ますいい建築圏ロゴとタイトル
ますいい建築圏展覧会タイトル大
展覧会日時
ますいいリビングカンパニー
渡邊大志研究室
masuii R.D.R
ますいい建築圏展メイン画像

ますいい建築圏展ー展示への思いー
ますいいリビングカンパニーは、これからの時代における新しい工務店のあり方を志す設計者集団です。
設立当初より、建築家石山修武先生のご指導を頂き、建築家が住宅設計にかかわるのであれば、工務店
機能(生産組織)を兼ね備えるべきであるという考えのもとに、比較的低価格で住宅取得を考えている方
々が、もっと自由に家作りを楽しむことができるようにとの思いで、セルフビルドや原価の公開を行いなが
ら、クライアント参加型の家作りを進めています。その一方で職人の高齢化による人材不足の問題や、既
存の物流体制の中ではコストコントロールにも限界があり、良いものを安く提供するには更なる改革、独
自の物流体制、職人集団を持つ生産方式が必要になると感じています。
もちろんそれは部材を組み立てる工法、これからさらに多様化するであろう生活者のライフスタイルにお
ける設計者としての立場と無関係ではありません。今回の企画展示は設立から21年を記念して、これま
での活動を振り返るとともに、今後10年の歩みを予見し、従来型の住宅供給の枠組みから抜け出す第一
歩となることを目的としています。本展を通して、日本の住宅事情に何らかの良い変化をもたらすことを期
待しています。  イラスト/文:増井真也

MASUII Architectual Area ―thoughts for the exhibition―
Masuii Living Company is the group of architects that aims for the new engineering firm on the future. When the company was founded, it based on the guidance of the architect : Osamu Ishiyama. He said, “If architects try to design a house, they must have a faculty of engineering films (product organaization). Then, we have been build houses with clients On the other hands, we think that futher reformation for inexpensive, our own distribution systems, production method having the group of craftsmans will be needed. Of course it is not irrelevant to the position of the architect that is the method of assembling a member, various lifestyles on the future. This 21 aniversary exhibition is not aimed to be only the reflection of the past, but the first step for the escape from the conventional framework of housing supply. I expect that this exhibition will change Japan's housing situation to the better. Shinya Masui

ライン

主催:ますいい建築圏実行委員会
共同研究:渡邊大志研究室
後援:川口市、川口市教育委員会
関係者サイト:有ますいいリビングカンパニー, masuiiR.D.R gallery, 渡邊大志研究室

Sponsorship
Main Sponsorship,Inquiry / MASUII Architectural area Executive Committee
Adress / 3-2-5 Nakaaoki,Kawaguchi City,Saitama Pref,332-0032
Joint research / Taishi Watanabe Laboratory,Waseda University
Support / Kawaguchi city & Board of Education in Kawaguchi