増井真也日記

略歴
免許登録番号 1級建築士 建設大臣登録 第290771号
1997年早稲田大学理工学建築学科卒業
2001年戸田建設株式会社退社
2001年ますいいリビングカンパニー主宰

「日本の住宅はどうしてこんなに同じものばかりなのだろう。」というのが私が設計を行うようになったきっかけでした。住宅はそれぞれの家族が自分たちのこだわりに合わせて自由に作り上げていくものだと思います。他の工業製品と違い工場での生産が出来ないということからも、本来は個別のデザインが許されて良いはずなのです。
しかし、現実には建築条件のない土地の取得の困難さという問題や、かつてのずさんな工事による工務店の衰退にともなう工業化住宅の発展によって画一的な住宅ばかりが作られるようになりました。
このような中で、今一度住宅の設計を一つ一つ丁寧に行い、そして工務店として作り上げる。その活動こそが個性あふれる豊かな住宅の生産につながると思っています。そして、そのこだわりを実現させるデザインが豊かな街を作り上げていくでしょう。
私は川口の町で生まれ、川口の町で育ちました。住宅を作るという活動を中心としてさまざまなデザインを街の中にちりばめ、この街をもっと魅力的に変化させ、魅力ある街づくりに貢献したいと考えています。

2007年

 

 

戻る

 8月

2007/8/29

朝8時過ぎに池上とともに西新井の家の現場に向かいました。現場の清掃、材料の整理を終えてクライアントの佐竹さんとの打ち合わせです。一通り家の中を見て周り4点ほどの変更を決めました。壁に穴を開けるという内容の変更がほとんどだったのですが、やはりこの段階の現場というのは完成時点よりだいぶ暗く見えてしまうことが多いので、光を取り込みたいという気持ちがそのようにさせたのでしょう。

昼食を近所のラーメン屋さんで一緒にとり、私と池上は現場を跡にしました。佐竹さんはその後もセルフビルドのパテ処理を行っていました。下がその様子です。この家では内部の壁仕上げをすべてセルフビルドで行います。いつも使用している石灰クリームに黄土を混ぜ込んで塗る予定です。天井はシナ合板に柿しぶ塗装。床はフレンチパインに柿しぶ。それらの塗装も当然セルフビルドで行う予定ですが、完成すれば温かみのある自然感あふれる家になるでしょう。

2007/8/27

午前中は事務所にて各プロジェクトの打ち合わせをおこないました。具体的には川口本町の家、三鷹の家、中落合の家の確認申請事前打ち合わせについて。三鷹の家は構造に薄肉ラーメンというRC造の構造を採用しています。この構造は柱と壁の厚さが同じで総体としてラーメン構造を成立させるものです。また他の2件はRC造と木造の混構造を採用しています。

6月20日の建築基準法改正以降、このような複雑な構造に対する国土交通省の見解が正式に発表されていなかったので今後の申請の方向性を探ることが出来ませんでした。このままというわけにも行かないので正式に問い合わせをすることにしました。今週中にはそれぞれのプロジェクトについての見解が明らかになることでしょう。

夕方、チョット時間があったので目黒区庁舎の見学に出向きました。この建築はもともと千代田生命ビルとして村野籐吾氏によって設計されたものです。下の写真はエントランスホールにある階段です。装飾をふんだんにちりばめた建築の中でもひときわ目を引くものです。話によるとステンレス製の背の高い手摺とガラスの部分は後から付け加えられたそうで、現場でたいしたものだなと感心してしまった部分がまさに後付けだったことに驚きました。

2007/8/24

先日、西新井の現場で施主の佐竹さんからとってもすばらしいプレゼントをいただきました。これは自転車に取り付けるスピードメーターです。

初めて佐竹さんと出会ってからもうずいぶんたちますが、打ち合わせのときに西新井から40分くらいかけて自転車で事務所までやってくる佐竹さんを真似て、私がおんなじ自転車を購入したのは4月ごろのことでした。

購入したのはGIANTのエスケープ3。それほど高価ではいのですがいわゆるままチャリと比べると格段のスピードが出ます。最近は暑くて余り遠出はしませんが、赤塚の現場など手ごろな距離の現場があると私も自転車を利用するようにしています。

自転車で風を切って走るのはとても気持ちの良いものです。環境にもやさしくて、しかもダイエットにもなる。一石三鳥ですね。佐竹さんいわく、このメータをつけるとさらにやる気が出るそうです。早速日曜日に取り付けてみましょう。何キロくらい出るのでしょうか。そういえば佐竹さんは50キロを超えたといっていたような。

2007/8/23

午前中、田村とともに土呂の家のプラン打ち合わせ。小さな土地だけになかなかこれといった方針を決めることが出来なかったのだが、なんとか方向性を定めることが出来た。リビングルームとその先にあるウッドデッキ、そして目の前に広がる大きな緑という関係が作れればこの家はうまくいくと思う。それがきっとこの土地の最大の魅力であると思うからだ。敷地から見渡す限り緑しか見えないなんていう土地はなかなかない。というより屋久島の家以来、本州でははじめてである。そんな土地だからこそ、この関係が重要なのではないかと思う。

午後、鳩ヶ谷の里でますいいリビングカンパニーが販売する土地にモデルとなるプランを考えてみた。この土地ははば5.3m奥行き15mの約24坪の土地である。面積的には小さいのだが、奥行きが長いということで割と有効なプランが作れたようだ。北向き道路ということで、2階にリビングを配置し、その上にテラスに面した大きな吹き抜けを設けることでリビングへの採光を可能にした。夏はこの吹き抜けから、熱気を外に逃がしてくれるという効果ももたらすだろう。実はこの土地の目の前には3年前にますいいで建てた住宅がある。今回は2件の住宅を作る予定なのだが、完成するのが楽しみだ。

2007/8/22

8時過ぎ、山本と一緒に南与野の家の見積もり最終チェック。11時、山田とともに川口本町の家の見積もり作業。

先日西新井の家に玄関框が取り付けられた。何の材料を使うか最後まで悩んでいたのだが最終的には欅にすることに。欅という材料は非常に強く、腐りにくいという特徴がある。昔から玄関などに用いられてきた材料なのだが最近ではなかなか手に入らなくなってきている。たまたまこの材料を購入することが出来たわけであるが、周りに貼られているフレンチパインに柿渋を塗ったときの赤茶色とうまくなじんで床のまわりのラインを綺麗に演出してくれることだと思う。下がその写真。

2007/8/21

朝、10時川口市に市公民館にて川口景観モニター会合。市長をはじめとする18名のモニターメンバーが集まり市内の景観などについてのミーティングをおこなった。この会合の中で、自分の好きな川口市内の場所を発表する場面があったのだが、こういうときに如何に自分が川口市のことを知らないかということに気づかされる。自分の住んでいる町、国、そういったことをもっと自覚して人は生きるべきなのではないかという気さえおこされた。これから2年間の活動になるわけだが少しづつこの町のことを調べていきたい。

13時事務所に戻り雑務。

2007/8/20

今日から仕事始め。みなそれぞれに思い思いの場所に出休みを過ごしたようで心なしかすっきりした顔をしているように見える。丸丸1週間の休みを取れる会社というのもなかなかないようだが、ますいいの場合は開業当初よりこの決まりを守り続けている。建築家にとってはさまざまなものを見るのもまた大きな経験であり、そういう時間を少しでも確保してあげることが日ごろの仕事にも反映されると思うからである。

さて、今日は1週間ぶりの仕事。とはいえ実際の仕事は盆休み前に引き続き確認申請の作業に追われている。この確認申請、6月20日の建築基準法改正以降、本当に先に進まない。給排水の配管の種類やルート、電配線のルートまで図面にしろというのだからたまらないのである。要するに建物すべてを文章にしなければいけないということだ。こうなると設計事務所のようにオリジナルの建築を作り続けてきた組織は対応することが非常に難しい。クライアントの嗜好や敷地の条件に応じてフレキシブルに建築のあり方を変えることが出来ることが求められる現代において、ここまで書類化を迫られるというのはいかがなものだろうか。特に注文住宅という信頼関係に基づいた特殊な現場にまで、分譲マンションなどで起こった問題を解決するために一律に同じような規制をかけるということはこの社会全体の魅力的な建築の出来方まで制限してしまうものだと思う。

とはいえ今ははこの規制に従うしかない。もうしばらくの辛抱だろう。

2007/8/12〜19

お盆休み期間中は妻の実家の滋賀県で過ごした。私は戸田建設時代にこの滋賀県に配属され始めての田舎生活を体験したのだが、それ以来この場所に魅了されている。歴史の古いこの街にはさまざまな遺構がありそれを見ているだけでも十分楽しいのだが、中央部にドンと構えている琵琶湖の存在もこの街を特徴付ける大きな要素だと思う。大阪という大都市に隣接し、多くの観光客を迎えることが出来る立地条件のため、街にはさまざまな面での活気があふれている。ロードサイドは何の変哲もない開発をされてしまってはいるが一歩入り込むとまだまだ昔ながらの街並みを残しているので、私はどちらかというとそっちのほうが好きだ。街というのは一歩入り込んだところにある発見がないと面白くない。大体街歩きをしているときに、ジャスコとかパチンコ屋さんの看板を見つけて喜ぶ人はいるわけない。京都などの町を歩いていても、思わぬ遺構との出会いや趣味の良い店に出会ったときの驚きと満足感を味わうためにそぞろ歩き回るのである。

自分の町、川口を思い出してみた。川口は東京へのアクセスが非常に便利ということもあり、また昔ながらの鋳物屋さんの土地が駅周辺に散在していることもあり最近では大量の高層マンションが林立している。マンションを立てる際に、昔の記憶を残すことを目的として鋳物の遺構を点在させたりの努力はしているが、それが街を特徴付ける効果を生み出すにはいたっていない。何の変哲もない、特徴もない、扁平な景色がだんだんと街を侵食しているかのように思われてならない。

そこで暮らす人々の様子も一変している。これまで余りこの街で見かけなかった人々が駅前の人工的に作られた公園やショッピングモールでたそがれのときを過ごす。こんな光景はチョット前まで見たこともなかった。特に面白みのない町並みにはみんな満足している風でもなく、時に出かけるときには都内か近郊の行楽地へ出向く。日常をこなすように過ごすためだけの場所、つまり完璧なベッドタウンになっていくように感じる。

明日からいよいよ仕事始め。またこの街で動き始める。暑さに負けないように、そしてこの街を少しでも魅力ある街にするように建築を作り始めよう。

 

2007/8/11

午前中は事務所にて雑務。途中、RDRギャラリーの運営状況などについての打ち合わせ。10時30分、所沢で家を建てたいというご夫妻、来社。家作りの大まかな流れについて1時間ばかりお話をした。私たち建築家は家作りにいつもかかわっているが、多くの方の場合は一生で初めてのことなので土地の購入から設計、そして現場のことまで全体的な流れを説明しなければまったくわからないのだろう。情報化社会とはいえ情報はあくまで情報。現実のシステムとはやっぱり別物なのである。

午後は、西新井の現場にて施主の佐竹さんと一緒にセルフビルドの作業。1階部分の一部を作業しながら手順や注意点について講習をした。後はお盆休み中に佐竹さんがやってくれることと思う。それにしても最近はパワフルな施主が多いな。

明日より盆休み。1週間妻の実家の滋賀県東近江市ですごす予定です。

2007/8/10

午前中、赤塚の家の現場確認へ山崎と池上と一緒に出かける。現場にはクライアントのご夫妻も来ていただき細かい打ち合わせを行うことに。私も池上と一緒に今後の現場の振興に関して最終的な打ち合わせを行った。それにしても今日も暑い日だ。外にいるとまるでサウナの中にいるようだった。12時ごろ事務所に戻る。(14:00)

2007/8/9

高知県木材産業協同組合から送られてきた封筒に見慣れないマークがあった。なんでもこの封筒は間伐材を利用して作られているらしい。裏側にはこんな記載が。

「間伐材などの木材を適切に利用し、収益を森林に再投資することは、伐採、植栽、保育のサイクルを円滑に進め、森林を健全に維持していくためには不可欠です。このため、「緑と水の森林基金」の助成を受けて、間伐材を利用した封筒を作成しました。」

日本の林業は確かに危機的状況だと思う。ますいいでも埼玉の杉材をよく利用するのだが、フランスで伐採されて日本に輸入される松のフロアリングと埼玉の杉を利用して制作された杉のフロアリングの値段を比べるとなんとフランス産のほうが断然安い。非常に難しい問題だとは思うのだが消費者に受け入れられるには価格の問題を解決することは不可欠であり、現状でその点は非常に不満を感じる状況であることは否めない。

ますいいでも少しでも協力が出来たらと考え、この封筒を利用することに。

ちなみに下記に連絡すると購入できるので興味のある方はどうぞ。

NPO法人レインボー
http://www.rainbow.gr.jp/

2007/8/7

朝事務所でメールのチェックをしていると、ヘルシンキから1通のメールが入っていた。フィンランドの首都である遠い街で会ったこともない人が私にメールを書いてくれているということにまず驚き、そしてご丁寧に失ってしまった7月の日記のデータを送ってくれたということに驚いた。

ネットが世界中に情報を伝えているということを頭ではわかっていたつもりなのだが、これほどわかりやすく体感したのは初めて。しかもそのメールを送ってくれた方が、私の母校の早稲田大学のとある先生であるということにもまた小さな運命を感じた。

今日も昨日に引き続き早稲田大学の石山修武研究室よりインターンの鈴木君が事務所に来ている。今日はプランをひとつ考えてもらうつもり。どのようなものを考えるのか楽しみにしていよう。(9:36)

2007/8/5

夕方、神田神保町にある岩波ホールにてスティーブン・オカザキによる「ヒロシマ・ナガサキ」をみた。先日見た国際難民映画祭の予告編で紹介しているのを見てはじめて知ったときから興味があったのだが、見終わった後は会場にいた誰もがしばらく何も話をすることができなくなるような、深い悲しみと衝撃を感じる映画であった。

すべてを焼き尽くされた光景を知る世代が少しずついなくなる今、このような記憶をとどめようとする映像は多い。外交政策上の問題で、国家としての主権を保つべく、国民に対して戦後レジームからの脱却を掲げ、被害者としての日本を語り憲法の改正につなげようとする動きも最近では大変活発になってきている。

しかし、この映画は少なくともそのような国民の陽動のために作られたものではない。ただただ、事実としてある悲惨な出来事を表現している。

それ以外には何もない。

人が焼け焦げ、死んでいく様。人間が起す残虐な行為を象徴するのイコンとしてのヒロシマ・ナガサキ。それを忘れないことが日本人としての使命であることを伝えるだけなのだ。

2007/8/3

午前中は昨日に引き続き芝の家、土呂の家のプレゼン資料作成の手直し、見積もり資料の作成など。

13時、埼玉りそな銀行と日本住宅ワランティーの担当者来社。この日本住宅ワランティーという会社は日本ERIという確認審査会社の子会社で、住宅ローンの分割実行システムを行っている。つまり、銀行から支払い金額の全額を一度この会社に保管して、工事現場の出来高に応じて査定をした結果その査定に応じた額を施主に代行して支払うというものだ。このシステムを取り入れることによって施主はつなぎ融資を受ける必要がなくなり、また第3者が客観的に査定した額をクライアントに代わって支払ってくれるので安心して支払いを行うことが出来るようになる。ますいいでは、この夏よりこの住まいとローンを取り入れたのだが今回は詳しい説明を聞くために来ていただいたというわけである。

昼過ぎ、赤塚の家で使用する予定のスチール庇が届く。厚さ3ミリの亜鉛メッキ鋼板を使って作ったものだがかなりの精度で制作されていた。この春よりますいいの金物工事を行ってもらっている中崎製作所さんの技術力に感謝である。

2007/8/2

昨日に引き続き芝の家のプランを考える。中庭部分に駐車場を配置し、その上をウッドデッキにすることで2階のリビングがそのウッドデッキを囲むようなプランを考える。さまざまな試行錯誤の末、駐車スペースはやはり外に出し、2階のウッドデッキのみ残すことにした。2階にリビングを配置する場合、子供部屋との関係が重要になる。1階の部屋に引きこもるのではなく、2階のリビングとの関係性を保つことで、親と子の関係が無理なく維持することの出来る住宅となるだろう。余りにも小さな子供室を考えていたのだが、小さすぎて部屋に入りたくなくなると困るので少々広げる。最終的にはリビングに隣接して、4.5畳の子供室を配置し、その上にはベッドの代わりとなるロフトを設けた。結果子供室としては合計7.5畳のスペースを利用できることとなった。(下記プラン参照)

プランを考えているとそこで繰り広げられる家族の営みをイメージする。くつろげる場所、視線の交錯、風や光の問題などさまざまなことを考えながらプランを考えるわけで一日があっという間に過ぎ去る。

午後、土呂の家のプラン最終チェック。先週より考えていたプランだが土曜日の打ち合わせに向けて最終形を決めることに。西側に広がる緑豊かな景色を暮らしの中にどのように取り込むことが出来るかということがこの家のテーマであったが、リビングとダイニングを雁行配置としそれぞれ南側と西側に面して配置することで解決することが出来た。傾斜地をヨウヘキによってかさ上げし、L字型に造成されたこの土地にしかありえない最適なプランとなったと思う。建築協定によって定められた隣地境界線からの1mの引きも、そこにウッドデッキなどを配置することで無駄のない魅力的なスペースとすることができたであろう。(下記プラン参照)

 

2007/8/1

いよいよ今年も8月になった。毎月の初めにはこのページの入れ替え作業を行うのだが、誤操作により7月の日記を紛失してしまった。これまで、5年以上もこの操作を続けてきてはじめてのミスだが、なんとなく残念な気がしてならない。自分の日常の一部を喪失してしまったかのようだ。書き直す記憶も残っていないし、幸いにも一か月分だったのでよしとしよう。

今日は朝一番から赤塚の家の材料運搬。現場に着くと大工さんが3人、荷下ろし作業を手伝ってくれた。窓下地材、構造用合板などを下ろし事務所に戻る。

昼、隣にある青木食堂にていつもどおりの食事。最近同じものばかりを食べているような気がするが好きなものを食べているのでまったく気にならない。食堂のおばさんがまたですか?とたずねてくるのだがそれが一番おいしいと感じてしまうのだからしょうがない。ちなみにメニューは竜田揚げと鳥のチリソースかけ。いたって健康メニューだ。新聞を見ると参議院選挙についての議論がいまだに多く載っているようだ。3日を過ぎて焦点は解散するかしないかに絞られるのかと思いきや、意外と冷静な意見が多い。最近の選挙は始まる前に結果がわかっている物が非常に多いがこれは完全にマスコミの影響だろう。アンケート結果などを見ても選挙戦が始まる前に自民党以外の政党に投票することを決めている人が非常に多かったそうだ。そういう中で、新聞がいたずらに解散論調を作ることに危険さをさすがに自覚しているのだろうか。今日の新聞にはもうひとつ気になる記事が掲載されている。それは米国議会での慰安婦問題の記事である。マイク本田氏の提案によるものらしいが、中国の影を感じずにはいられない問題なので対応は非常に難しいだろう。阿部さんも本当に苦労の多い人だ。

午後、事務所にて田村と少々打ち合わせ。午後の打ち合わせの最終チェック。図面のほうは完成しているようなので後は打ち合わせを待つのみ。何もないページを作ってしまったので、まだ一日の途中だがここまで記す。(13:16)

15時、芝の家の打ち合わせ。第1回目のプラン説明など。今回のプランは20坪の狭小地に1階リビング、2階個室という配置で行った。延べ床面積28坪程度の小住宅になったのだが、リビングの吹き抜けなどを配置することで狭さを感じないのびのびとした住宅となったと思う。次回の予定を土曜日に約束しそれまでに、2階にリビングを配置したプランを考えることをお約束。打ち合わせ終了後早速新しいプランを考え始める。

masuii living company| よみがえる家masuii R.D.R gallery| コンセプト| プロジェクト| 作品集
増井真也日記設計室雑感| 仕事の進め方 | お問い合わせサイトマップ