増井真也日記

略歴
免許登録番号 1級建築士 建設大臣登録 第290771号
1997年早稲田大学理工学建築学科卒業
2001年戸田建設株式会社退社
2001年ますいいリビングカンパニー主宰

「日本の住宅はどうしてこんなに同じものばかりなのだろう。」というのが私が設計を行うようになったきっかけでした。住宅はそれぞれの家族が自分たちのこだわりに合わせて自由に作り上げていくものだと思います。他の工業製品と違い工場での生産が出来ないということからも、本来は個別のデザインが許されて良いはずなのです。
しかし、現実には建築条件のない土地の取得の困難さという問題や、かつてのずさんな工事による工務店の衰退にともなう工業化住宅の発展によって画一的な住宅ばかりが作られるようになりました。
このような中で、今一度住宅の設計を一つ一つ丁寧に行い、そして工務店として作り上げる。その活動こそが個性あふれる豊かな住宅の生産につながると思っています。そして、そのこだわりを実現させるデザインが豊かな街を作り上げていくでしょう。
私は川口の町で生まれ、川口の町で育ちました。住宅を作るという活動を中心としてさまざまなデザインを街の中にちりばめ、この街をもっと魅力的に変化させ、魅力ある街づくりに貢献したいと考えています。

2008年

 1

2008/1/30

10時、先日石山先生よりご紹介されたK氏にお会いする。場所はK氏のオフィスのある中目黒。約200人の社員を抱える優良企業の経営者ということで大変魅力的な人物であった。よみがえる家のご相談をさせていただいたのだが、それにも増してK氏のジンセイ談に興味を持った。偉大な人との話は時間を忘れさせてくれるものであっという間の1時間30分。今後の人生の糧としたい。

14時帰事務所。池上、田村、西村と打ち合わせを行い夜は日記の更新作業。久しぶりの更新になってしまった。反省。

2008/1/25

11時、世田谷の小さな家を購入しリフォームして住宅兼家庭のパン教室を開設したいというMさんとの打ち合わせ。場所は世田谷区松原の現場。築30年ほどの建売住宅で名建築というわけではないが将来の建て替えも見据えた最低限のリフォームを行うということでお話をした。1時間ほどお話をしたのだが、暮らし方を提案することが出来るような教室になると面白いと思う。何せ、教室といっても場所は家族の暮らすリビングの一部。おまけに猫と犬が共存している。1階にリビング、2階に2部屋という小さな住宅だけに教室を分離することは不可能だ。そんな状況でパン教室!!この挑戦をなかなか話だけで理解することは難しい。でもMさんと話しているとなんとなく出来そうな気がする。ようは最後は人次第。魅力的な教室を日々の暮らしの中で自然にやっていそうな、そんな方でした。

14時、三鷹に移動し三鷹の家の改修工事の打ち合わせ。展開図などを説明し詳細部分まで打ち合わせを進めることができた。次は見積もり作業に進む。

それにしても最近改修工事のことを考えている時間が長くなったように思う。もちろん新築工事もこれまでのように行っているのだが、年に1件程度だった改修工事を積極的に行うようにしているせいだろう。新築と比べると非常に手間がかかる。経験による現場での判断を求められることも多い。それでも作ってしまった社会のストックを、魅力的に利用できるようにするためにわれわれ建築家が取り組むことは今の日本の建築家の責務のように感じる。その思いを忘れずにこれからも取り組んでいきたい。

2008/1/22〜23

昨日は早稲田大学石山研究室に訪問した。石山研究室では現在よみがえる家の情報提供に協力していただいている。1時間ほどのお話をしたがなかなかスムーズに情報が集まるのは大変なようだ。まあ大学は不動産屋さんじゃないから、当たり前といえば当たり前。他の方法も模索してみよう。

23日10時、川口市長訪問。川口の町での公開設計競技についての説明など。

18時、千葉県で家を建てる予定のW氏来社。銀行関係の手続きにだいぶ苦労されているとの話で2時間ほどお話をした。今日は「すまいと」の担当者も交えての打ち合わせだったのだが、この「すまいと」というのは簡単に言うと銀行からの住宅ローン融資を工事前にあらかじめ用意された信託口座に振り込み、施主に代わって分割支払いをしてくれるというものである。銀行としては信託口座に振り込むということで通常のつなぎ融資の際に生じる短期間の無担保融資状態を作ることがないので安心して融資を実行することが出来るというもの。逆に建て主側としても、団体信用生命保険に加入していないつなぎ融資の期間がないということでもしもの際も安心できる。

と、商品的には非常に金融システムをうまくとき解いたよい商品であるのだが2000万円程度の住宅にこの制度を利用すると69000円の信託口座開設費と1%の利用料がかかってしまうので26万円程度のコスト増となってしまう。この利用料はつい最近まで3%だったので、だいぶコストダウンされたといえばされたのであるが、まだまだこの26万円というのは高いんだよな。そもそもますいいではローコスト住宅を中心に建設しているわけでその中でのこの利用料はやっぱり高い。銀行にとってもメリットのある商品なのだから、銀行も半額くらい負担してくれても良いものだと思うのだが・・・。

2008/1/21

午前中、JIOの権田さん来社。JIOというのは民間の第3社検査機関で住宅建築時の性能保証制度の運営をしている会社である。性能保証制度というのは10年間の長期補償対象部分、具体的には主要構造部と雨水の進入について補修費の80%を保証してくれるという保険制度であるのだが、この制度の加入については今のところ任意である。平成21年からは法律で義務付けられるので、すべての住宅がこの制度に加入しなければいけない。これもアネハ事件の影響だ。つまりこの制度に加入していればアネハ事件の被害者たちは80%の保証を得ることが出来たということになるわけで、心無い設計者たちが生んだ強制加入の法律ということになるのであろう。

この制度には当然ながら技術基準がある。細かく説明を聞いていくとJIOでは木造建築で30uの陸屋根が認められている。これは同じ検査機関の住宅検査センターでは認められていないので、つまり屋上を作りたい場合はJIOに加入というような使い分けが必要になる。そして面白いことに木製建具を外部に面して使用することはJIOでは禁止されているのに対して、住宅検査センターでは認められている。こういうことを調べていいくとつまり、平成21年以降は陸屋根と木製建具を一緒に利用することが出来ないということになるわけで、いわゆる住宅のデザインにもひとつの規範が出来てしまうということになる。なんともくだらない、理解できない、不思議な話であるが、これも心無い設計者の存在が理由とあってはどうすることも出来ない。

2008/1/19

今週の土日は所要のため京都に出かけた。たまたま泊まることになったグランドプリンスホテルは、村野藤吾氏による設計である。写真を見ていただければわかるようにドーナツ状のプランの外周部に客室が配置され、中心部には大きな中庭が配置されている。パラペット部分には定番の屋根のような飾りがつけられ、エレベーターの扉には貝殻のようなものが埋め込まれるなど村野建築の見所が満載であった。

目の前には京都国際会館がある。こちらは大谷幸夫氏の設計だ。まるで要塞のようななんともいえないごつごつした建築で、威厳というかなんというか、あまり居心地のよいものではないのだがそれなりに雰囲気はある。それにしてもこの二つの建築は対照的で、見比べているだけでも楽しむことが出来た。

2008/1/18

いよいよ春日部の美容室の解体工事が本格的に始まった。解体といっても改修工事のために一部を壊すだけなのでそれほどたいしたことはないのだが壊してみると面白い物を見ることができたのでご紹介したい。

この写真ははがした床板の裏側。欅(けやき)の30ミリくらいある無垢の床板で今ではなかなか使うことのない高級材料である。裏側には大工さんの名前や年号が記載されていて、この建築に対する思い入れのようなものが感じられる。

畳の部分をはがすと床下にはなにやら丸い穴が開いている。おそらくコタツだと思うのだが、ここに墨を入れて暖を取ったのであろう。今ではあっても電気炬燵、普通は床暖房なのでこのようなものを見るのは私にとっても初めての経験だ。非常に丁寧に作りこまれた建築であるということは一目見たときから感じていたので、ぜひこの仕事を施工したいという強い思いでかかわらせていただいているのだが、やはり面白いものを見ることができた。こういうことは頭でわかっていてもやはりやって見なければなかなか覚えることはできない。これからかかわる数々のリフォーム工事においてもこの経験はとても役立つだろう。魅力的な建築をさらに魅力的なものとして利用する、そんなプロジェクトにこれからもかかわっていたいと思う。

2008/1/16

午前中は各プロジェクトの銀行の融資審査用の見積書およびプランを作成した。

夜は池上と一緒に王子にある中央工学校に就職説明に出かけた。今年卒業の生徒の就職先は大方決まっているそうなので来年卒業時にはご紹介いただけることに。池上の学生時代の話を聞くことが出来たのだがやっぱり今と変らぬ頑固者だったようだ。

そのまま、西荻窪にて石山研究室の松本さんより紹介していただいたOさんと会食。石山研究室を卒業して設計事務所に入り、現在は工務店で構造計算の担当をしているということだったのだが、もしよろしければ当社にというお話をした。

帰路、RDRギャラリーにて打ち合わせ。10時帰宅。

2008/1/14

朝11時板橋で家を建てたいというAさん来社。現場は赤塚ということなので、先日竣工した赤塚の家のすぐ近くだ。別に紹介をしていただいているというわけではないのだけど、建築現場というのは不思議と近所にかたまることが多い。板橋にはこれで4件目ということなのだから何らかの縁があるんだろうな。そもそも人間なんてそういう縁で生かされているような気もするわけで、このようなご縁を大切にしていかなければいけない。

15時30分、船橋で家を建てたいというWさん来社。こちらの船橋ももう3件目となる。しかも下総中山の現場や貝塚の現場からそう離れていない良く知った敷地である。なんとも面白い事が続くものだ。船橋の家の打ち合わせでは今回初のプランの説明ということになった。今回は1階に正方形のリビングを配置し、2階に自由に使うことの出来る回廊を配置したプランを提出。年末から考えた末に出来たプランなので、気に入っていただけたようで何よりだ。まあこのまま建つ事もないのだけれど、こういう建物の根幹となるような強い思いというのはこれからの打ち合わせを重ねていく中でもなかなか消えてしまうものではない。今後の進行状況に期待したい。

2008/1/11

護国寺の家の基礎工事を来週より始めるということで、今日は事前確認を行った。現場にはいくつかのゴミが散らかっていたのだが、こういう風に開き土地があるとどうしても心無い人がそこにゴミを捨てていく。都心にしては近所の人の目がある土地ではあるのだが、やっぱりいろんな人がいるんだろう。一通り片付けはしたがまた捨てられるんだろうな。

午後、Livesが届く。よみがえる家の告知を掲載していただいたのでその見本誌が送られてきた。さすが石山先生の開拓者の家だけあって他の建築と比べると際立っている。集合住宅特集には相変わらずのデザイナーズマンションがぎっしり。白い内装とRCの打ち放し、決められたかのようなデザインメソッドによって作り上げられたおしゃれマンションの写真を見ていると、チョットいい加減にしてよといった感覚も現れてくる。でもここに生活からにじみ出てくるアイテムが加わることで、何らかの人間らしさが加わっていくんだろう。このままじゃまるで羊たちの沈黙でレクター博士が入れられた牢屋みたいだもんね。

どうして集合住宅特集になった瞬間にこれほど無機質な白い空間が現れるか。これはやっぱり賃貸住宅ならではの理由によるものだろう。入れ替え時のリフォームのことを考えると木や漆喰などの自然素材は使いにくいわけで、結果的にマットなつや消しの白い塗装が選ばれることになる。仕上げだって本当はしたいんだろうけれどコストを抑えるためにコンクリートの肌を見せるわけで、これはいわゆる打ち放しといわれるあるデザインセオリーにのるものだからここぞとばかりにみんなそれを使うわけである。すると結果的にはみんなおんなじ様な白い箱。せめて床くらいは無垢材でと思っても、これまたメンテナンスのことを考えると下手すりゃ床まで白いリノリウムになるわけである。確かにデザイン性は高い。でもこれでは住みたくないよね。やっぱり住宅という用途を無視した、収益優先のデザイナーズ建築なんだよな。

2008/1/9

昨年より見積もり調整を続けている春日部のリノベーションがいよいよ契約に向けて動き出している。まだ若干の金額調整が残ってはいるが、ここは業者さんに協力してもらい何とか希望の予算の範囲内で工事をするように考えている.

この仕事には二つの面白さがあると思う。まずひとつは大学時代の同級生である添田との初めての協働事業であるということ。まあ設計事務所と工務店ということで馴れ合いは許されないわけであるが、違う考え方を仕事をやりながら他の人から吸収できる機会というのはあまりないわけで、とても楽しみだ。

そしてもうひとつが住宅を美容室に用途変更するという仕事自体の面白さである。本来住宅として建築されたわけであるが、何ともいえない魅力を持つこの建築は本来美容室として建築されたほかの建築よりも、美容室としての魅力を持つことになるかもしれない。そういう用途変更による思いがけない魅力に価値観を感じることが出来るからこそ古い建築を利用する意義があるというもので、それが確実に理解されるようになればむしろ古い建築のほうが新築よりも価値を持つことになるかもしれないのである。

環境問題が騒がれ、200年住宅が標榜される現在ともするとガチガチに固められた構造と、過剰な生活のための設備を装備した、まるで家電のような住宅こそがすばらしいという間違った方向に世の中は進みだすかもしれない。というよりすでに進みだしているだろう。清家清の言葉を借りれば

「デラックスなスチール製、温度計、湿度計、蛍光灯、マグネット式で組み替え自由の時間表、タイマー3針式電気時計、理科の勉強にも役立つ昆虫イラスト、取替えできる動物写真、カレンダー、・・・天板の高さは60センチから71センチまで23段の上下が可能ですから、年齢身長にあわせて大学生まで使えます」といっているのは近頃市販されている小学生向きの学習机という不思議な勉強机のコマーシャルである。・・・・・・・・・

というような、販売のためのコマーシャル言葉で飾られた住宅というイメージ。

まねをしてみれば、

「自動車の塗装並みのさび止め塗装を施した鉄骨の構造、200年は持つ高強度コンクリートで作られた基礎、屋根の上にはソーラーパネルを装備し、給湯器はエコキュートを装備、もちろんキッチンはIHを利用しています。住宅の断熱性は高性能の断熱材を利用し、窓は2重サッシを利用しています。床板は傷の付かない特殊な塗装を施したフロアリングで、木の風合いは抜群。・・・・」

確かにこのような言葉で飾られた広告はよく目にする。でも本当に大切なのはこういうことではないんじゃないかなと思う。やっぱり人間だから、感性に訴える何かがないといけない。古い温泉旅館に行くと、みんながほっとする。いいなあとおもう。住宅は住むための建築であるわけで、あくまで「住む」ためなのであるから、やっぱり心地よさがないといけない。だからこそ、そういう心地よさをあらかじめ備えた古い建築はやっぱり大切にしていかないといけないと思う。

2008/1/7

仕事始め。朝8時事務所に向かう。早々に大工の草間さんが挨拶に見え、しばし世間話。年末に滋賀県の信楽で見つけた睡蓮鉢にめだかを入れたので早速会社に持ってくることになったのだが、その置き場を作ろうとしていたところに大工さん登場ということで急遽作業を手伝ってくれることになった。お菓子の手土産までいただいて感謝感謝。

この鉢はほんの少しずつ水が減っていく。今日の朝まではまったく気が付かなかったのだが、下に引いていた座布団が少し湿っているのに気が付いてよく見てみると周囲に小さな穴が開いているようだ。雨が降って水が増え、そして穴から自然に抜けていく。ちょっとした自然循環が出来るのではないかということで外に出すことにした。そういえばこの鉢を10年使っているといっていた前の持ち主さんは「世話をしなくても魚が育っているよ」といっていたのだが、そんな循環が成立していたからなのかもしれない。

午後は雑務に追われる。

17時30分。新年の顔合わせということで川口駅前の居酒屋にて社員一同集まる。9時過ぎまで談笑。

2008/1/6

新年初めての日曜日。今日はラグビースクールの練習初めということで家族そろって荒川のグランドへ。年末の忙しさの中3ヶ月ぶりのラグビーとなったが、何とか走ることが出来たので一安心。でも家に帰ったら足の痙攣が止まらなかったのにはさすがに参った。やっぱり運動不足はいけない。

2007/12/30〜2008/1/4

今年も年末年始は妻の実家の滋賀県蒲生町で過ごした。大学を卒業してはじめに勤めた戸田建設という会社で滋賀県に配属され、これまですごしたこともないような田舎町で暮らした経験は私にとって設計という仕事にも通じる大切な糧となっている様に感じる。日々都会で生活し、消費の渦に飲み込まれていくような感覚に違和感さえ感じなくなりがちだが、盆正月の年2回は今でも必ず帰る。きっとこれからも変らない習慣となるだろう。

時間があったので息子と二人で宮沢賢治「銀河鉄道の夜」の絵本を作ってみた。実現しない世界を創造しながら絵にすることは理屈抜きに楽しい。でもこの童話には深い理屈がある。それを考えるのもまた楽しい。絵本の中ではまだ鉄道が走り出したばかり。完成するのはいつのことやら。

masuii living company| よみがえる家masuii R.D.R gallery| コンセプト| プロジェクト| 作品集
増井真也日記設計室雑感| 仕事の進め方 | お問い合わせサイトマップ