ますいい建築圏ロゴとタイトル
もっと自由に家づくりタイトル
ライン

ますいい建築圏マップ
ますいい建築圏マップ

「ますいいリビングカンパニーの創立21周年を期としたこれからのヴィジョン」


ますいいリビングカンパニーの増井真也さんと私の師である建築家・石山修武との10年来のご縁があり、今回の展覧会の一部を協同することになりました。具体的には、「MASUI式」と呼べるような特有の物流システムと設計施工の体系を確立していくこと、そしてそれによって新たに描かれる「ますいい建築圏」のマップをまず作成しました。今後は、この創立21周年の展覧会を期にその実現を協同していきたいと思います。会場ではその成果の一部に加え、増井さんが提案する住宅の豊かな楽しみ方をご覧いただくことができます。「設計する工務店」、あるいは「施工する設計事務所」のどちらでもあり得る増井さんの特異な活動にこれからの日本の住宅産業は注視せざるを得ないでしょう。

早稲田大学建築学科・渡邊研究室 渡邊大志

10 years have passed since Mr. Osamu Ishiyama who is my mentor architect got to know Mr. Shinya Masui who is president of “Masuii Living Company”, so I am going to cooperate a part of this exhibition with him. In particular, we will establish the system called “Masui style” of design and construction with the specific logistics system and made the map of “the field of Masuii Living Company” which will be drown by the new system. After this exhibition of the founding 21 anniversary, I would like to realize the system with him. In this exhibition, you will find a part of the results and the way to enjoy houses Mr. Masui suggests. From now on, people who work in the housing industry in Japan would be attention forced in to the unusual activities of Mr. Masui which we call builder to design or design office to build.

04.05.2016 Taishi Watanabe

画像、文:渡邊大志研究所より

line
作品展示
作品しょうかい1
作品しょうかい2

ますいいでこれまで手掛けて来た作品を図面や写真で展示します
Exhibition of our works with drawings and photos.
topに戻る

line
茶室
茶室1
茶室2

細い木材を組み合わせた格子状の2畳茶室をセルフビルドします。詳細はこちら→
We make small tearoom with grids that is a combination of small timber.

topに戻る

line
建築家のアイデア
アトリエ
アトリエ2


図面や模型、サンプルなどますいい本社3階の仕事場の様子を再現した場で、実際に所員が仕事をします。
We reproduce our actual workspace in the exhibition, and some menbers of us actually works there.

topに戻る

line
ホームレシピ
ホームレシピ
ホームレシピ2

クックバッドで料理を作るように家づくりが出来ないか。家をかたち作る様々なコンテンツの集まるコミュニティサイトを提案します。
Proposal of the SNS that various contents for making a house will be gathered by users.

topに戻る

line
ワークショップ
チラシ


ホームレシピを参照しながら、実際にモノを作ることが出来ます。

Referring to HomeRecipe, you can actually make some things


*申込書FAXはこちらからダウンロード出来ます→
*問い合わせフォームはこちら→



topに戻る

line

半農生活をしている人たちの事例をもとに、飯能市における「良のある暮らし」を提案します。
Proposal of filled life in Hanno on the basis of people who live a semi-agricultural life.

topに戻る

line
プロジェクト
増減の家
水門の家


自然災害や家族構成の変化等、住宅にまつわる要因について自由に再考し、これからの住宅を提案します
Rethinking about natural disasters, the changes in family strucuture, and the factors surrounding housing, we propose a future housing

topに戻る

ライン

渡邊大志研究室タイトル
チェスボードアーキテクチャー
チェスボードアーキテクチャー

チェスボードアーキテクチャー





2016/05/09 ますいいリビングカンパニー21周年展告知|MASUII LIVING COMPANY EXHIBITION ANNOUNCEMENT

【チェス・ボード アーキテクチャー】プロジェクト

「チェス・ボード アーキテクチャー」(「MAUI式」住宅1号)  日本の木造住宅の要は三尺六尺板と四尺八尺板に規格化された構造用合板である。それが現在の住宅市場の構造となっている。そこで新たな構造用合板の構法と独自の物流網も組織することを考えた。それらを「MASUI式」と名付けて社会に供給していく。  畳モデュールによるチェス空間の再現は明治期に西洋から思想ごと輸入せざるを得なかった日本の「建築」へのオマージュでもある。その折衷において「チェス・ボード アーキテクチャー」は従来の日本の住宅の歴史と構法を継承してはいるが、それが作り出す住宅世界は現在の住宅世界の外にある。


【ますいい建築圏マップ】

① 左右の個人資本(≒民間資金)と社会資本(≒公共資金)の海をつなぐ運河(キャナル)を、ますいいリビングカンパニーはまず掘削していきます。 ② その運河の両岸に現在の世界状況、日本の住宅状況を表す3対のフィールド(敷地)を想定します。 ③ 次に、運河にはそれぞれを渡す橋を建設します。 ④ そうして得た地図の上にプロジェクトを建設していきます。



マップ

2016/04/20 ますいいリビングカンパニー20周年展計画|MASUII LIVING COMPANY EXHIBITION PROJECT


チェスボード

2016/04/09 ますいいリビングカンパニー20周年展計画|
MASUII LIVING COMPANY EXHIBITION PROJECT

増井様
ベニヤの重量の点は非常に重要だと思います。
こちらでは、前回お送りした内容の延長で以下の三点の作業を展覧会までに行うつもりです。
1.アイゼンマンの住宅1号の模型の復元
2.ますい式構造用合板パネルのdetailの開発
3.チェスの名ゲームを翻訳した「ますい式」住宅1号の模型の作成
特に2については、ますいさんのお知恵を借りつつ、実物モックアップの製作展示をしたい と考えております。
渡邊 大志
2016年4月9日


渡邊様
こんばんは。
最後の一文、
チェスのゲームデータ→工務店によって畳モジュールに基づくパネルとなる
=西洋と日本の伝統的価値を関連させる
→初期のモダニズムが持ち込まれた頃の日本と西洋文化の融合を映し出す形式的な建築のように見えるであろう。
のあたりがとても楽しみです。
現場で使用していて、ベニヤのとても便利な点は、やっぱり軽さと規格化されていることなんですね。
(12ミリを超えるとベニヤでも持ち運びが突然辛くなりますが・・・)
最近では外壁下地なんか、3-10版のベニヤを使用して、長さ方向をちょっと切るだけなんていう手法が一般的なんですね。
役に立つかどうかわかりませんがちょっと思いついたことを書かせていただきました。
では、またのご連絡をお待ちしております。
取り急ぎ
お返事まで
増井真也より
2016年4月8日


Mr.Masui
I think that the weight of veneer panel is very important point.
we are going to do following 3 works that is extension of what has been sent last time untill your exhibition.
1.Restration of the model of Eisenmann's house 1
2.The development of the detail of the Masuii style structural plywood panel.
3.Creating the model of " Masui style house No. 1" that has been transrated from the chess name game.
Especially for 2, while borrowing the wisdom of Mr,Masui, we would like to make the the mock-up for the exhibition.
Taishi Watanabe
04.09.2016
Mr.Watanabe
Good evening.
The end of the sentence,
Chess of game data The panel based on the tatami module by builders.
=To relate the traditional values of the West and Japan
→You will look like a formal architecture to project a fusion of Japanese and Western culture of the time the Early modernism has been brought.>br> I'm very much looking forward to these ideas.
When I use, I thought that advantages of a veneer panel are lightness and standardization.
(However when the thickness is more than 12mm, veneer panel will be difficult to carry.) Recently, it is major way to cut a 3-10 veneer panel just a little bit for outer wall bases. I do not know whether or not helpful , but I was allowed to write that came up a little . So, we look forward to again contact
This is a quick note to let you know about that.
04.08.2016 Shinya Masui

チェスボードアーキテクチャー
チェスオードアーキテクチャー
チェスボードアーキテクチャー

画像、文:渡邊大志研究所より
topに戻る

line