、三鷹市