ますいいの運営するノンプロフィットレンタルアートギャラリーとギャラリー。各アート作品の展示・販売をするショップとなっております。

公式サイト>

ますいいでは、古くなった物件を壊すことなく次の世代に引き継ぐお手伝いをしております。

詳細情報>

ますいいリビングカンパニーは埼玉県川口市にある注文住宅を作るデザイン設計事務所です。
ローコスト・セルフビルドでよい素材を上手に使い家族が幸せになる、そんな建築を目指しています。

ますいいリビングカンパニー|埼玉県川口市

ますいいについて/about us
作品集/gallery会社概要/corporate現場進行中/project仕事の進め方/workflow
増井真也日記
田村和也雑想設計室雑感
お問い合わせ/contact

top > ますいいについて

ますいいについて

もっと自由に家をつくろう

調和の取れたほどよい空間

家は家族の生活する大切な場所です。
日本という文化の中で、伝統や既成概念にとらわれることなくこれからの日本の建築を作っていきたい。
これがますいいが日々考えていること。
決して奇をてらうデザインをするのではなく、住まいとして調和の取れたほどよい空間を作りたい。
そのためにますいいでは次のような家造りをしていきます。

「自分らしい家」

ひとりひとりにあった家と暮らしをデザイン

人にはそれぞれ違った価値観があります。家に対する考え方も様々でしょう。ある人はただの箱でよいと考えているかもしれないし、ある人は古い民家のような趣のある家に住みたいと思っているかもしれません。にもかかわらず、ハウスメーカーをはじめとする多くの企業は標準化をした企画住宅を売ることに集中していてクライアントにあわせたデザインの追求をしようとはしません。多くの住宅を建てようとすれば標準化をしたほうが手間がかからずにすむからです。

ますいいでは、クライアントのこだわりを実現するためにひとつひとつの設計を丁寧に行うようにしています。下の写真にあるような模型を作成し、クライアントが建物全体の雰囲気を理解できるよう努めます。

「家族全員の考え方、趣味、そして家に求めているもの」それら全てを理解した上で、家としての機能を満たすような設計をします。さまざまな要求を整理し、その家の中でもっとも大切にするものは何かを考え、コスト配分も含めて最適な住宅を提案することに努めます。

設計の流れ
1.基本設計(プランニング・空間構成等)

まずはじめに行うことは、クライアントの家を作る目的をしっかりと理解すること。住宅とは初源的には生きるための場であり、もともとは洞穴やら竪穴式住居などで暮らしていた人間の住処と同じです。この生きる為の住処であるということに加えて、現代社会に暮らす私達の、時代背景や家族構成、個人的な趣味などにもとづくさまざまな要求を満たす器がまさに現代住宅であり、その要求は人それぞれ多様性に富んでいます。
設計とは、クライアントの要求する一見ばらばらな事象を一つ一つまとめ上げ、心地よく暮らすことの出来る空間を作ってあげることであると考えています。そのためにも、クライアントの要求をしっかりと分析し、一つの「設計の指針=コンセプト」を作り上げることが大切であると考えます。

続いて、敷地状況の調査。敷地には形状や方位だけでなく様々な法規制があります。場所によってはレベル差がある場合もあるでしょう。設計は「住まい手」と「敷地」が出会ってはじめて始まりますが、この敷地の持つ特徴をしっかりと理解し、それを活かした設計をすることが大切であると考えます。

ここまで進んだら、いよいよプランニングです。平面計画はもちろんのこと、断面や外部と内部の関係性などにも十分配慮し、家族構成の変化にもフレキシブルに対応できる住宅を作ることが大切であると考えます。

2.実施設計(構造・仕上げ・設備・家具等)

第1段階の設計が終了したら、いよいよ実施設計に入ります。
この段階では想定していた構造計画が成立するかどうかの構造計算を行ったり、各部屋の展開図(壁の見た目を描いた図面)などの設計を行います。仕上げ材料や、設備器具の選定などもこの段階で一つ一つ行っていきます。建物を実際に作り上げることが出来るまでのすべての図面の作成を行う実施設計は、まさに物づくりの知恵の絞りどころです。

作品事例
  • 風景を取り込む心地よいデザイン

    町田南大谷の家
    東側に自然公園の森が広がる、造成地の角地に建つ親子3人の住まいです。 緑が生い茂る路地の様なアプローチを抜ければ、縦長の窓から光が入り込む、ゆったりとした玄関にでます。その土間は大容量の収納棚がついたインナーガレージに繋がっており、奥には庭と隣り合わせの趣味室があります。そしてそこから主寝室を通って水回りや玄関の方へ回遊できるように考慮してあります。2階は大きなバルコニーをLDKと和室が取り囲み、森を眺めて過ごすことができます。加えて、バルコニーの中にも樹木を取り入れることで、森との視覚的な繋がりをもたせて風景に奥行が生まれるように工夫しています。 秘密基地のようなガレージがある、美味しくお酒が呑める、小さな鉄道博物館のような、三者三様のおうちです。
  • 室内にいながら庭を間近に感じられるデザイン

    2つの中庭のある家
    2つの中庭のある、手作りにこだわった家です。
    2つの中庭は、外部でありながらも、木製建具のガラス越しに内部空間と一体化し、開放感をもたらしています。この中庭を介して緩やかにスペースを分けながら、光と風を導くワンルームプランを目指しました。
    既製品を極力使わないように外部木製建具・収納・ベット・テーブル・キッチン・門扉を造作すること、そしてお施主様がセルフビルドを行うことで、お施主様自身の家に対する愛情をより一層深めることができたと思います。
    セルフビルドを行った柿渋の勾配天井は、味わい深い、人を優しく包むものになりました。お施主様が希望された猫の部屋は、1坪部屋に約4.5mの天井がある部屋となっていて、その塔のような空間は、内部空間にもシンプルなモルタルの外観にもアクセントを与えています。 周囲の風景にもよくなじむ簡素な優しい家ができました。
  • ローコストでカフェと自宅の夢を実現

    アスタリスクカフェ(川島町の家)
    埼玉県川島町、のどかな田園地帯が延々と広がる、円環状の集落に住居兼カフェができました。1階が店舗、2階が住居になります。超ローコスト住居を実現する為、従来型の家づくりから離れた仕様や構法を採用し、セルフビルドをふんだんに取り入れました。
    形はシンプルな四角形とし、間仕切りを最小限に減らしたコンパクトな間取りです。柱や筋交や梁など構造材を露出させ、そのままの仕上げとしました。店舗ファサードは、規格のアルミ材とガラスを組み合わせ、大工さんとガラス屋さんがそれぞれ分離して取り付けることで、大幅なコストダウンとなりました。外壁のフレキ板や杉板の塗装、内壁の漆喰仕上げ、床の土間やフローリングの塗装、デッキの製作など、クライアントのセルフビルドを各工程に細かく組み込んだ現場監理を進めました。
    大きく張り出した庇は訪れる人々を広く迎え入れます。大きく開けた開口部からは、夕日に染まった秩父連山、遠くは富士山を眺めることができます。どこか古代の匂いが感じられ、風が印象的なこの風景の中に、茫洋と溶け込んでいける場所になれば良いと思います。
  • 茶室のある現代のくらしをデザイン

    寄居の家
    埼玉県寄居町に、裏千家茶道を通しての友人の住宅を設計した。玄関を入ると8畳の茶室が作られている。茶室は、京間の畳を採用し、本勝手で上座床のオーソドックスなものとした。 躙口こそ作っていないが、家庭の茶室としては本格的なものである。壁には左官の聚楽壁、天井には手すきの和紙を仕上げとして貼っている。茶室の前には淡路島で作られた瓦が敷き込められ、その奥には蹲がおかれる予定である。奥へ進むと生活ゾーンが配置されている。 天井の高い広々としたLDKと連続する個室群がL字型に配置され、平屋ののびのびとした住宅が完成した。

「自然素材を使った家創り」

家族全員に安心な住まいを

毎日生活する家だからこそ、ますいいでは健康・自然素材を取りいれることにこだわります。
日本では住宅を30年くらいで壊してしまうことが当たり前のように考えられています。これがヨーロッパの国々では50年から古いものでは300年というものまで価値のある中古住宅として流通しているのです。ちょうど日本の古民家が一部の地方で重宝されているようなことがあたりまえのこととして行われています。
日本には住宅を手直しして大切に受けついでいくという習慣がありません。しかしこれからの時代、これまでのように大量に消費していくことがよくないことは明らかです。
親から子へ受けつぐことのできる大切なものとして家を造るからこそ、愛着がわき体にやさしく、そしていつの時代にも変わらぬメンテナンスのできる健康・自然素材を利用していきたいと考えています。

作品事例
  • 大工さんが手掛けた木を美しく感じられる家

    北の常緑ハウス
    静かな住宅地に建つ木造2階建の家。敷地の北側、緩やかに流れる川沿いの遊歩道には様々な種類の木々が立ち並びます。その景色を取り込むように北側の壁一面に大きな窓のあるリビング。吹抜けの中に柔らかな光が入り込みます。
    吹抜けと2箇所に設置した階段や、外部の大きなデッキによって家全体がぐるりと回れるようなプラン。さらに建物全体を包みこむような勾配天井は各部屋に奥行き感をあたえ動きのある空間を演出しています。
    また、壁の塗装下地や仕上げのタナクリーム、天井や"現し"の柱や梁、フローリングの塗装など多くの部分をセルフビルドとしました。まるで別荘に来たような心地よさと"手作り"の温かみのある住宅が出来上がりました。
  • 石灰クリームで壁や天井を仕上げた呼吸する家

    三角の家
    東京にある16坪の小さな三角の土地に三角の言えを建てました。
    週末はクライアント自ら、石灰クリームを塗りました。
  • 琉球石灰を利用した家づくり

    琉球土間の家
    住んでてワクワクするような家がほしい、施主は決まりきった家のイメージはなく海をイメージした写真を3枚ほど渡された。施主は毎年夏を家族で沖縄の阿嘉島で過ごす。その澄み切った大自然を家の中に取り込みたいとのこと。 計画地は埼玉県川口市。どこにでもあるような郊外の住宅地で、その環境は阿嘉島とは似ても似つかない、そこに施主の望むイメージと住環境をどう造り出すかが設計のポイントとなった。 住宅街ゆえの必要最低限のプライバシーと、家のイメージに必要不可欠な開放性、この相反する要素を同時に満たす機能として、沖縄の現地で採掘される琉球石灰岩を床に敷き詰めた土間空間を、全面道路側いっぱいに設けた。日に照らされる中間領域の土間空間に面し、街と適度な距離をとることで開放性、プライバシー同時にを獲得することができた。 また吹き抜けとなる土間空間は、室内環境を調整する場所になる。夏は快適な風を各部屋に届けながらも、家の排熱を行うルートになり、冬は日の降り注ぐ土間空間が蓄熱層になりぽかぽかと暖かい。 土間空間という家の中心のしつらえが、自然の美を造り出しながら、住宅の用を満たすことを可能にしたと思っている。
  • アーティストがつくった鉄の門扉や表札を家のアクセントに

    仙川の家 eine bleme
    東京都調布市に建てた賃貸住宅付住宅です。コンクリート3階建ての1階と2階部分を利用して、3戸のメゾネット型アパートが併設されています。アパートへの入り口にはアイアン作家の中沢さんによる門が設置され、庭は造園家の荒川さんにお願いしました。
    住居は主に2階と3階に配置され、3階には敷地の南北を貫く大きなリビングがあります。ここには自由に間仕切り家具がしつらえられ、子供部屋として利用されます。中心部には屋上につながる吹き抜けを設け、リビングに光を取り込みました。
    どこな懐かしさを感じるような、コンクリートの建物。それがこの建物を造るときのスタートでした。街から消えていく懐かしさ、その感情を作り出す要素は建築の形態、素材、そして庭や門などの付属物、それらが一体となり醸し出される「何か」です。「人の暮らしの豊かさのために」つくるという、建築の原点を追及した作品です。

「工務店機能を持つ設計者集団」

コストコントロール/日本の家は高すぎる

ますいいは工務店×設計事務所です。
施工のプロである職人さんとデザイン・設計を行う設計士がタッグを組み家づくりを行います。建て主のこだわりを実現するのはもちろん、不透明感がある工事内容の見積もり価格をそれぞれ評価・判断し適正価格で施工し工事価格全て公開します。あわせて、原価公開によってすべてのものの値段を明らかにします。そして納得した上で、必要なもの、不必要なものを選定し不要なお金は一切使わないことを目指します。
ローコストといっても、納得のいかないものではどうにもなりません。じっくりと考えて無駄をなくすことが本当のローコストと考えます。
また、ますいいに必要な設計・施工管理費は、請負金額の約15パーセントとなります。

「ローコスト・セルフビルドの考え方」

セルフビルドで家をつくる意味

自分の家は自分でつくる。自由な家づくりを行うために、これはとても大切なことだと思います。
でもすべての作業を自分でやることなんてできるわけがないから、できるところだけを抜き出してやる、そんなセルフビルドをお勧めします。意気込みさえあれば、コストダウンをすることが可能です。

作品事例
  • 和紙職人とクライアントが一緒に和紙をすいてはって壁紙に

    上篠崎の家
  • 床の木張りを家族や友達と協力して完成

    大倉山のダンススタジオ
  • 床、階段、デッキの塗装やガラス職人と表札づくり

    中青木本棚の家
    町工場が建ち並ぶ川口に、様々なシーンを棚が彩る本棚の家が出来ました。 外観は左官で仕上がった正面部分をガルバリウム鋼板の黒い外壁・屋根が覆う形になっています。 内部はラワン材で造作した家具が至るところに配置されています。 以前からお持ちだった階段収納とその上に乗っかるようにして作られた段々家具が、リビングとPCスペースを仕切っています。 床のパインはお施主さんがグレーに塗装したことにより、特徴的な家具たちがさらに浮き上がってきます。 2階は寝室と共有スペースを区切る壁一面のグリット棚がロフト部分までのびて、棚上部に開口を設けることで寝室に柔らかい光を注いでくれています。 これからお子さんの成長や生活の変化に合わせて棚に置かれるものが変わっていき、建築全体の表情が変わっていくそんな風景が楽しみなお家になりました。
セルフビルド動画
page top